米億万長者Bill Pulte氏、ビットコイン「数百万円相当」を購入|慈善活動などに活用へ

by BITTIMES

米国最大の住宅建設および不動産会社の1つである「PulteGroup(プルトグループ)」の創設者でありながら、億万長者の慈善活動家としても知られるBill Pulte(ビル・プルト)氏は、2019年12月12日のツイートで日本円で約870万円に相当する「11BTC」を購入したことを明らかにしました。

こちらから読む:クロアチア郵便局、仮想通貨交換サービスを開始「仮想通貨」関連ニュース

億万長者Bill Pulte氏「11BTC」を購入

億万長者として広く知られているBill Pulte(ビル・プルト)氏は、2019年12月12日のツイートで日本円で約870万円に相当する「11BTC」を購入したことを明らかにしました。

億万長者のBTC購入額としてはそれほど多いものではないものの、Pulte氏はチャリティ活動なども積極的に行なっている著名な投資家であり、フォロワー数も175万人を超えているため、今回のツイートは大きな話題となっており、記事執筆時点で「2,500リツイート、2.5万いいね」を獲得しています。

私は最近、11ビットコインを購入しました。

ビットコインを用いて「チャリティー活動」

不動産王として知られるWilliam John Pulte(ウィリアム・ジョン・プルト)氏の孫でもあるPulte氏は、以前から「ビットコイン(BTC)」や「ブロックチェーン」などといった分散型技術を強く支持しており、自身が行なっている慈善活動などにもビットコインを活用しています。

実際に今年初めにTwitterで「困っている人々や組織に100万ドル(約1.1億円)の資金を寄付すること」を約束したPulte氏は、寄付の手段としてビットコインを活用しています。

これはBTCを使用すれば余計な仲介業者を介す必要がなく、直接相手に資金を送金することができるようになり、高額な手数料などを大幅に削減することができるためであり、Pulte氏自身も『P2P(ピアツーピア)のシステムは未来への道だ』と語っています。

インターネットでビットコインを配ったのは「ピアツーピアシステムが未来への道だ」と思うからです。私たちは慈善活動を分散化してP2Pにしました。私は新たな分野を活発化させるためにお金を使っています。是非あなたも参加してください。

Pulte氏が寄付を行なっている人々の中には「障害を患っている退役軍人・ガン患者・ホームレスの家族・教育用品を購入するお金を有していない教師」などが含まれています。同氏はTwitterを介して寄付を行うことによって「寄付がどれだけ簡単であるか」を人々に示すことができると述べており、『お金がないのであれば、優しさや愛を与えよう』と語っています。

もしお金がなければ親切にしてください。優しさがなければ愛を与えてください。愛がなければ、自分自身を愛することから始めましょう。あなたは自分の中にある魔法のような何かに気づくでしょう、そしてそれは世界を変えることができます。

世界中の人々に対して即座にお金を送ることができる仮想通貨は、すでに様々な慈善活動で活用されており、実際に従来の方法よりもはるかに効率的に寄付・募金ができることも複数の事例で証明されているため、今後も慈善活動に仮想通貨を活用するケースは増加していくことになると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

フィンテック関連の規制推進に向けスイスと協力|イスラエルは次のクリプトバレーへ

フィンテック関連の規制推進に向けスイスと協力|イスラエルは次のクリプトバレーへ

2019年2月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

2019年2月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

ビットコイン、半減期6ヶ月後には「大幅回復」か|新規投資家も増加傾向

ビットコイン、半減期6ヶ月後には「大幅回復」か|新規投資家も増加傾向

ビットコインキャッシュ(BCH)の先物取引が可能に|英国仮想通貨取引所

ビットコインキャッシュ(BCH)の先物取引が可能に|英国仮想通貨取引所

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引サービスの「取引手数料」変更へ

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引サービスの「取引手数料」変更へ

リップル(XRP)先物取引「近日公開」の可能性|機関投資家の参入を促進:Huobi Global

リップル(XRP)先物取引「近日公開」の可能性|機関投資家の参入を促進:Huobi Global

注目度の高い仮想通貨ニュース

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

アメリカ宇宙軍(USSF)ブロックチェーン企業「Xage Security」と提携

アメリカ宇宙軍(USSF)ブロックチェーン企業「Xage Security」と提携

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

SKE48のブロックチェーントレーディングカード「いきなりNFTトレカ」販売決定

SKE48のブロックチェーントレーディングカード「いきなりNFTトレカ」販売決定

ビットポイントジャパン「独自のブロックチェーン基盤」開発へ|Stake Technologiesと協力

ビットポイントジャパン「独自のブロックチェーン基盤」開発へ|Stake Technologiesと協力

XRP保有者に対するSparkエアドロップ「スナップショット撮影日」が判明:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkエアドロップ「スナップショット撮影日」が判明:Flare Networks

Huobi Japan:自由回答型の「新規上場暗号資産アンケート調査」開始

Huobi Japan:自由回答型の「新規上場暗号資産アンケート調査」開始

仮想通貨決済企業ワイレックス:多通貨対応の「Wirex Mastercard」発行へ

仮想通貨決済企業ワイレックス:多通貨対応の「Wirex Mastercard」発行へ

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す