ブロックチェーンで家や土地をトークン化「不動産売買サービス」事前登録の受付開始

by BITTIMES

ブロックチェーン技術を用いた資産所有証明サービスを展開している「株式会社Zofuku」は、同社が提供する新サービス「Zofuku Real Estate(仮)」の事前登録申し込み受付を2019年10月28日から開始しました。このサービスは、不動産をトークン化することによって、より効率的に不動産の売買を行うことができる環境を提供しています。

こちらから読む:PayPayとMoneyTapが業務提携「国内ニュース」

「Zofuku Real Estate」とは?

株式会社Zofukuが提供する「Zofuku Real Estate(仮)」は、不動産の所有権をトークンに移転することによって、より簡単に販売することができるサービスです。

一般的に不動産の売買を行う場合には、数ヶ月単位の時間がかかり、売買に必要な書類を提出したり、手続きを行ったりするだけでも大きな労力を必要としますが、同社のサービスを使用すれば家や土地の利用権を証明するNFTトークンを購入するだけで簡単に家の実質的なオーナーになることができると説明されています。

また、支払いは仮想通貨で行われるため立ち会う必要もなく、取引は半永久的に残るため、情報が改ざんされる心配もないとされています。物件や土地の購入から登記までの手続きは同社が全て代行するとのことです。

不動産のトークン化で「取引を効率化」

不動産の売買を行う際には「書類手続き」や「立ち合いのもとでの支払い」などが必要となるため、多くの時間と手間がかかります。同社は、このような複雑さが"不動産の流動性低下"の原因になっていると指摘しており、一度不動産を購入すると売却することが難しいため、結果的に"購入"ではなく"賃貸"を選択することに繋がっているケースも見られると説明しています。

Zofukuはこのような問題を解決するために「登記された所有権データを"トークン化"する方法」を採用しています。これらのトークンは1つの物件に対して1トークン(NFT)発行され、ブロックチェーン上に記録されているため、不動産の所有者は半永久的に所有権を証明することができます。

また、同社との取引は仮想通貨決済で完結するようになっているため、物件の購入ページにERC20規格に対応した「Metamask(メタマスク)」などのウォレットを接続し、通貨の送信と署名を行うことで簡単に契約・取引を行うことができると説明されています。仮想通貨決済を採用することによって「海外から購入する場合には、金融機関を使うよりも送金手数料を安く抑えることができる」という利点も生まれています。

(画像:PR TIMES)(画像:PR TIMES)

今回の発表ではこの「Zofuku Real Estate(仮)」のサービスにおいて、
・不動産物件情報を掲載する不動産事業者の事前登録
・家を買いたい・売りたいユーザーの事前登録
が2019年10月28日から開始されたことが発表されています。より詳しい情報は以下の公式サイトをご覧ください。
>>「株式会社Zofuku」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨は「社会システム」を激変させる|投資家ティム・ドレイパーが重要性を解説

仮想通貨は「社会システム」を激変させる|投資家ティム・ドレイパーが重要性を解説

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

スマホ決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」特徴・メリット・使い方を詳しく解説

スマホ決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」特徴・メリット・使い方を詳しく解説

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

仮想通貨ウォレットアプリ「BitKeep」がTRON(TRX)に対応|トークンやDAppsもサポート

仮想通貨ウォレットアプリ「BitKeep」がTRON(TRX)に対応|トークンやDAppsもサポート

モナコイン(MONA)価格急騰中|コインチェックで取扱い開始

モナコイン(MONA)価格急騰中|コインチェックで取扱い開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:ビットコイン交換所「WazirX」を買収|販売所にインドルピー(INR)統合へ

BINANCE:ビットコイン交換所「WazirX」を買収|販売所にインドルピー(INR)統合へ

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

Huobiが「コンビニ・ペイジー入金」に対応|ビットコインプレゼント企画も開催中

Huobiが「コンビニ・ペイジー入金」に対応|ビットコインプレゼント企画も開催中

DeCurret:レバレッジ取引の「iOS版アプリ」公開|手数料無料キャンペーンも同時開催

DeCurret:レバレッジ取引の「iOS版アプリ」公開|手数料無料キャンペーンも同時開催

中国政府:有害産業リストから「仮想通貨マイニング」を除外

中国政府:有害産業リストから「仮想通貨マイニング」を除外

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

Cardano Shellyテストネット:ステークプール登録数、わずか2日で「100」を突破

Cardano Shellyテストネット:ステークプール登録数、わずか2日で「100」を突破

中国規制当局「投機的市場を懸念」仮想通貨取引関連の事業者に調査実施へ

中国規制当局「投機的市場を懸念」仮想通貨取引関連の事業者に調査実施へ

茶葉の追跡にブロックチェーン技術活用|生産量「4倍」目指す:インドACIL

茶葉の追跡にブロックチェーン技術活用|生産量「4倍」目指す:インドACIL

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

カルダノ「模擬スナップショットウォレット」公開|テストネット用残高の確認が可能に

カルダノ「模擬スナップショットウォレット」公開|テストネット用残高の確認が可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す