イーサリアムの「ステーキング報酬」など開発状況や今後の予定を説明:Vitalik Buterin

by BITTIMES

仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同設立者であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏は、イスラエルで開催された「Ethereal Summit」の中でプロジェクト全体に関する様々なことを語り、プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)に参加した場合に得られるステーキング報酬の利率などについて説明を行いました。

こちらから読む:VRゲームに技術活用「イーサリアム」関連ニュース

「Ethereum 2.0」開発は順調に進む

Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏は、2019年9月15日にイスラエルで開催された開発者やインフルエンサーが集まるサミット「Ethereal Summit」に登壇し、現在の開発状況や今後の予定などについての説明を行いました。

イーサリアムの開発状況について語った同氏は、「Ethereum 2.0」開発の重要なステップである「Eth2Beaucoup」は7つのクライアントの協力によって順調に進んでいることを説明し、『次のステップは大規模なパブリックネットワークを維持できるようにすることであり、膨大な数のトランザクションを集約する潜在的な数十万のバリデーター(承認者)について話している』と語っています。

バリデーター(承認者)とは、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)を採用している仮想通貨でいうところのマイナー(採掘者)のような存在のことであり、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)と呼ばれる仕組みを採用しているプロジェクトで使用される言葉になります。

「ステーキング報酬」に関する誤解

バリデーターは、ノードやネットワークなどの技術的な管理を行う役割を担っており、承認作業を行う代わりに報酬を受け取ることができます。イーサリアムは「Casper(キャスパー)」と呼ばれるPoSシステムへと徐々に移行していくことを予定していますが、ブテリン氏は"この際に支払われる報酬には誤解が生じている"と指摘しており、『報酬は1%だと誤解している人がいるが、実際には全員がステーキングに参加した場合でも最大報酬額は保有量に対して年利1.7%になる』と説明しています。

イーサリアムのPoSに参加した際に得られる利率は、ネットワーク上に存在するバリデーターの数によって決定されることになっており、仮に全員がバリデーターになった場合の1人当たりの利率は「保有するETHに対して1.7%になる」とされています。

しかし、逆にバリデーターの数が全体の1%であった場合には、1人当たりの利率は「保有するETHに対して17%になる」とのことです。ただしブテリン氏は『具体的な数値はまだ議論中である』と付け加えています。

「分散型金融(DeFi)」に対する期待

ブテリン氏は「分散型金融(Decentralized Finance/DeFi)がもたらす可能性について非常に興奮している」ということも語っており、詐欺などの問題を抱えていたイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に「DeFi」を取り入れることによって、詐欺の被害を未然に抑える構想を語っています。

従来のICOでは、投資家から集まった資金はそのままICOプロジェクトの運営者へと渡っていましたが、新しい方法では集まった資金は運営側には渡されず、DeFiを通じてスマートコントラクトでロックされ、ステーキングによって得られた報酬が運営者に渡されることになります。

この方法を取ることによって、投資家の人々は投資したプロジェクトが詐欺だと感じた場合にはすぐに資産を引き出すことができるようになり、運営者側は投資家の信頼を継続して得るためにプロジェクトを着実に進め、それらを投資家の人々に報告することが必要になります。

実際にこれらの仕組みが採用された場合には、既存の問題が大幅に改善されると期待されます。世界で2番目に時価総額の大きいイーサリアムのプロジェクトには今後も注目です。

2019年9月16日|イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は、先月末に17,000円台まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2019年9月16日時点では「1ETH=20,941円」で取引されています。

2019年7月18日〜2019年9月16日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月18日〜2019年9月16日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

日本で初めての「ブロックチェーン不動産取引」を完了|安全・確実な契約を実現:Propy

日本で初めての「ブロックチェーン不動産取引」を完了|安全・確実な契約を実現:Propy

仮想通貨取引所BINANCE「新型コロナウイルス被害者支援」で医療品などを寄付

仮想通貨取引所BINANCE「新型コロナウイルス被害者支援」で医療品などを寄付

BTCネクスト取引所:ガバナンスコイン「Q DAO」のIEO実施を発表

BTCネクスト取引所:ガバナンスコイン「Q DAO」のIEO実施を発表

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

米国株よりもビットコイン投資?Tim Draper「さらなる経済悪化」を警告

米国株よりもビットコイン投資?Tim Draper「さらなる経済悪化」を警告

ロシア警察「仮想通貨の違法マイニング」で容疑者を拘束

ロシア警察「仮想通貨の違法マイニング」で容疑者を拘束

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月8日〜14日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月8日〜14日

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

YOROIウォレットでの「Cardanoステーキング参加方法」EMURGOが解説動画を公開

日本仮想通貨交換業協会:自主規制規則の改正・制定に伴い「一般の意見」を募集

日本仮想通貨交換業協会:自主規制規則の改正・制定に伴い「一般の意見」を募集

ビットゲート:仮想通貨の「レバレッジ取引」サービス終了へ

ビットゲート:仮想通貨の「レバレッジ取引」サービス終了へ

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

【仮想通貨投資の始め方】必要なもの・注意点などを初心者向けに解説

【仮想通貨投資の始め方】必要なもの・注意点などを初心者向けに解説

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

ブロックチェーンで「バーボンウイスキー」をトークン化|投資可能なデジタル資産に

ブロックチェーンで「バーボンウイスキー」をトークン化|投資可能なデジタル資産に

ブロックチェーンコンテンツ協会:ガイドライン第1版に関する「意見募集」開始

ブロックチェーンコンテンツ協会:ガイドライン第1版に関する「意見募集」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す