ソラミツ×カンボジア国立銀行:ブロックチェーン基盤のデジタル決済「バコン」を開発

by BITTIMES

ブロックチェーンプラットフォーム「ハイパーレジャーいろは」を開発したことでも知られる日本のフィンテック・スタートアップ企業「ソラミツ株式会社」は、カンボジア国立銀行と共にブロックチェーンを用いたデジタル決済システム「バコン」を開発し、正式導入に向けたテスト運用を開始したことを発表しました。

こちらから読む:Libraネットワーク、急速に拡大中「ブロックチェーン」関連ニュース

ブロックチェーン基盤のトークン型決済システム「バコン」

「ソラミツ株式会社」と「カンボジア国立銀行」が開発したデジタル決済システム「バコン」は、元々ソラミツが開発し、現在はHyperledger Projectの一部となっているブロックチェーンプラットフォーム「ハイパーレジャーいろは」を活用しており、安全・簡単・迅速かつ無料でカンボジアの公定通貨リエル(KHR)や米ドル(USD)の送金・決済を行うことができるトークン型の決済システムだと説明されています。

この決済システムはカンボジア国立銀行主導で運営されており、利用者の人々は送金先の銀行口座番号を入力しなくても、相手の電話番号宛てに直接送金したり、QRコードをスキャンして送金・決済を行うことができるとのことです。また、カンボジア中央銀行は「リエル」や「米ドル」の現金を回収しながら同額の「バコン」を発行しているため、市場の通貨流通量に変化は生じない仕組みとなっています。

「バコン」は、金融包摂、金融政策力の維持、自国通貨の強化、銀行口座開設率の向上、電子商取引への対応、クロスボーダー取引などを目的として設計されており、「少額のリテール決済」から「高額の銀行間取引」までを一貫してブロックチェーン化することによって、国家全体の決済アーキテクチャを大幅に簡素化し、底コスト化を実現しているとのことです。

(画像:ソラミツプレスリリースから)(画像:ソラミツプレスリリースから)

カンボジア最大の商業銀行「アクレダ」などとテスト運用

ソラミツの発表によると、「バコン」は2019年7月18日から正式導入に向けたテスト運用を開始しており、すでにカンボジア最大の商業銀行である「アクレダ銀行」を含む9つの銀行や決済事業者と接続して、数千人が送金や店舗での支払いを行っているとされています。なお『ブロックチェーン技術を活用した中央銀行デジタル決済の実用化はカンボジアが世界初である』と伝えられています。

世界銀行の統計によると、カンボジアに住む15歳以上の78%は銀行口座を開設していないとされていますが、その一方でスマートフォンの普及率は150%に達しているため、バコンプロジェクトはスマートフォンのみで銀行サービスにアクセスできるアプリを提供することによって、農村地域などの銀行にお金を預けていない人々に銀行サービスを提供していくことも計画しているとのことです。

現在は「バコン」を活用したクロスボーダー決済や送金システムの開発が進められているため、この開発が完了するとカンボジアの人々や企業は低コストで素早く国内外への送金や決済ができるようになるとされています。

>>「ソラミツ」の公式発表はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「データ通信」の安全性確保|航空管制業務への活用を検討:NASA

ブロックチェーンで「データ通信」の安全性確保|航空管制業務への活用を検討:NASA

イーサリアム・ハードフォーク直前「Metropolisに残されたいくつかの問題点」

イーサリアム・ハードフォーク直前「Metropolisに残されたいくつかの問題点」

SBIバーチャル・カレンシーズ「仮想通貨の送付サービス」開始|資産管理をより安全に

SBIバーチャル・カレンシーズ「仮想通貨の送付サービス」開始|資産管理をより安全に

カリフォルニア大学ロサンゼルス校「ブロックチェーンエンジニア育成コース」を設立

カリフォルニア大学ロサンゼルス校「ブロックチェーンエンジニア育成コース」を設立

Sociosアプリに「ゲームと報酬・特別優待」機能追加|観戦チケットのランダム抽選会も

Sociosアプリに「ゲームと報酬・特別優待」機能追加|観戦チケットのランダム抽選会も

コインチェック:iOSアプリに「ホーム画面へのウィジェット配置機能」追加

コインチェック:iOSアプリに「ホーム画面へのウィジェット配置機能」追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月13日〜19日

ブロックチェーンアプリケーションの「開発・運用支援サービス」開始:Zofuku

ブロックチェーンアプリケーションの「開発・運用支援サービス」開始:Zofuku

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

LINE:5,000円分のLINKリワードがもらえる「LINEクレカ入会キャンペーン」開始

LINE:5,000円分のLINKリワードがもらえる「LINEクレカ入会キャンペーン」開始

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

BITTREX:Zcash・DASH・Moneroなどの「上場廃止」を発表|3通貨の価格は下落傾向

BITTREX:Zcash・DASH・Moneroなどの「上場廃止」を発表|3通貨の価格は下落傾向

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す