イーサリアム設立者が語る次世代のインターネット|Web3.0

by BITTIMES   

イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同設立者であるJoseph Lubin氏は、ブロックチェーン技術を採用した新しいインターネット「Web 3.0」が、インターネットの最大の問題の1つを解決へと導く助けとなることを語りました。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の共同設立者であるJoseph Lubin氏は、南西インタラクティブカンファレンス(South South Interactive Interactive)の会議で、多くの暗号通貨愛好家やビジネスマンに向かって話しました。

「イーサリアムは、世界最大のテクノロジー企業の一部を混乱させる可能性があります。少なくとも、暗号世界の共同設立者や他の人たちが望んで信じていることがあります。 」

次世代のインターネット「Web3.0」

ブロックチェーン技術や暗号通貨への投資家の関心は依然として高いままであり、その理由としては、大きな価格変動だけでなく、その技術や地方分散型であるという点、匿名性が約束されている点などが、企業や消費者に利益をもたらすことが挙げられます。

有名なベンチャーキャピタリストのティム・ドレイパー氏などのトップ投資家の多くは、ブロックチェーンを「次のインターネット」と称賛しています。

イーサリアム設立者たちの発言

Lubin氏は、Bitcoinから始まった通貨プラットフォームとしての根幹を越えてブロックチェーン技術を移行するためのプラットフォームとして、Ethereumを開始したチームの初期の開発者です。

Ethereumの共同設立者の一人であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は「Bitcoinは通貨以外のアプリケーションを開発するためのスクリプトが必要であるため、あらゆるタイプのアプリケーションを提供して使用できる」と主張しています。

今回のルービン氏の話は、イーサリアムの分散アプリケーションの将来性を確信させるものでありながら、大規模なソーシャルメディアを運営する企業にとっても考えさせられる内容でもありました。
Ethereumの登場はFacebookやGoogleなどの大手企業にも影響を与えるものであり、ハッカーや企業を傷つける可能性もある個人データの宝庫となっています。

「現在ウェブ上では、アイデンティティ(独自性、主体性)が壊れていると主張するだろう」

「私たちはアイデンティティの側面をウェブ上に散りばめ、企業のサーバーに保存され、企業によって収益化されており、アイデンティティの側面はそれらの組織によって保証されていません」

インターネットが壊れている?

インターネットを利用しているほぼ全てのユーザーはFacebook, Apple, Netflix, googleなどの大手IT企業を利用しており、実質的スタンダードでもあるため避けては通れません。
しかし、それらのインターネット上で行われる決済や取引の大部分は、匿名性や決済手段の保護を十分に保証できない方法を採用している「米ドル等の法定通貨」で行われています。

これを『インターネットが壊れている』と比喩しています。

彼らは、ブロックチェーンを採用したインターネット(Web3.0)が広まれば、法定通貨がもつ欠陥構造(匿名性や決済方法の保護がない状態)を修正できることを語っています。

もちろんインターネットは長い間、貿易のための強力なコミュニケーションツールとユーティリティとして役立ってきました。
しかしそれと同時に、詐欺/盗難/身元情報のハイジャックなどの新たな機会をも生み出す結果となりました。

「Web3.0」はあなたがデータをコントロールできることを意味する

「Web3.0」と呼ばれるイーサリアムのアプローチは、データの収集/保存/制御を再開し、プライバシーを所有者(多くの場合、個人)に配置します。これにより消費者は、個人のデータをウェブ上で取引されることがなくなります。

Lubin氏は次のように説明しています。

「クライアントやサーバーのアーキテクチャーではなく、GoogleやFacebookなど多くのサーバーを持ち、相手と対話している1つの会社があります。この新しい種類のアプリケーション・パラダイムには、ネットワーク上のさまざまなノードすべてが効果的にアプリケーションのバックエンドになっているため、誰もそれをコントロールすることはできず、誰も過度に収益を上げないプラットフォームを構築できます。」

Ethereumは答えを提供していますが、伝統的な企業がそれらを採用するかどうかには不確実性が残っています。
もしGoogleが電話帳とNetflixのBlockbusterを置き換えた場合、Ethereumのプラットフォームは既存の技術秩序の支配に非常に大きな脅威をもたらします。

Lubin氏は次のようにも語っています。

「ブロックチェーンの深さはこれまで大衆に理解されていないだろう」

「ブロックチェーンを理解するためにはソフトウェアエンジニアが必要です。消費者はワールドワイドウェブを使い続けるだけで、ワールドワイドウェブとそのアプリケーションとは異なる関係を持つことになります」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「電気自動車充電ステーション」の情報管理|豪州最大の電力会社

ブロックチェーンで「電気自動車充電ステーション」の情報管理|豪州最大の電力会社

仮想通貨が使える旅行予約アプリ「TravelbyBit」ベータ版リリース【BinanceChain搭載】

仮想通貨が使える旅行予約アプリ「TravelbyBit」ベータ版リリース【BinanceChain搭載】

暗号化技術活用したデジタルキープラットフォーム「bitkey platform」公開:ビットキー

暗号化技術活用したデジタルキープラットフォーム「bitkey platform」公開:ビットキー

ティファニー:ダイヤモンドの「原産地情報」公開へ|ブロックチェーン技術には触れず

ティファニー:ダイヤモンドの「原産地情報」公開へ|ブロックチェーン技術には触れず

代表的ステーブルコイン「テザー(Tether/USDT)」にも不穏な動き|価格下落で警戒感高まる

代表的ステーブルコイン「テザー(Tether/USDT)」にも不穏な動き|価格下落で警戒感高まる

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

【重要】OKCoinJapan「対BTCの取引ペア」取扱終了へ

【重要】OKCoinJapan「対BTCの取引ペア」取扱終了へ

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ドージ系最新マルチチェーン・ミームコインDogeverseのプレセールが500万ドルを突破!

ドージ系最新マルチチェーン・ミームコインDogeverseのプレセールが500万ドルを突破!

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す