「Twitterは独自通貨を発行しない」ジャック・ドーシーCEOが断言

by BITTIMES   

人気のSNSサービスを提供している大手企業は、ここ数年間で独自のブロックチェーンや仮想通貨を積極的に開発していますが、Twitter(ツイッター)のCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は「Twitterの独自仮想通貨」を開発する気は無いようです。同氏は「The Sydney Morning Herald」に対して『Libra(リブラ)のような通貨を発行することに興味はないが、その代わりにビットコイン(Bitcoin/BTC)の使用を促進する』と宣言しています。

こちらから読む:ハッカーがみずほに"BTC支払い"を要求「ビットコイン」関連ニュース

ビットコインこそが「インターネットのネイティブ通貨」

Twitter(ツイッター)の創設者であるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は、南半球最古の新聞としても知られる豪州のメディア「The Sydney Morning Herald」に対して『Twitter独自の仮想通貨を発行するつもりはない』と宣言したと伝えられています。

ドーシー氏は依然として「ビットコインこそが"インターネットのネイティブ通貨"に最も適している」と信じており、「特定の企業によって管理された通貨よりも、オープンな通貨の方が多くの人の役に立つ」と語っています。

私は「オープンなインターネット標準」が「企業によって管理・開始された標準」よりも多くの人に役立つと考えています。

Libraよりも「ビットコイン(BTC)」

同氏は「Libra(リブラ)」のような仮想通貨のアイデアには興味がないということも語っており、その代わりにビットコイン(BTC)のような「既存のオープンスタンダード」を使用していきたいと考えていることも明かしています。

Facebook(フェイスブック)の独自仮想通貨」として一気に有名になった"Libra"は、実際には「Facebookの仮想通貨」ではなく、Libra協会やそれに加盟する複数の企業によって支えられた「コンソーシアム型の仮想通貨」となっていますが、依然として懸念する意見は多く出ており、規制当局や政府関係者からも発行に反対する意見が寄せられています。

ドーシー氏は、Libraのような仮想通貨ではなくビットコインを選んでいる理由を次のように語っています。

(ビットコインは)最高の賭けだと思います。なぜならビットコインは最も回復力があり、10年前から存在し、素晴らしいブランドであり、多くのテストが行われているからです。

その他全ての仮想通貨と比べると、ビットコインはかなり高い確率で"インターネットのネイティブ通貨"としての役割を果たすことができます。

オープンソースを愛するツイッターCEO

ジャック・ドーシー氏は自分自身でビットコインを保有していることも明かしており、そのビットコインを長期的に保管するためにハードウェアウォレット「Trezor(トレザー)」を購入したことも明らかにしています。

「Trezor」もビットコインと同様に"オープンソース"のプロジェクトであり、ドーシー氏は「Trezorを選んだ理由」を尋ねられた際も『Trezorの完全にオープンソースなインフラストラクチャに惹かれたからだ』と回答しています。

ジャック・ドーシー氏が手がける決済サービス会社「Square(スクエア)」は「CashApp」を介してビットコインを販売し、第2四半期には顧客のビットコイン取引からの1億2,500万ドル(約134億円)以上の収益を生み出したと報告されています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

タイ中銀:中央銀行デジタル通貨の「企業向け決済システム開発プロジェクト」を発表

タイ中銀:中央銀行デジタル通貨の「企業向け決済システム開発プロジェクト」を発表

BINANCE:ベーシック・アテンション・トークン(BAT)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ベーシック・アテンション・トークン(BAT)の「先物取引」提供へ

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

Galaxy Digital:暗号資産カストディ大手「BitGo」の買収で合意

Galaxy Digital:暗号資産カストディ大手「BitGo」の買収で合意

Liqui:仮想通貨取引所の「サービス終了」を発表|2月末までに資産移動を

Liqui:仮想通貨取引所の「サービス終了」を発表|2月末までに資産移動を

Zaif:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱開始|複数サービスで段階的にサポート

Zaif:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱開始|複数サービスで段階的にサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

HashPort×三井住友「NFT・トークンビジネスにおける協業」に向けて協議

HashPort×三井住友「NFT・トークンビジネスにおける協業」に向けて協議

ビットポイント:Cardano(ADA)の「ステーキングサービス開始日」を発表

ビットポイント:Cardano(ADA)の「ステーキングサービス開始日」を発表

分身するキャラクターアートNFT「Shizuk」公開|先着3,000個の無償配布も実施

分身するキャラクターアートNFT「Shizuk」公開|先着3,000個の無償配布も実施

Ankr:最大規模のアップグレード「Ankr Network 2.0」がWeb3の基盤レイヤーを分散化

Ankr:最大規模のアップグレード「Ankr Network 2.0」がWeb3の基盤レイヤーを分散化

OKCoinJapan:スマホアプリに「ウィジェット機能」追加|ホーム画面で価格確認

OKCoinJapan:スマホアプリに「ウィジェット機能」追加|ホーム画面で価格確認

カルビー初のNFT「Astar Farm」で限定配布|Astar Networkを活用してWeb3.0市場参入

カルビー初のNFT「Astar Farm」で限定配布|Astar Networkを活用してWeb3.0市場参入

長崎県西海市:メタバースアカデミー開講へ「The Sandbox」上で学びの場を創出

長崎県西海市:メタバースアカデミー開講へ「The Sandbox」上で学びの場を創出

FIFA:2026年W杯に向け暗号資産・メタバース関連の商標出願

FIFA:2026年W杯に向け暗号資産・メタバース関連の商標出願

OKCoinJapan:P2Eゲーム「CryptoNinja Party!」のゲームトークンIEOを実施検討

OKCoinJapan:P2Eゲーム「CryptoNinja Party!」のゲームトークンIEOを実施検討

Meta社主催の「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」7月末開催へ|CEATEC 2022内でも公開予定

Meta社主催の「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」7月末開催へ|CEATEC 2022内でも公開予定

CoinW「EAFF E-1サッカー選手権2022」のオフィシャルサポーターに就任

CoinW「EAFF E-1サッカー選手権2022」のオフィシャルサポーターに就任

Brave Walletデスクトップ版が「Solana DApp」に対応|バージョン1.41リリース

Brave Walletデスクトップ版が「Solana DApp」に対応|バージョン1.41リリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す