欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

by BITTIMES

宇宙関連のブロックチェーンスタートアップ企業である「スペースチェーン(SpaceChain/SPC)」は2019年9月18日、欧州宇宙機関(ESA)から60,000ユーロ(約717万円)の助成金を受けたことを発表しました。同社は、衛生として打ち上げたノードを利用することによってセキュリティリスクを抑えた「マルチシグネチャ型ウォレット」の開発に取り組んでいます。

こちらから読む:リサイクル衣類製造会社が技術活用「ブロックチェーン」関連ニュース

スペースチェーン(SpaceChain/SPC)とは

スペースチェーン(SpaceChain/SPC)は、オープンソースのブロックチェーンを基盤とした衛生ネットワークを構築しているブロックチェーンプロジェクトであり、コミュニティーベースの宇宙プラットフォームを構築し、ユーザーが宇宙で分散型アプリケーションを開発・実行できる環境を提供するための取り組みを続けています。

2017年に設立された「SpaceChain」は、既にオープンソースのオペレーティングシステム「SpaceChain OS」を開発しており、宇宙空間で2つのブロックチェーンノードの飛行試験を行なっています。

SpaceChain OSは世界中の誰もが使用できるようになっており、開発者の人々はこのプラットフォームを利用することによって「仮想通貨取引・セキュアデータストレージ・P2P暗号化メッセージング」などといった様々な分散型アプリケーション(DApps)を迅速に開発・テスト・展開することができます。

衛星を利用した「マルチシグネチャ型ウォレット」開発へ

SpaceChainは、2019年9月18日の発表で合計22カ国が参加している宇宙開発・研究機関「欧州宇宙機関(ESA)」から60,000ユーロ(約717万円)の助成金を受けたことを発表しました。同社は今回の助成金を使用して「マルチシグネチャ型の衛星ウォレット」を商業的に開発すると伝えられています。

このソリューションは、トランザクションの署名と完了に3つの秘密鍵のうちの2つを必要とする仕組みを採用することによって、セキュリティを強化できるように設計されています。3つの署名のうちの1つは衛星ノードによって提供されますが、接続障害が起こった場合には地上にある2つのノードの署名を使用してトランザクションを完了できるようになっています。

SpaceChainの共同設立者兼CEOであるZee Zheng氏は「衛星を用いたノードは一般的な地上のネットワークよりも遥かに安全である」と語っており、この種のトランザクションを実行するのにはインターネットにアクセスする必要がないため、ハッキングの潜在的なリスクが大幅に排除されると説明しています。

仮想通貨業界では、依然としてハッキングの問題が数多く発生しているため、セキュリティの確保は特に重要視されています。宇宙規模で開発を進めている「SpaceChain」や同社のプロジェクトには今後も注目です。

>>「SpaceChain」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

Googleは独自のブロックチェーン技術を開発している?

Googleは独自のブロックチェーン技術を開発している?

ブロックチェーン活用した「電子マネー」アイスランドで合法化=ヨーロッパ初

ブロックチェーン活用した「電子マネー」アイスランドで合法化=ヨーロッパ初

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

通信大手Verizon:ブロックチェーン活用した「仮想SIM」の特許を取得

通信大手Verizon:ブロックチェーン活用した「仮想SIM」の特許を取得

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

日本アニメ・漫画のセル画に特化したNFTマーケットプレイス「楽座」正式リリース

日本アニメ・漫画のセル画に特化したNFTマーケットプレイス「楽座」正式リリース

GMOコイン「暗号資産の預入れで最大10万円が当たるキャンペーン」開始|13銘柄に対応

GMOコイン「暗号資産の預入れで最大10万円が当たるキャンペーン」開始|13銘柄に対応

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す