テックビューロ:ICO総合プラットフォームの「COMSA CORE製品版」を公開

by BITTIMES

テックビューロホールディングス株式会社は2019年9月30日、ICO総合プラットフォーム「COMSA(コムサ)」のソフトウェア開発事業である「COMSA CORE 製品版」を公開したことを発表しました。

こちらから読む:新規仮想通貨販売に関する"自主規制規則"施行「国内ニュース」

テックビューロホールディングス株式会社は2019年9月30日の発表で、同社が「テックビューロ株式会社」から事業継承したICO統合プラットフォーム「COMSA」のソフトウェア開発事業である「COMSA CORE」の製品版を公開したことを発表しました。

COMSA(コムサ)とは、ビジネスでブロックチェーン技術を導入する際の支援を行う「ICO総合プラットフォーム」であり、
イニシャル・コイン・オファリング(ICO)による資金調達
・企業が所有する資産のトークン化
・プライベートブロックチェーン「mijin」による内部勘定技術
をワンストップのソリューションとして提供する世界で唯一の総合プラットフォームとなっています。

COMSA CORE(コムサ・コア)は、異なるブロックチェーン間でトークンのペッグ(*1)と制御を行い、それぞれの価値をトークンに変換し、総量をコントロールするソフトウェアです。
(*1)ペッグ:為替レートを一定に保つこと。

この技術を活用すれば、トークンセールを行う際に「ビットコイン・イーサリアム・ネム」などといった様々なブロックチェーン上で発行された仮想通貨を受け付けることができるようになり、企業側は独自のトークンエコノミーを構築する際に複数のブロックチェーンを採用することができるため「トークンの流動性」や「ユーザーの利便性」を高めることができると説明されています。

2018年12月〜2019年1月までの期間で実施されたテストでは「Ethereumブロックチェーン」と「NEMブロックチェーン」の間でトークンの変換を行い、具体的な活用イメージを構築しつつ、UI/UXの改善が行われてきました。テックビューロホールディングス株式会社は、今回の製品版公開に伴い「テストネット上で試用することができるデモアプリ」も公開しています。

現在サポートしているブロックチェーン・トークンは、
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ネム(NEM/XEM)
となっており、具体的なユースケースとしては、
ゲーム
投票
仮想通貨決済
・保険の払い出し
・証券型トークンの配当等への応用
などが挙げられています。

テックビューロホールディングス株式会社のスイス法人である「テックビューロ ・ヨーロッパ」では、COMSAを活用したプロジェクトも進められており、「COMSA」を構成するソフトウェアプロダクトの一つである「COMSA HUB」は予定通り今年の冬にリリースする予定だとされています。

「COMSA CORE」などに関する詳しい説明は以下の公式発表をご覧ください。
>>「COMSA」からの公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

DASHを使えばAmazonの全商品が20%OFFに!

DASHを使えばAmazonの全商品が20%OFFに!

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

仮想通貨カストディ大手「BitGo」ドイツ・スイスに子会社を新設

仮想通貨カストディ大手「BitGo」ドイツ・スイスに子会社を新設

スティーブ・ウォズニアック:ブロックチェーン基盤の省エネ会社「Efforce」を共同設立

スティーブ・ウォズニアック:ブロックチェーン基盤の省エネ会社「Efforce」を共同設立

DMMビットコイン編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

DMMビットコイン編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビル・ゲイツ氏「現在はビットコインに中立的」否定的な見方に変化

ビル・ゲイツ氏「現在はビットコインに中立的」否定的な見方に変化

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

メディアドゥ:全国書店で「NFT活用のデジタル付録」展開へ|集英社・小学館などと検討

メディアドゥ:全国書店で「NFT活用のデジタル付録」展開へ|集英社・小学館などと検討

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

セクシー女優 波多野結衣「NFT形式のデジタル写真ボックス」販売へ

セクシー女優 波多野結衣「NFT形式のデジタル写真ボックス」販売へ

ロシアの世界遺産「エルミタージュ美術館」NFT芸術作品の展示会開催へ

ロシアの世界遺産「エルミタージュ美術館」NFT芸術作品の展示会開催へ

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す