ブロックチェーン技術を「国際宇宙ステーション」に打ち上げ:SpaceChain(SPC)

by BITTIMES   

ブロックチェーンと宇宙技術を組み合わせた世界初の衛星ネットワークを構築している「スペースチェーン(SpaceChain/SPC)」は、2019年12月5日に同社のブロックチェーン・ハードウェアウォレット技術が"CRS-19商用補給サービスミッション"の一貫として「SpaceX社のFalcon 9ロケット」に搭載され、国際宇宙ステーション(ISS)に向かっていることを発表しました。

こちらから読む:ごみのリサイクルに技術活用「ブロックチェーン」関連ニュース

マルチシグトランザクションのセキュリティ向上へ

スペースチェーン(SpaceChain/SPC)は2019年12月5日に公開したプレスリリースで、同社のブロックチェーン・ハードウェアウォレット技術がSpaceX(スペースエックス)社が開発した商業用打ち上げロケット「Falcon 9」に搭載され、国際宇宙ステーション(ISS)に向かっていることを発表しました。

このような取り組みは国際宇宙ステーションにとって初の試みであり、打ち上げられたブロックチェーン・ハードウェアウォレット技術は米国の宇宙企業「Nanorack(ナノラックス)」の商用プラットフォームにインストールされると伝えられています。

SpaceChainがこのような打ち上げを行うのは今回が3度目であり、今回の打ち上げは同社にとって重要な節目でもあるとされています。同社は、取引の承認に複数の署名が必要となる「マルチシグネチャ型の衛星ウォレット」を開発しており、署名の一部を宇宙に打ち上げた"衛星ノード"で行うことによってネットワークの安全性を高めています。

今回の打ち上げでも、必要な作業が完了したら直ちにブロックチェーン・トランザクションの受領・承認・再送信のデモを行い、マルチシグトランザクション(複数人の署名によって成立する取引)のセキュリティーを向上させると説明されています。

宇宙×ブロックチェーンで「新たな可能性」を

従来のブロックチェーンで取引の承認・記録作業を行うノードは全て地上または地下に設置されているため、大規模な災害などが発生した場合にはそれらのノードが致命的なダメージを受けてしまう可能性がありますが、そのようなノードを「地上と宇宙の両方」に設置しておけば、より安全にデータを管理することができます。

SpaceChainの共同創立者兼CEOであるZee Zhang(ジー・チェン)氏は『宇宙とブロックチェーン技術の統合は新たな可能性とチャンスを明らかにする』と述べており、『今後は金融サービスプロバイダー・フィンテック開発者・IoTサービスプロバイダー・研究機関・宇宙機関などと密接に協業して、エコシステム内の進歩を加速する』と説明しています。

3回目となるペイロード打ち上げは「SpaceChain」だけでなく新しい宇宙経済の発展に向けて意義深いマイルストーンです。宇宙とブロックチェーン技術の統合は新たな可能性とチャンスを明らかにします。

当社は今後の数ヶ月で金融サービスプロバイダー・フィンテック開発者・IoTサービスプロバイダー・研究機関・宇宙機関と密接に協業することを予定しており、このようなエコシステム内の進歩をさらに加速できることに非常にワクワクしています。

SpaceChainは、今回のテストを2020年初頭に完了すると予想しています。

>>「SpaceChain」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Chiliz&Socios】チリ初「Universidad de Chile」の$UCHファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】チリ初「Universidad de Chile」の$UCHファントークン発行へ

ビットコイン(BTC)の価格下落「行き過ぎている」と指摘:BINANCE CEO

ビットコイン(BTC)の価格下落「行き過ぎている」と指摘:BINANCE CEO

SQUARE ENIX:The Sandboxのメタバース上に「Dungeon Siege」のゲーム展開へ

SQUARE ENIX:The Sandboxのメタバース上に「Dungeon Siege」のゲーム展開へ

2040年:ビットコイン(BTC)は「金を置き代える」存在に|Block.one CEOが強気発言

2040年:ビットコイン(BTC)は「金を置き代える」存在に|Block.one CEOが強気発言

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan:1,500円相当のBTCがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:1,500円相当のBTCがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Nike:Polygon活用のWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」公開

Nike:Polygon活用のWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」公開

ビットフライヤー:金連動トークン「ジパングコイン(ZPG)」取扱いへ

ビットフライヤー:金連動トークン「ジパングコイン(ZPG)」取扱いへ

Bitgetは冬の市場で投資と構築を続ける

Bitgetは冬の市場で投資と構築を続ける

The Sandbox:ゲーム開発会社「LINE Studio」と提携|専用エリア設置へ

The Sandbox:ゲーム開発会社「LINE Studio」と提携|専用エリア設置へ

Step App「iOS・Android版アプリ」正式リリース

Step App「iOS・Android版アプリ」正式リリース

取扱銘柄・サービスが豊富な暗号資産取引所「Huobi Japan」の魅力を解説

取扱銘柄・サービスが豊富な暗号資産取引所「Huobi Japan」の魅力を解説

Coincheck Labs「UnUniFi Protocol」運営する事業会社に出資

Coincheck Labs「UnUniFi Protocol」運営する事業会社に出資

LINEのグローバル暗号資産取引所「BITFRONT」サービス終了へ

LINEのグローバル暗号資産取引所「BITFRONT」サービス終了へ

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

LINE BITMAX:ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)取扱開始

LINE BITMAX:ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)取扱開始

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す