インド最大の自動車メーカー「Tata Motors」ブロックチェーン活用に向け新興企業と協力

by BITTIMES

インド最大の自動車メーカーである「Tata Motors(タタ・モーターズ)」が、内部システムへのブロックチェーン技術活用に向けて「Tata Motors AutoMobility Collaboration Network 2.0(TACNet 2.0)」と呼ばれるスタートアップ企業向けのプログラムを開始したことが「Business Insider」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:プラスチックごみの問題解決に技術活用「ブロックチェーン」関連ニュース

パーツ認証・需要予測などにブロックチェーン活用へ

Tata Motors(タタ・モーターズ)は「Tata Motors AutoMobility Collaboration Network 2.0(TACNet 2.0)」と呼ばれるスタートアップ企業向けのプログラムを通じて、
自動車
・駐車市場
・NLP(自然言語処理)チャットボット
・需要予測アルゴリズム
・燃料品質のリアルタイムモニタリング(BSVI)
・純正スペアパーツの認証
などの分野における、ブロックチェーン技術に対応したソリューションを開発することを目指しています。

同社の「電気自動車ビジネスおよび企業戦略部門」の代表者であるShailesh Chandra(シャイレッシュ・チャンドラ)氏は、次のように述べています。

現在、自動車のバリューチェーンに関連するほぼ全ての分野は、独自のイノベーションを推進する必要があります。私たちはインドの主要な自動車ブランドとして、市場・顧客及び当社が提供する分野により良いサービスを提供するために、常に革新を続ける必要があります。

不確実性とともにめまぐるしく変化する今の時代で、今回挙げたようなソリューションを開発するためには、社内のイニシアチブと外部パートナーが協力して推進していく必要があります。

Tata Motorsの傘下に属している有名な自動車メーカー「Jaguar Land Rover(ジャガー・ランドローバー)」は、既にブロックチェーンや仮想通貨の技術を活用し始めており、最近ではアイオータ(IOTA/MIOTA)の技術を活用した「スマートウォレット」と呼ばれる機能を車両に搭載し、ドライバーが走行中に取得したデータを共有することによって仮想通貨報酬を獲得することができる仕組みなどを発表しています。

今回発表されたプログラムが進めば、今後もより多くの魅力的な機能が発表されていくことになると期待されます。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MicroStrategyのマイケル・セイラー氏、CEOを退き「会長」に就任|BTC投資戦略に注力

MicroStrategyのマイケル・セイラー氏、CEOを退き「会長」に就任|BTC投資戦略に注力

ブロックチェーンレースバトルゲーム「Battle Racers」シーズン1のNFTセールを開始

ブロックチェーンレースバトルゲーム「Battle Racers」シーズン1のNFTセールを開始

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

リップル(Ripple/XRP)決済で「ホテル予約」が可能に!対応店舗160万以上:Trippki

リップル(Ripple/XRP)決済で「ホテル予約」が可能に!対応店舗160万以上:Trippki

Crypto Garage(クリプトガレージ)「暗号資産交換業者」の登録を完了

Crypto Garage(クリプトガレージ)「暗号資産交換業者」の登録を完了

過去最大級のカルダノ関連サミット「Cardano Summit 2021」9月開催へ

過去最大級のカルダノ関連サミット「Cardano Summit 2021」9月開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

カルダノ大型イベント「Cardano Summit 2024」チケット販売開始|数量限定の早期割引も

カルダノ大型イベント「Cardano Summit 2024」チケット販売開始|数量限定の早期割引も

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す