ツバイスペース:ブロックチェーン活用した「不動産売買サイト」公開|最大80%割引も

by BITTIMES

不動産テック企業の「ツバイスペース(ZWEISPACE)」は、ブロックチェーン上で契約を自動的に実行する"スマートコントラクト"と呼ばれる技術を活用した「不動産売買用の掲載サイト」をオープンしました。このサイトではサイコロを振って出た目によって、不動産の仲介手数料を割り引くシステムを採用しており「最大80%の割引を受けることができる」とされています。

こちらから読む:伊藤忠、コーヒー追跡に技術活用「ブロックチェーン」関連ニュース

不動産仲介手数料を「最大83%」割引

不動産業界のブロックチェーン特許を取得し、展開している「ツバイスペース」は、2019年9月19日にブロックチェーンのスマートコントラクトを活用した「不動産売買用の掲載サイト」をオープンしたことを発表しました。

このサイトには、不動産屋と物件の情報が掲載されており、サイコロを振って出た目によって「最大83%の不動産仲介手数料割引」を受けることができると説明されています。サイコロにはスマートコントラクトを活用した特許技術が採用されているため、公正に6分の1の確率で目が出るようになっています。

サイコロの目に応じた割引額の具体的な例としては、以下のような説明が行われています。

5,000万円の家を買う場合、通常日本での手数料は3%+6万円なので、156万円。

6の目:割引なし 150万円+6万円=156万円
5の目:16%割引 125万円+6万円=131万円(25万円割引)
4の目:33%割引 100万円+6万円=106万円(50万円割引)
3の目:50%割引  75万円+6万円=81万円(75万円割引)
2の目:66%割引  50万円+6万円=56万円(100万円割引)
1の目:83%割引  25万円+6万円=31万円(125万円割引)

今回のサイトでは、サイコロ割引だけでなく優良物件も多く掲載されており、お買い得な物件がお得な手数料で購入できるとされています。プレスリリースでは『単純にお得ですので、不動産売却のご予定等あれば、是非ご利用ください』とされています。

など、特許を取得しているスマートコントラクトを用いたサイコロシステムは別途リリースを行うとされており、今回はこのサイコロシステムが使える不動産売買物件掲載サイトの発表だとされています。

>>「ツバイスペース」のプレスリリースはこちら
>>「公開された不動産物件掲載サイト」はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios「イングランドのラグビー3クラブ」と提携|ファントークン発行も予定

Chiliz&Socios「イングランドのラグビー3クラブ」と提携|ファントークン発行も予定

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

Chiliz&Socios:サッカーアルゼンチン代表チームの「$ARGトークン販売」詳細を発表

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

Faireum(FAIRC)ブロックチェーンで「オンラインギャンブル」の定額料金モデルを実現

Faireum(FAIRC)ブロックチェーンで「オンラインギャンブル」の定額料金モデルを実現

ドイツのブロックチェーン企業「Gapless」ポルシェなどから合計6億円の資金調達

ドイツのブロックチェーン企業「Gapless」ポルシェなどから合計6億円の資金調達

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

ドージ系最新マルチチェーン・ミームコインDogeverseのプレセールが500万ドルを突破!

ドージ系最新マルチチェーン・ミームコインDogeverseのプレセールが500万ドルを突破!

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す