日本人は仮想通貨に消極的?文科省「最先端技術に対する意識調査」を実施

by BITTIMES

文部科学省科学技術・学術政策研究所が最先端技術の受容性を把握するために15歳〜69歳の3,000人を対象として意識調査を行なった結果「仮想通貨(暗号資産)の技術を受け入れる」と回答した人の数が特に少なかったことが「日本経済新聞」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:ロシア中銀、BTC決済の"禁止"検討か「仮想通貨」関連ニュース

仮想通貨受け入れる人は「わずか33%」

文部科学省科学技術・学術政策研究所は、現在世の中に出始めてきている様々な最先端技術を人々が受け入れているかどうかを把握するために「仮想通貨・ロボット支援・ロボット介護・ロボット手術・ドローン配達・自動運転・量子技術・ゲノム編集食品・クローン農作物・小型モジュール炉・5G」などといった合計18種類の最先端技術に関する意識調査を行ったと伝えられています。

この意識調査はインターネットを用いて「15歳〜69歳の3,000人」を対象として2019年8月〜9月の期間にかけて実施されました。

日本経済新聞の報告によると、「受け入れる」と回答した人が最も多かったのは"仕事中にロボットがあなたを助けること"であり、全体の82%が受け入れると回答したとされています。基本的にロボット関連の技術に関しては「受け入れる」という回答が多いようで、ロボット支援や介護・ドローン配達・自動運転技術などは「約半数以上の人々が受け入れると回答した」というデータが示されています。

しかしながら「クローン農作物」や「ゲノム編集技術を用いた食品」などに関しては"受け入れきれない"と回答した人の方が多くなっており、仮想通貨に関しては"受け入れる"と回答した人が「33%」で最も少なかったと報告されています。

仮想通貨はここ数年間で急速に認知度を高めており、今では日本でもほとんどの人が「ビットコイン」などの言葉を聞いたことがある状態にまでなりましたが、2017年の価格高騰以降は1年以上に渡って価格下落が続いており「仮想通貨取引所のハッキング」や「仮想通貨を用いた詐欺」などといったネガティブなニュースが相次いでいたため、実際には悪いイメージの方が強いのだと考えられます。

また現在の仮想通貨価格から考えると、2018年以降に仮想通貨を購入した人の多くは損失を抱えている状態であると予想されるため、実際に仮想通貨を保有している人々も仮想通貨の将来に不安を抱えている可能性があると考えられます。

>>「日本経済新聞」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

IOTA(MIOTA)公式ウォレット「Trinity(トリニティ)」公開【日本語対応】

IOTA(MIOTA)公式ウォレット「Trinity(トリニティ)」公開【日本語対応】

スイスの大手銀行「Julius Baer」が仮想通貨市場に参入|デジタル資産の需要増加に対応

スイスの大手銀行「Julius Baer」が仮想通貨市場に参入|デジタル資産の需要増加に対応

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

ブロックチェーンコンテンツ協会:ガイドライン第1版に関する「意見募集」開始

ブロックチェーンコンテンツ協会:ガイドライン第1版に関する「意見募集」開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

暗号資産取引所「c0ban取引所(コバン取引所)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「c0ban取引所(コバン取引所)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

Moonstakeウォレット:Centrality(CENNZ)の「ステーキング」に対応

Moonstakeウォレット:Centrality(CENNZ)の「ステーキング」に対応

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

コインベース:IPO(株式公開)関連で「Goldman Sachs」と協力か=報道

コインベース:IPO(株式公開)関連で「Goldman Sachs」と協力か=報道

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す