日本初の不動産STOシステム「J-FTA」提供へ:スタンダードキャピタル株式会社

by BITTIMES

資金調達市場の流動性向上に向けてセキュリティ・トークン・オファリング(STO)関連の事業を展開している「スタンダードキャピタル株式会社」は、2019年12月5日に日本初の不動産STOシステム「J-FTA」の提供を開始すると発表しました。

こちらから読む:不動産売買サービスの事前登録受付開始「不動産」関連ニュース

不動産STOシステム「J-FTA」提供へ

J-FTA

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)関連の事業を展開している「スタンダードキャピタル株式会社」は、2019年12月5日に日本初の不動産STOシステム「J-FTA」の提供を開始すると発表しました。

ここ数年は不動産価格が上昇していることによって不動産市場は盛り上がりを見せており、海外投資家からの投資も増えてきています。不動産市場では"流動性"の面で課題が残されていましたが、少額からの不動産投資が可能になったことなどによって、そのような問題も解決できると期待されています。

スタンダードキャピタル株式会社は、国内不動産の総額が約2,562兆円とされている一方で、不動産証券化市場規模が32.6兆円であること指摘しており、「日本の不動産市場にはより多くの投資機会が残されている」と説明しています。

不動産の小口化で「少額投資」を実現

「J-FTA」は不動産を小口化することによって、少額から不動産に投資することができる環境を提供しているため、不動産事業者はより効率的に資金調達を行うことができるようになっています。

従来の不動産投資では、資金力のある投資家しか市場に参入することができませんでしたが、小口投資を実現することによって、様々な投資家が不動産投資を行うことができるようになり、不動産事業者も多くの投資機会を提供することができるようになります。

スマートコントラクトで「収益を自動分配」

「J-FTA」はスマートコントラクトの技術を取り入れることによって、収益の分配を自動化しています。

一般的な不動産投資では、インターネットやメールなどで書類をやり取りする必要がありますが、不動産STOの場合はスマートコントラクトを用いた自動契約が可能となります。これによって複雑な作業が簡素化されるだけでなく、取引に信頼性や安全性をもたらすことができます。

不動産情報は「ブロックチェーン上」で共有・管理

不動産STOで取引される不動産情報は、ブロックチェーン上で共有・管理されるため、投資家にとって不利な契約や不正行為が行われるのを監視することができ、データの改ざんなども防止することができます。

「J-FTA」の機能要件

「J-FTA」の機能要件としては以下の6つの項目が挙げられています。

  • 不動産の新規登録
  • STOの発行
  • ユーザ登録機能(KYC/AMLは未実装)
  • セキュリティトークンの購入リクエスト機能
  • セキュリティトークンの購入承認機能
  • ホワイトリスト機能など

STO業界の先行事例を日本市場から

スタンダードキャピタル株式会社は「J-FTA」の提供を通じて、日本国内の不動産市場の発展に貢献していくことを目指しており、STOに関する法整備が各国で進められている現代社会で"先行事例"を作っていくと述べています。

今後は不動産金融専門の証券会社である「エスピーシー証券株式会社」への株式譲渡も含め、積極的に国内で不動産STOを実施していくとのことです。

同社は2020年1月にフィリピンの経済特区であるCEZA(Cagayan Economic Zone Authority)でセキュリティトークン取引所「ALLEX」を開設することも予定しています。

>>「スタンダードキャピタル株式会社」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

LINE「デジタル資産管理ウォレット」と「ブロックチェーンサービス開発基盤」提供開始

LINE「デジタル資産管理ウォレット」と「ブロックチェーンサービス開発基盤」提供開始

SAMSUNG:ブロックチェーンスマホ「KlaytnPhone」発売へ|カカオの独自仮想通貨に対応

SAMSUNG:ブロックチェーンスマホ「KlaytnPhone」発売へ|カカオの独自仮想通貨に対応

Huobi Japan:仮想通貨取引アプリを「iPad向けに最適化」新たなバージョンをリリース

Huobi Japan:仮想通貨取引アプリを「iPad向けに最適化」新たなバージョンをリリース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月2日〜8日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月2日〜8日

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットフライヤー「Braveアカウント連携でBATがもらえるキャンペーン」開始

ビットフライヤー「Braveアカウント連携でBATがもらえるキャンペーン」開始

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

エルサルバドルの地熱マイニング施設「初のビットコイン採掘」に成功

エルサルバドルの地熱マイニング施設「初のビットコイン採掘」に成功

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「ドージコイン(DOGE)受け入れ」も検討

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「ドージコイン(DOGE)受け入れ」も検討

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す