コインチェックは匿名通貨3種類を取り扱い中止に向けて調整中

by BITTIMES

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)は、匿名性の高い仮想通貨であるモネロ(XMR)/ダッシュ(DASH)/ジーキャッシュ(ZEC)の取り扱いを打ち切る方向で調整していることが16日にわかりました。送金先を追跡できない事などから資金洗浄(マネーロンダリング)に悪用されるリスクが高いと判断したとのことです。

匿名性の仮想通貨であるモネロ/ジーキャッシュ/ダッシュは、ブロックチェーン上で送金先を把握できないため、資金洗浄に利用されやすいとされています。

またモネロに関しては「北朝鮮が外貨獲得の手段にしている」とも報道されています。

コインチェックが顧客から預かっている3種類の匿名通貨は、一定額での買い取りや厳格な本人確認の上での出金に対応する方針とのことです。

(参照元:jiji.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ジョン・マカフィーが仮想通貨ウォレット「Bitfi Wallet」を発表

ジョン・マカフィーが仮想通貨ウォレット「Bitfi Wallet」を発表

【速報】コインチェック緊急会見まとめ

【速報】コインチェック緊急会見まとめ

流出したNEMをダークウェブで取引した日本人男性が判明か

流出したNEMをダークウェブで取引した日本人男性が判明か

「Monero(モネロ)100万円突破への道」今後の価格予測2018年〜2021年版

「Monero(モネロ)100万円突破への道」今後の価格予測2018年〜2021年版

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

Weiss Ratingsが格付けを公開|ハードフォークへの懸念も

Weiss Ratingsが格付けを公開|ハードフォークへの懸念も

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨経済学を学べるオンラインコースを開始|ロンドン研究大学

仮想通貨経済学を学べるオンラインコースを開始|ロンドン研究大学

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

Bitcoin Cashで購入できる

Bitcoin Cashで購入できる"過去から来た"未来のFord Mustang

EVEN – ついにくるか?!安全で早い、全く新しい分散型仮想通貨取引所

EVEN – ついにくるか?!安全で早い、全く新しい分散型仮想通貨取引所

Bitcoin Cash(BCH)決済開始!高級品ショッピングサイト「FANCY.com」

Bitcoin Cash(BCH)決済開始!高級品ショッピングサイト「FANCY.com」

カカオ子会社「Ground X」仮想通貨プラットフォーム開始に向けて本格始動

カカオ子会社「Ground X」仮想通貨プラットフォーム開始に向けて本格始動

John McAfeeがHitBITに宣戦布告|中央集権型から分散型の時代へ

John McAfeeがHitBITに宣戦布告|中央集権型から分散型の時代へ

「LINEトークンエコノミー」発表!ブロックチェーンプラットフォームでDAppsの開発も

「LINEトークンエコノミー」発表!ブロックチェーンプラットフォームでDAppsの開発も

Googleロンドン本社でCardanoやADAの未来を語る|Charles Hoskinson

Googleロンドン本社でCardanoやADAの未来を語る|Charles Hoskinson

Elon Muskがイーサリアムの詐欺ボット技術に関心|Vitalik氏は失望

Elon Muskがイーサリアムの詐欺ボット技術に関心|Vitalik氏は失望

Blockchainで知的財産権保護|Baidu「Totem」詳細情報公開が迫る

Blockchainで知的財産権保護|Baidu「Totem」詳細情報公開が迫る

ORBS(オーブス)共同創設者インタビュー|今後の展望【BITTIMES独占】

ORBS(オーブス)共同創設者インタビュー|今後の展望【BITTIMES独占】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す