人気ゲームブックを「ブロックチェーン版」にリニューアル|Microsoftなどが共同開発

by BITTIMES

ソフトウェア開発会社「Microsoft(マイクロソフト)」、ゲーム開発会社「Eidos(アイドス)」、ロールプレイングゲーム「Fable(フェイブル)」のチームが協力して、1980年代にヒットしたアドベンチャーゲームブック「The Way of the Tiger」を"ブロックチェーンゲーム"として復活させることが明らかになりました。

こちらから読む:BC技術用いた"AIアイドル育成ゲーム"登場「ゲーム」関連ニュース

「The Way of the Tiger」とは

「The Way of the Tiger」とは、複数の著名なファンタジーゲームブックの著者であるMark Smith(マーク・スミス)氏とイギリスの作家・ゲーム開発者であるJamie Thomson(ジェイミー・トムソン)氏が手がけ、1980年代にヒットしたアドベンチャーゲームブック(*1)です。
(*1)ゲームブック:読者の選択によってストーリーの展開と結末が変わるように作成された、ゲームとして遊ばれることを目的としている本のこと

原作シリーズは、
1.Avenger!
2.Assassin!
3.Usurper!
4.Overlord!
5.Warbringer!
6.Inferno!
という6冊の本で構成されており、読者は「盗まれた巻物を取り戻す若い忍者」としてゲームをプレイする内容となっていました。

このゲームブックは名作ゲームブックの1つとして知られていましたが、今回の発表では新しく"ブロックチェーンゲーム"として復活することが明らかにされています。

ブロックチェーンゲーム「Arena of Death」として復活

(画像:「The Way of the Tiger」Twitter)(画像:「The Way of the Tiger」Twitter

Microsoft(マイクロソフト)、Eidos(アイドス)、Fable(フェイブル)のチームは「VeChain Thor」のブロックチェーン技術を用いて「The Way of the Tiger」を復活させます。ゲームのタイトルは「Arena of Death(アリーナ・オブ・デス)」へと改名されており、ゲームのプレイヤーは原作と同じキャラクターやスキル・魔法を使いながら、ファンタジーの世界でカードバトルを繰り広げます。

このカードゲームには現在仮想通貨業界で人気を集めている「Non-Fungible Token(NFT)」が活用されていると伝えられているため、ゲーム内で使用されるカードは固有の性質を持ったトークン資産として取引できるようになると予想されます。

「The Way of the Tiger」の原作者でありながら、新作ゲームのCEOでもあるJamie Thomson(ジェイミー・トムソン)氏は「Arena of Death」にブロックチェーン技術を活用した理由について次のように語っています。

ブロックチェーン技術を導入するのに適切な時期だと感じました。私たちは元々、このシリーズを"コンピューターゲーム形式"で立ち上げる予定でしたが、この新しいテクノロジー(ブロックチェーン)の方が意味があると考えました。

「Magic the Gathering」をプレイするのを想像してみてください。あなたが所有しているカードは"本当にあなたのもの"ということになります。私たちが「アイテムやスキルは100個限定だ」と言えば、実際にアイテムは100個限定であり、あなたはそれを確認することができます。

今回の発表では、新作ブロックチェーンゲームのプロモーション資料とロードマップは2019年12月1日に公開される予定であり、2020年には"ゲーム業界の最有力候補"として登場する予定だと説明されています。

(参照元:PRWeb.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【戦略ゲーム編】イーサリアム(ETH)が稼げる「DApps」まとめ

【戦略ゲーム編】イーサリアム(ETH)が稼げる「DApps」まとめ

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

大手食料品店で「ビットコイン購入」可能に|米国のキオスク数千台に対応

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

韓国の仮想通貨取引所が北朝鮮からハッキングを受けていた事が判明

韓国の仮想通貨取引所が北朝鮮からハッキングを受けていた事が判明

リップル(XRP)基軸の取引所CoinField「130種類以上の通貨ペア」提供へ

リップル(XRP)基軸の取引所CoinField「130種類以上の通貨ペア」提供へ

ZenCash(ZEN)に51%攻撃|価格の下落が続く

ZenCash(ZEN)に51%攻撃|価格の下落が続く

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bybit Games:トレーディングコンペ開催にあたり「Save the Children」と提携

Bybit Games:トレーディングコンペ開催にあたり「Save the Children」と提携

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

東京都:キャッシュレス・SDGs推進に向け「東京ユアコイン」を試験導入

東京都:キャッシュレス・SDGs推進に向け「東京ユアコイン」を試験導入

BINANCE:世界に流通する「180種類全ての法定通貨」サポートを計画

BINANCE:世界に流通する「180種類全ての法定通貨」サポートを計画

日本人は仮想通貨に消極的?文科省「最先端技術に対する意識調査」を実施

日本人は仮想通貨に消極的?文科省「最先端技術に対する意識調査」を実施

中国人民銀行:仮想通貨取引の「監視・取り締まり」強化へ|国外事業者にも対処

中国人民銀行:仮想通貨取引の「監視・取り締まり」強化へ|国外事業者にも対処

ブロックチェーンロック社:スマートロッカー「KEYVOX locker」の販売開始

ブロックチェーンロック社:スマートロッカー「KEYVOX locker」の販売開始

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

コインチェック:ブロックチェーンゲーム「Crypto Spells」とコラボ企画を開催

コインチェック:ブロックチェーンゲーム「Crypto Spells」とコラボ企画を開催

大麻業界の「調査コミュニティ構築」にブロックチェーン活用|Broccoli×Measure Protocol

大麻業界の「調査コミュニティ構築」にブロックチェーン活用|Broccoli×Measure Protocol

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す