ILCoin:安定した5Gbブロック、超高速トランザクション、完全なスケーラビリティ

by BITTIMES   

仮想通貨とブロックチェーン業界は、金融業界に多くの革新をもたらし、世界中のあらゆる業界に無限の新たな改善と変化を約束しています。しかし、これらテクノロジーは、まだ成熟しておらず、抱えている問題にたいする解決策も見つかっておらず、その多くがまだ理論上のテクノロジーのままです。

ブロックチェーンにおける、最大の現行課題の1つはスケーラビリティ

必要に応じてサイズを拡大し、いつでも必要な数のトランザクションを処理する機能です。この問題を解決すべく、多くの開発者が長年にわたって、数々のソリューションを提案しました。

その解決策の1つは、ブロックサイズを増やすことでした。ただし、通常、ブロックサイズが大きいほど処理速度に影響が出るため、その過程で新たな問題が発生しました。そのため、基本的に、速度かサイズ、どちらか選ばざるを得ません。どちらのソリューションにも欠陥と、付随する様々な問題がありました。

ILCoin

ビットコインは、そのわかりやすい例です。ビットコインのスケーラビリティ問題は、その作成者であるサトシナカモトがホワイトペーパーを発表したときからすぐに認識されました。アナリストは、一度に少数のトランザクションしか処理できないのでは、ユーザーの数が増えた場合、不十分であることに気付きました。そして、実際に、今日、何百万人もの人々がビットコインを使用し、この問題は顕在化しています。

たとえば、BICカメラによる昨年のレポートでは、現在BTCを介して行われている支払いが全体の1%未満であるにもかかわらず、日本のBTCユーザーの数は絶えず増加していると主張しています。BTCの価格が継続的に下落していたときも、ユーザー数が増加していたなら、2019年の価格の上昇により、日本のBTCユーザーの数はさらに増加した可能性があります。

スケーラビリティの問題を解決するための過去の試み

多くの人は、BTCブロックサイズを大きくすることが、最善の解決方法であると考え、BTCコミュニティの一部がこのソリューションを試そうとしました。しかし、このアプローチに同意しない人もいたため、コミュニティとBTCブロックチェーンは2つに分割され、その結果、ビットコインキャッシュが作成されました。

現在、ビットコインキャッシュのブロックサイズは、ビットコインよりもやや大きいのですが、実際には最大の可能性には届きませんでした。一方、ビットコイン自体はユーザー数が大幅に増加したため、高額の手数料が発生し、トランザクションが処理されるまでの待ち時間が長くなりました。

今でも、ブロックチェーンが持つスケラービリティ問題に対するソリューションの開発は、宇宙開発競争のようなものです。誰もが参加し、一部のプロジェクトでは速度を改善するなど、ある程度の成果は上げているものの、めざましい成果はありません。その速度向上についても、Mastercard、Visaなどで使用されている技術ほど高速ではありません。また、ビットコインのLightning Networkは、まだ改良中であるにもかわらず、最近まで最良のソリューションに見えました。しかし、ほんの1か月前、コードに重大な脆弱性が発見されました。

Lightning Networkはブロックチェーンの2番目のレイヤーとして機能し、ユーザーが元帳に記録することなく、小規模なトランザクションを簡単かつ即座に完了できます。それでも、このソリューションは、大量のデータをチェーン上に保存するなどの目的には不十分で、スケーラビリティ問題により、その事自体が不可能であると、多くの人が確信を持つようになりました。批評家は、それが、ブロックチェーンを介して達成できるかどうか疑問にさえ思っています。

結局、最大の質問は、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題が続くのか、それとも回避する有効な方法があるのか、ということです。また、実用的なソリューションが発明されるまで、どれくらいの時間を待つべきでしょう。

実は、すでにソリューションは存在します。ILCoinの先進的で革新的な技術、またはより具体的には、完成に近づいているRIFTプロトコルが、そのソリューションです。

ILCoin

RIFTプロトコルはスケーラビリティの問題を解決する方法

ILCoinブロックチェーンのユニークなアーキテクチャにより、長年のスケーラビリティ問題を非常に効果的に解決できます。ブロックサイズとネットワークのスケーラビリティに関しても、トランザクションの速度が非常に高速であり、無限の可能性があります

実際、今年初めにILCoin開発チームは、サイズが1.5GBの安定したブロック(ステーブルブロック)の作成を確認しました。速度への影響がとてつもなく大きいため、これほど大きなブロックを作成したプロジェクトは今までありませんでした。しかし、ILCoinは、新しいRIFTプロトコルのおかげで、このような大きなブロックを作成し、安定させ、ほぼ瞬時にトランザクションを行える速度を確保できました。

それだけでなく、報告された最新のマイルストーンでは、テスト環境で5GBの完全に安定したブロックの作成に成功しています。 さらに、速度が1,000万tx/秒に達することも可能ですが、さまざまな要因に影響され変動します。RIFTは、2層のブロックに基づく新しいアプローチを使用してこれを実現します。最初の層は、マイニングされている唯一のブロックである、通常のブロックで構成されています。 一方、2番目の層は、通常のブロックに含まれ、トランザクションのキャリアとして機能するミニブロックで構成されます。

RIFTの場合、唯一の本当の制限は、システムのネットワーク内で同時に同期できるミニブロックの数です。ただし、テクノロジー自体には制限がなく、RIFTがブロックチェーンのスケーラビリティ問題に対する究極の長期的なソリューションになる可能性があります。

結論

ILCoinのスケーラビリティ問題へのアプローチは、ブロックチェーンの歴史の中で真の可能性を秘めた最初のソリューションであり、ILCoinが業界で最も先進的なプロジェクトの1つになれた理由です。ブロックチェーン業界全体を変え、仮想通貨の歴史において、最も重要なプロジェクトの1つになれるでしょう。


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

返金機能付きの「次世代型資金調達システム」ダイナミックコインオファリング(DYCO)

返金機能付きの「次世代型資金調達システム」ダイナミックコインオファリング(DYCO)

開始わずか1時間で2億5千万円を調達した驚異の仮想通貨がPreICOを継続中!

開始わずか1時間で2億5千万円を調達した驚異の仮想通貨がPreICOを継続中!

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

ビットヤードが豪州で「金融サービス業ライセンス」取得|グローバルコンプライアンス戦略の成果か

ビットヤードが豪州で「金融サービス業ライセンス」取得|グローバルコンプライアンス戦略の成果か

Ultra Coin(UOS)ついに取引開始!次世代のゲーム配信プラットフォーム「Ultra」のチーム紹介

Ultra Coin(UOS)ついに取引開始!次世代のゲーム配信プラットフォーム「Ultra」のチーム紹介

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月10日〜16日

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

コインチェック:話題のテキストブック「NFTの教科書」が当たるキャンペーン開始

コインチェック:話題のテキストブック「NFTの教科書」が当たるキャンペーン開始

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

Sociosアプリ「ファン報酬機能」公開|ファントークンがVIPチケット等と交換可能に

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

コイントレード「好きな仮想通貨が1,000円分もらえるキャンペーン」開始

コイントレード「好きな仮想通貨が1,000円分もらえるキャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す