宇宙開発の民主化へ:ブロックチェーン企業が「小惑星探査企業」買収|ConsenSys

by BITTIMES

ブロックチェーン・ソフトウェア会社であるConsenSys(コンセンシス)は、小惑星の探索や資源開発を行なっている米国のベンチャー企業「Planetary Resources(プラネタリー・リソーシズ)」を買収しました。同社のCEOであるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は、「宇宙開発の民主化」に向けた取り組みを行なっていく意思を表明しています。

こちらから読む:宇宙開発にも取り組むブロックチェーン企業「ConsenSys」とは

Planetary Resources(プラネタリー・リソーシズ)とは

Planetary Resources(プラネタリー・リソーシズ)は、宇宙空間における小惑星の探索や抽出、精製などを行い、それらの資源を人々に供給するための取り組みを行なっているベンチャー企業です。地球からそれほど遠くない小惑星を対象にして調査を行っており、水や金属などの天然資源の有効活用に取り組んでいます。

これまでにも数々のプロジェクトに取り組み、その結果を報告してきたPlanetary Resourcesは、ブロックチェーン企業である「ConsenSys(コンセンシス)」が同社を買収したことを2018年10月31日に発表しました。

2009年に設立された「Planetary Resources」は、過去に行われた資金調達で5,000万ドル(約56億円)もの資金を集めており、過去半年間で2つの衛星を軌道に乗せていましたが、今年6月に行われた資金調達では上手く資金が集まっておらず、資金面での問題を抱えていたと伝えられています。

ConsenSysによる今回の買収で、同社は資金面の問題を解決すると共にブロックチェーン技術やスマートコントラクトの技術を取り入れていくことができます。

実績ある専門家が「ConsenSys」に参加

今回の買収に合わせて「Planetary Resources」の社長兼CEOであるChris Lewicki(クリス・レビスキー)氏と法務顧問であるBrian Israel(ブライアン・イスラエル)氏は、ConsenSysに参加しています。

レビスキー氏はPlanetary Resourcesに努める以前には、NASAの無人探査機等の研究開発及び運用に携わる研究所である「ジェット推進研究所」において、
・Spirit(スピリット)
・Rover(ローバー)
・Phoenix(フェニックス)
といった火星探査機の航空ディレクターを務めていた実績を持っています。

またイスラエル氏は以前、米国国務省の法律顧問事務所に勤務した経歴を持っており、宇宙、海洋、国際環境ガバナンスに関する国際的な法律面を担当していたと伝えられています。彼らは共に、今回のConsenSysによる買収を歓迎していることを語っており、イスラエル氏は『イーサリアムのスマートコントラクト機能は、宇宙での私的注文や商取引の自然な解決策である』と述べています。

宇宙開発の「地方分権化」目指す

space

ConsenSysのCEOであるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は「Planetary Resources」のこれまでの実績や才能などを高く評価していることが主な買収の理由であることを語っており、今回の買収はConsenSysが宇宙開発の民主化や地方分権化に取り組んでいくことへの強い信念を持っていることを示すものでもあると述べています。

Consensysのエコシステムに深宇宙の潜在能力を与える今回の決定は、信頼と保証を自動化することによって「人類の新しい社会システム」を構築するためのサポートを行っているイーアリアムに対する私たちの信念を反映したものであり、私たちの種族を一つにまとめてまだ見ぬ人間の可能性を広げるために宇宙開発の民主化と地方分権化に取り組む私たちの信念を示すものでもあります。

このように語ったルービン氏は、これから本格的に開始されるプロジェクトや具体的な行動計画を共有できるのを楽しみにしていると語っています。ConsenSysは宇宙開発だけでなく再生可能エネルギーの活用などにも取り組んでいる他、ゲーム業界の大手企業などとの繋がりを持っており、技術者の教育などにも取り組んでいます。非常に幅広い分野でプロジェクトを進めている同社の取り組みには今後もさらに注目が集まります。

ConsenSysは、アメリカ・ワシントン州レドモンドにあるPlanetary Resourcesの元施設から宇宙計画を運用することを予定しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イスラム圏の主要銀行が続々とRippleNetに参加

イスラム圏の主要銀行が続々とRippleNetに参加

カルダノとリップル「仮想通貨格付け」で同率1位に|米機関Weiss Ratings社

カルダノとリップル「仮想通貨格付け」で同率1位に|米機関Weiss Ratings社

中古車販売店カーチス「仮想通貨決済」を試験導入|ビットポイントと提携

中古車販売店カーチス「仮想通貨決済」を試験導入|ビットポイントと提携

イーサリアム、今後5年で「仮想通貨の王」に ー 格付け機関Weiss Ratings予想

イーサリアム、今後5年で「仮想通貨の王」に ー 格付け機関Weiss Ratings予想

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

リップル(XRP)普及進む「タイで確実に合法化」Ripple CEO Brad Garlinghouse

リップル(XRP)普及進む「タイで確実に合法化」Ripple CEO Brad Garlinghouse

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンとAIで「癌発見率」向上へ|オーストリア政府が研究所設立を支援

ブロックチェーンとAIで「癌発見率」向上へ|オーストリア政府が研究所設立を支援

「イーサリアム(ETH)は大きな可能性を秘めている」元Google CEOエリック・シュミット

「イーサリアム(ETH)は大きな可能性を秘めている」元Google CEOエリック・シュミット

ブロックチェーンは「スポーツ業界」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「スポーツ業界」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「航空業界」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「航空業界」をどのように変えるのか?

リップル(XRP)上場!スイスの仮想通貨取引所「Lykke」で取り扱い開始

リップル(XRP)上場!スイスの仮想通貨取引所「Lykke」で取り扱い開始

SIRIN LABS:ブロックチェーンスマホ「FINNEY」販売間近|先行予約受付は本日まで

SIRIN LABS:ブロックチェーンスマホ「FINNEY」販売間近|先行予約受付は本日まで

仮想通貨の将来には大きな可能性「インターネットバブル」から見る市場の共通点

仮想通貨の将来には大きな可能性「インターネットバブル」から見る市場の共通点

タイの仮想通貨取引所「TOK Exchange」リップル(Ripple/XRP)取扱いへ|11月14日から

タイの仮想通貨取引所「TOK Exchange」リップル(Ripple/XRP)取扱いへ|11月14日から

ビットコイン記念モデルは「隙間産業」開拓のヒント|BINANCE CEOがHublotを賞賛

ビットコイン記念モデルは「隙間産業」開拓のヒント|BINANCE CEOがHublotを賞賛

スウェーデン大手銀行「xRapid」導入を示唆|リップル国際送金サービスの需要増加

スウェーデン大手銀行「xRapid」導入を示唆|リップル国際送金サービスの需要増加

ブロックチェーン企業「Power Ledger」リチャード・ブランソン卿のコンテストで優勝

ブロックチェーン企業「Power Ledger」リチャード・ブランソン卿のコンテストで優勝

ブロックチェーンで「クリスマスチキン」に安心と信頼を|食品大手Cargill

ブロックチェーンで「クリスマスチキン」に安心と信頼を|食品大手Cargill

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

人気のタグから探す