Twitter CEO:分散型SNS実現目指し「BlueSky」に出資|ブロックチェーンで問題解決へ

by BITTIMES

Twitter(ツイッター)のCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は、2019年12月12日のツイートで"ブロックチェーン技術を用いたソーシャルメディア向けのオープンで分散型の標準規格"を策定することを目指している独立組織「BlueSky(ブルースカイ)」に出資していることを明らかにしました。このツイートは世界中で大きな反響を呼んでおり、カルダノ創設者やイーサリアム共同設立者なども同氏を支持するツイートを投稿しています。

こちらから読む:Twitter CEOが強く支持する「ブロックチェーン技術」とは

分散型標準開発の独立組織「BlueSky」に出資

Twitter(ツイッター)のCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は、2019年12月11日に"ソーシャルメディア向けのオープンで分散型の標準"を開発するために、独立組織「BlueSky(ブルースカイ)」に出資しているとツイートしました。同氏は、将来的にTwitterがこの標準のクライアントになることが目標だと説明しています。

Twitterは、ソーシャルメディアのオープンで分散型の標準を開発するために、5人のオープンソースアーキテクト・エンジニア・デザイナーから成る小規模の独立チームに資金を提供しています。 Twitterが最終的にこの標準のクライアントになることが目標です。

ジャック・ドーシー氏によると、開発当初のTwitterは非常にオープンなサービスであったため、電子メールプロトコルのSMTPのような"分散型インターネット標準"になる可能性があったものの、当時の様々な理由によって別の道を歩むことになり、結果的に"中央集中型ソリューション"として成長することになったと説明されています。

しかし同氏は、"ブロックチェーン"という技術が誕生したことによって分散型のアプローチを取ることができるようになったため、「オープンで持続的なホスティング・ガバナンス・収益化のための一連の分散型ソリューションをもたらすことができる」と述べています。

中央集中型ソリューションに潜む「3つの問題点」

ジャック・ドーシー氏は、現在の"中央集中型ソリューション"に潜む問題点として以下3つの項目を挙げています。

  1. 人々に過度の負担をかけることなく「いじめ・嫌がらせ」や「誤解を招く情報」などに対処するためのグローバルポリシーを一元的に実施することは困難である
  2. ソーシャルメディアの価値は「コンテンツのホスティング・削除」から「推奨アルゴリズム」へと移行してきているが、このアルゴリズムは通常独自のものであり、代替を選択したり構築したりすることができない
  3. 現在のソーシャルメディアのインセンティブは「健康のためになる情報を提供し促進する会話」ではなく「論争と怒りを引き起こすコンテンツ」に焦点があたりがちである

同氏は「ブロックチェーン技術を用いた"分散型オープンプロトコル"を構築すればこのような問題は改善することができる」と述べており、大規模でオープンな会話のコーパス(*1)に貢献できるようになり、健全な会話を促進するオープンな推奨アルゴリズムの構築に取り組むことができると説明しています。
(*1)コーパス:テキストや発話を大規模に集めてデータベース化した言語資料のこと。

「Cardano創設者・Ethereum共同設立者」なども支持

BlueSky(ブルースカイ)は、現時点で5人のオープンソース開発者によって構成されており、プロジェクト全体はTwitter社のCTO(最高技術責任者)であるParag Agrawal(パラグ・アグラワル)氏が中心となって率いています。

現在はさらなるメンバーを求めて求人が行われているものの、ドーシー氏のツイートは世界中で大きな注目を集めており、カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の開発者として知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏や、イーサリアム(ETH)の共同設立者Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏などもドーシー氏を支持する返信を投稿しているため、「BlueSky」のプロジェクトは今後もさらに急速に拡大していくことになると予想されます。

私はジャックを支持します。必要なものを教えてください。

これは興味深く、重要な取り組みのように思えます。

ジャック・ドーシー氏は、現在が"当初のビジョン"に戻る最適な時期だと考えており、ソーシャルメディアの運営に関しては「前進するのに役立つ既存の分散型標準を見つける」もしくは「ゼロから作り直すこと」も検討していると述べています。

「BlueSky」のプロジェクトが完了するまでにはまだ数年間ほどの時間がかかると予想されますが、ドーシー氏は代表的な仮想通貨である「ビットコイン(BTC)」を非常に強く支持していることでも知られているため、ビットコインを本格的に組み込んだサービスが登場する可能性なども考えられます。

「BlueSky」のプロジェクトやそれに関連する今後の続報などには注目です。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

PundiX(NPXS)の仮想通貨決済アプリが「Samsung Galaxy S10」で利用可能に

PundiX(NPXS)の仮想通貨決済アプリが「Samsung Galaxy S10」で利用可能に

イラン独自の仮想通貨は「Hyperledger Fabric」を活用|経済制裁の迂回なるか?

イラン独自の仮想通貨は「Hyperledger Fabric」を活用|経済制裁の迂回なるか?

イーサリアム設立者が語る次世代のインターネット|Web3.0

イーサリアム設立者が語る次世代のインターネット|Web3.0

BINANCE:ビットコイン交換所「WazirX」を買収|販売所にインドルピー(INR)統合へ

BINANCE:ビットコイン交換所「WazirX」を買収|販売所にインドルピー(INR)統合へ

「仮想通貨Libra(リブラ)に本人確認は必要ない」BINANCE CEOのツイートが話題に

「仮想通貨Libra(リブラ)に本人確認は必要ない」BINANCE CEOのツイートが話題に

イーサリアムとは今後いくらになるのか?予想価格は100倍越え

イーサリアムとは今後いくらになるのか?予想価格は100倍越え

注目度の高い仮想通貨ニュース

CoinMarketCap:仮想通貨「デリバティブ市場」のデータ配信開始

CoinMarketCap:仮想通貨「デリバティブ市場」のデータ配信開始

ビットコイン反発で一時「70万円台」まで回復|ロングポジションも増加傾向

ビットコイン反発で一時「70万円台」まで回復|ロングポジションも増加傾向

ビットコイン、下落トレンドはまだ続く?アナリストは「20万円台突入」を予想

ビットコイン、下落トレンドはまだ続く?アナリストは「20万円台突入」を予想

資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

BINANCE:仮想通貨データサイト「CoinMarketCap」買収か

BINANCE:仮想通貨データサイト「CoinMarketCap」買収か

アダルトサイト大手「Pornhub」仮想通貨PMAによる支払いに対応

アダルトサイト大手「Pornhub」仮想通貨PMAによる支払いに対応

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

韓国大手「国民銀行」仮想通貨カストディ関連で商標出願

韓国大手「国民銀行」仮想通貨カストディ関連で商標出願

人気アニメ「ドロヘドロ」のブロックチェーン証明書付きアート作品が登場:BlockPunk

人気アニメ「ドロヘドロ」のブロックチェーン証明書付きアート作品が登場:BlockPunk

Universal Robots「UR5ロボット」のアプリケーション

Universal Robots「UR5ロボット」のアプリケーション

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す