日本初の不動産STOシステム「J-FTA」提供へ:スタンダードキャピタル株式会社

by BITTIMES

資金調達市場の流動性向上に向けてセキュリティ・トークン・オファリング(STO)関連の事業を展開している「スタンダードキャピタル株式会社」は、2019年12月5日に日本初の不動産STOシステム「J-FTA」の提供を開始すると発表しました。

こちらから読む:不動産売買サービスの事前登録受付開始「不動産」関連ニュース

不動産STOシステム「J-FTA」提供へ

J-FTA

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)関連の事業を展開している「スタンダードキャピタル株式会社」は、2019年12月5日に日本初の不動産STOシステム「J-FTA」の提供を開始すると発表しました。

ここ数年は不動産価格が上昇していることによって不動産市場は盛り上がりを見せており、海外投資家からの投資も増えてきています。不動産市場では"流動性"の面で課題が残されていましたが、少額からの不動産投資が可能になったことなどによって、そのような問題も解決できると期待されています。

スタンダードキャピタル株式会社は、国内不動産の総額が約2,562兆円とされている一方で、不動産証券化市場規模が32.6兆円であること指摘しており、「日本の不動産市場にはより多くの投資機会が残されている」と説明しています。

不動産の小口化で「少額投資」を実現

「J-FTA」は不動産を小口化することによって、少額から不動産に投資することができる環境を提供しているため、不動産事業者はより効率的に資金調達を行うことができるようになっています。

従来の不動産投資では、資金力のある投資家しか市場に参入することができませんでしたが、小口投資を実現することによって、様々な投資家が不動産投資を行うことができるようになり、不動産事業者も多くの投資機会を提供することができるようになります。

スマートコントラクトで「収益を自動分配」

「J-FTA」はスマートコントラクトの技術を取り入れることによって、収益の分配を自動化しています。

一般的な不動産投資では、インターネットやメールなどで書類をやり取りする必要がありますが、不動産STOの場合はスマートコントラクトを用いた自動契約が可能となります。これによって複雑な作業が簡素化されるだけでなく、取引に信頼性や安全性をもたらすことができます。

不動産情報は「ブロックチェーン上」で共有・管理

不動産STOで取引される不動産情報は、ブロックチェーン上で共有・管理されるため、投資家にとって不利な契約や不正行為が行われるのを監視することができ、データの改ざんなども防止することができます。

「J-FTA」の機能要件

「J-FTA」の機能要件としては以下の6つの項目が挙げられています。

  • 不動産の新規登録
  • STOの発行
  • ユーザ登録機能(KYC/AMLは未実装)
  • セキュリティトークンの購入リクエスト機能
  • セキュリティトークンの購入承認機能
  • ホワイトリスト機能など

STO業界の先行事例を日本市場から

スタンダードキャピタル株式会社は「J-FTA」の提供を通じて、日本国内の不動産市場の発展に貢献していくことを目指しており、STOに関する法整備が各国で進められている現代社会で"先行事例"を作っていくと述べています。

今後は不動産金融専門の証券会社である「エスピーシー証券株式会社」への株式譲渡も含め、積極的に国内で不動産STOを実施していくとのことです。

同社は2020年1月にフィリピンの経済特区であるCEZA(Cagayan Economic Zone Authority)でセキュリティトークン取引所「ALLEX」を開設することも予定しています。

>>「スタンダードキャピタル株式会社」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Mastercard:ブロックチェーンで「食品のサプライチェーン」を可視化

Mastercard:ブロックチェーンで「食品のサプライチェーン」を可視化

発足後2ヶ月で仮想通貨協会の副会長2名が辞任|これまでの経緯と今後の影響は?

発足後2ヶ月で仮想通貨協会の副会長2名が辞任|これまでの経緯と今後の影響は?

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月20日〜26日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月20日〜26日

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

Facebook:ステラ(Stellar)ブロックチェーンを利用した決済ネットワーク構築か?

Facebook:ステラ(Stellar)ブロックチェーンを利用した決済ネットワーク構築か?

【c0ban取引所】仮想通貨がもらえる「新規口座開設キャンペーン」延長決定

【c0ban取引所】仮想通貨がもらえる「新規口座開設キャンペーン」延長決定

注目度の高い仮想通貨ニュース

2020年、イーサリアム時価総額は「ビットコイン」を超える:著名投資家Ian Balina

2020年、イーサリアム時価総額は「ビットコイン」を超える:著名投資家Ian Balina

Tron(TRX)「最も革新的なパブリックチェーン賞」を受賞

Tron(TRX)「最も革新的なパブリックチェーン賞」を受賞

Ripple社:2020年初頭から「ブラジル金融機関」との提携拡大へ

Ripple社:2020年初頭から「ブラジル金融機関」との提携拡大へ

Craig Wright氏の弁護士:ビットコインの秘密鍵「まだ入手していない」と説明

Craig Wright氏の弁護士:ビットコインの秘密鍵「まだ入手していない」と説明

中国:デジタル人民元発行に向け「暗号法」正式施行

中国:デジタル人民元発行に向け「暗号法」正式施行

ロシア連邦中央銀行「ステーブルコイン」のテスト開始|独自通貨発行の可能性も調査

ロシア連邦中央銀行「ステーブルコイン」のテスト開始|独自通貨発行の可能性も調査

シカゴ・マーカンタイル取引所「ビットコインオプション取引」を開始

シカゴ・マーカンタイル取引所「ビットコインオプション取引」を開始

Cardano「技術開発が最も活発なブロックチェーン」ランキング1位を獲得

Cardano「技術開発が最も活発なブロックチェーン」ランキング1位を獲得

動画配信サービスDLive「Tronブロックチェーン」への移行を発表

動画配信サービスDLive「Tronブロックチェーン」への移行を発表

Tron財団:2020年元旦「330億TRX」ロック解除へ

Tron財団:2020年元旦「330億TRX」ロック解除へ

ビットコイン「トレンド転換」にはまだ早い?著名トレーダーが指摘

ビットコイン「トレンド転換」にはまだ早い?著名トレーダーが指摘

三菱UFJ銀行:ブロックチェーン貿易金融基盤で「信用状発行」を効率化

三菱UFJ銀行:ブロックチェーン貿易金融基盤で「信用状発行」を効率化

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す