テックビューロ:ICO総合プラットフォームの「COMSA CORE製品版」を公開

by BITTIMES

テックビューロホールディングス株式会社は2019年9月30日、ICO総合プラットフォーム「COMSA(コムサ)」のソフトウェア開発事業である「COMSA CORE 製品版」を公開したことを発表しました。

こちらから読む:新規仮想通貨販売に関する"自主規制規則"施行「国内ニュース」

テックビューロホールディングス株式会社は2019年9月30日の発表で、同社が「テックビューロ株式会社」から事業継承したICO統合プラットフォーム「COMSA」のソフトウェア開発事業である「COMSA CORE」の製品版を公開したことを発表しました。

COMSA(コムサ)とは、ビジネスでブロックチェーン技術を導入する際の支援を行う「ICO総合プラットフォーム」であり、
イニシャル・コイン・オファリング(ICO)による資金調達
・企業が所有する資産のトークン化
・プライベートブロックチェーン「mijin」による内部勘定技術
をワンストップのソリューションとして提供する世界で唯一の総合プラットフォームとなっています。

COMSA CORE(コムサ・コア)は、異なるブロックチェーン間でトークンのペッグ(*1)と制御を行い、それぞれの価値をトークンに変換し、総量をコントロールするソフトウェアです。
(*1)ペッグ:為替レートを一定に保つこと。

この技術を活用すれば、トークンセールを行う際に「ビットコイン・イーサリアム・ネム」などといった様々なブロックチェーン上で発行された仮想通貨を受け付けることができるようになり、企業側は独自のトークンエコノミーを構築する際に複数のブロックチェーンを採用することができるため「トークンの流動性」や「ユーザーの利便性」を高めることができると説明されています。

2018年12月〜2019年1月までの期間で実施されたテストでは「Ethereumブロックチェーン」と「NEMブロックチェーン」の間でトークンの変換を行い、具体的な活用イメージを構築しつつ、UI/UXの改善が行われてきました。テックビューロホールディングス株式会社は、今回の製品版公開に伴い「テストネット上で試用することができるデモアプリ」も公開しています。

現在サポートしているブロックチェーン・トークンは、
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ネム(NEM/XEM)
となっており、具体的なユースケースとしては、
ゲーム
投票
仮想通貨決済
・保険の払い出し
・証券型トークンの配当等への応用
などが挙げられています。

テックビューロホールディングス株式会社のスイス法人である「テックビューロ ・ヨーロッパ」では、COMSAを活用したプロジェクトも進められており、「COMSA」を構成するソフトウェアプロダクトの一つである「COMSA HUB」は予定通り今年の冬にリリースする予定だとされています。

「COMSA CORE」などに関する詳しい説明は以下の公式発表をご覧ください。
>>「COMSA」からの公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

現代自動車:NFTコンセプト「Metamobility universe」発表|Meta Kongzともコラボ

現代自動車:NFTコンセプト「Metamobility universe」発表|Meta Kongzともコラボ

Cornucopias:史上初の「BSC-Cardanoブリッジ」を稼働

Cornucopias:史上初の「BSC-Cardanoブリッジ」を稼働

アルゼンチンのハビエル・ミレイ大統領「中央銀行の閉鎖」を承認

アルゼンチンのハビエル・ミレイ大統領「中央銀行の閉鎖」を承認

Chiliz:トルコの強豪サッカークラブ「Trabzonspor」と提携|TRAトークン発行へ

Chiliz:トルコの強豪サッカークラブ「Trabzonspor」と提携|TRAトークン発行へ

イーロン・マスク氏:生後9ヶ月の息子に「ドージコイン(DOGE)」プレゼント

イーロン・マスク氏:生後9ヶ月の息子に「ドージコイン(DOGE)」プレゼント

注目度の高い仮想通貨ニュース

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す