東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

by BITTIMES

金融庁が2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、仮想通貨交換業者を含めた金融機関の「サイバー攻撃対策」を総点検することが日本経済新聞の報道で明らかになりました。10月には約120社を対象にして、サイバー攻撃に備えるための演習を実施するとされています。

こちらから読む:10月が仮想通貨取引所の手数料が変わります「国内ニュース」

各種金融機関の「セキュリティ対策」を強化

金融庁は以前からサイバー攻撃の被害を未然に防止するために、仮想通貨取引所を含めた各種金融機関の調査を行なっていましたが、依然としてハッキングなどの事件は多数発生しており、ここ最近でも「仮想通貨取引所の資金流出問題」や「キャッシュレス決済アプリの不正利用」などといった事件が発生していました。

今回実施される"総点検"は、東京オリンピック・パラリンピック開催前に国内の金融機関を徹底的に調査して「サイバーセキュリティ対策」を見直すことによって、これらの問題発生を未然に防ぐことを目的としています。

ここ最近では、オリンピック開催時に「関連機関に対する大規模な攻撃」が相次いで行われているため、事前に対策を行うことによって金融インフラの防衛力を高めます。

東京五輪が開催された際に"システム障害"などによってATMなどが利用できなくなった場合には、海外から日本に訪れた観光客にも深刻な影響を与えてします可能性があるため、そのような点は特に重点的に対策を促すことになっています。

DDoS攻撃の発生を想定した「大規模演習」も実施

今年10月初旬に実施される演習は過去最大規模のものになると伝えられており、仮想通貨交換業社も参加すると伝えられています。具体的には、サーバーに大量のデータを送信してシステム障害を発生させる「DDoS攻撃」が発生して決済システムが停止した場合を想定した演習を行い、各金融機関の応急処置・システム会社との連携・顧客対応などの手順を確認する予定となっています。

また、演習とは別に「システムの弱点」を突き止めるための作業も進められることになります。この作業では、
・パソコンのウイルス対策ソフト
・システムにログインする際のID・パスワードの管理
・不適切な通信を検知する仕組み
などが実際に機能するかどうかを調査するとのことです。

金融庁はこれらの調査・演習を行うことによって、各種金融機関の問題点を早期に見つけ出し、特に深刻な問題が見つかった場合には立ち入り調査なども踏まえながら改善を求めていくことを予定しています。

>>「日経新聞」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ベネズエラの「Pizza Hut(ピザハット)」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなどが利用可能に

ベネズエラの「Pizza Hut(ピザハット)」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなどが利用可能に

ブロックチェーンで「性的暴行・DV」の被害者を支援:Smashboard

ブロックチェーンで「性的暴行・DV」の被害者を支援:Smashboard

ドイツ老舗レコードレーベル「Kompakt」仮想通貨決済に対応|Utrustと協力

ドイツ老舗レコードレーベル「Kompakt」仮想通貨決済に対応|Utrustと協力

先着順で「ビットコインプレゼント」恩返しキャンペーン開催へ:Huobi Japan

先着順で「ビットコインプレゼント」恩返しキャンペーン開催へ:Huobi Japan

ビットポイントジャパン「独自のブロックチェーン基盤」開発へ|Stake Technologiesと協力

ビットポイントジャパン「独自のブロックチェーン基盤」開発へ|Stake Technologiesと協力

イーサリアムクラシックのハードフォーク予定日迫る。カリストとは?

イーサリアムクラシックのハードフォーク予定日迫る。カリストとは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

TAOTAO(タオタオ)「My Crypto Heroesキャッシュバックキャンペーン」開催

TAOTAO(タオタオ)「My Crypto Heroesキャッシュバックキャンペーン」開催

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す