コインセキュリティーの落とし穴

by BITTIMES   

世界中のコンピューターを繋ぐという発想の元、1969年に米国防総省の研究開発部門の主導のもと開発が進められたARPNETにAT&T社のUNIXが基盤となりインターネットが誕生。
登場した当時は、今のように瞬時に送受信がされていたわけではなく、最長翌日に届くといったケースもあり、結局は電話やファックスで、受信に至ったかどうか確認しなければいけないこともあったくらいだ。こんな昔話が全くの嘘に聞こえるくらい世界は近代化し、通貨まで仮想化している時代に突入している。
目まぐるしく近代化されている中で、犯罪もそれなりに増えてきており、一昔前のクレジットカードのフィッシングの時代を通り越してきてしまっている。今ではこの仮想通貨に対するサイバーセキュリティーのあり方に注目が寄せられており、VPNと呼ばれる仮想ネットワークが重要視されている。VPNとは世界中にあるサーバーに接続することが可能なアプリケーションで、IPアドレスが特定されることなく取引所へアクセスできるという優れものなのである。

ブロックチェーン、ハッキングに対する防衛策

ブロックチェーンのハッキング防衛策は、今日明日完結する課題ではないようである。 登場当初は、今までのネットショッピングと変わらない「IDとパスワード」方式であったが、 このやり方では簡単にハッキングされてしまう。

これを防衛する策の一つとして「マルチシグ」が誕生した。マルチシグとは、複数の秘密鍵(*1)を複数の場所に保管する仕組みになっている。これを利用することによって、ハッカーが複数の端末に侵入しなければならなくなり、簡単には取引所に保管してある仮想通貨が持ち出せないというわけだ。
(*1)秘密鍵:ID やパスワードを利用して個人情報を守る鍵

しかし、この方法においても落とし罠があることも確かである。

マルチシグの落とし罠

通常マルチシグの「2 of 3」方式では3つの鍵が設定されていて、このなかの2つの鍵が一致すれば認証される。もう一つの1つは仮想取引所で保管されており、残りの2つは個人が管理するという方式である。

落とし穴はここである。

この2つの秘密鍵を個人が保有する1つの端末で管理してしまうと、この方法が無意味となってしまう。端末が1つともなってしまうと、ハッカーが侵入しやすくなってしまうからだ。その他にも取引上に保管してある残りの1つの鍵が盗まれてしまうことで、セキュリティーレベルが落ちてしまうのである。
これを防ぐためには、「コールドウォレット」を利用したさらなる対策も必要である。

2つのウォレット

ウォレットには「ホットウォレット」と「コールドウォレット」がある。

ホットウォレットとは、インターネットに常に回線が繋がれている馴染みがある方法で、通貨の売買がリアルタイムで行える、通貨保持者には使い勝手の良いものである。
取引所が提供している、アプリなどを利用して取引を行うのもこれなのだが、ハッカーが大好物の方法の1つでもある。

コールドウォレットとは、インターネットに繋がれていないUSBや書面など個別に秘密鍵を保管する方法である。これによりハッカーの侵入を防ぐことが可能ともいわれている。
ただし、紛失してしまったら最後。だれもアクセスすることができなくなってしまいます。

近代的な取引には近代的な安全対策が必要不可欠

仮想通貨と仮想ネットワークは、セットで考えてみるのが1番良いのかもしれない。
VPNを利用することで、ハッカー達が通信データを盗難することを免れることが可能なだけではなく、所在地をあやふやにすることも可能であるからである。これにより人的においてもセキュリティー対策がとれるといえてしまう。
このVPNと他の利用方法を組み合わせることで、快適に通貨の取引を行うことができるということなのである。


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GCOXのトークン、ACMトークンがついに上場へ!

GCOXのトークン、ACMトークンがついに上場へ!

カンヌ映画祭でbitcoinドキュメンタリーの制作権利を取得|Blockchain Media Company

カンヌ映画祭でbitcoinドキュメンタリーの制作権利を取得|Blockchain Media Company

仮想通貨交換所ELQUIREX「ウォレット・投資オプション」の機能を追加

仮想通貨交換所ELQUIREX「ウォレット・投資オプション」の機能を追加

Bybit Games:世界最大級のトレードバトル「BTC Brawl」開催へ【最大賞金1億円】

Bybit Games:世界最大級のトレードバトル「BTC Brawl」開催へ【最大賞金1億円】

【楽天ペイ】牛丼チェーン「吉野家」全1,179店舗に対応

【楽天ペイ】牛丼チェーン「吉野家」全1,179店舗に対応

JR渋谷駅前広告に「AQUA Labs(アクアラブズ)」がフューチャーされました

JR渋谷駅前広告に「AQUA Labs(アクアラブズ)」がフューチャーされました

注目度の高い仮想通貨ニュース

Libra協会:投資会社「Blockchain Capital」が新メンバーとして参加

Libra協会:投資会社「Blockchain Capital」が新メンバーとして参加

ビットポイントジャパン:暗号資産「BAT」正式に取扱い開始

ビットポイントジャパン:暗号資産「BAT」正式に取扱い開始

BINANCE:ADA・LINKの「四半期先物取引サービス」拡大へ

BINANCE:ADA・LINKの「四半期先物取引サービス」拡大へ

タイムチケットの仮想通貨タイムコイン(TMCN)「BitForex」上場決定

タイムチケットの仮想通貨タイムコイン(TMCN)「BitForex」上場決定

ブロックチェーン用いた「オンライン映画祭」開催へ:Moviebloc×京畿映画学校連盟

ブロックチェーン用いた「オンライン映画祭」開催へ:Moviebloc×京畿映画学校連盟

ブロックチェーン用いた「EV・PHEVのCO2排出削減量記録システム」開発:A.L.I.×ユビ電

ブロックチェーン用いた「EV・PHEVのCO2排出削減量記録システム」開発:A.L.I.×ユビ電

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月16日〜22日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月16日〜22日

スイス・ツーク州「仮想通貨による納税」が可能に|2021年からBTC・ETH受け入れ

スイス・ツーク州「仮想通貨による納税」が可能に|2021年からBTC・ETH受け入れ

韓国3位の暗号資産取引所「コインビット」取引量の99%水増しか

韓国3位の暗号資産取引所「コインビット」取引量の99%水増しか

BINANCE:トルコ向けの暗号資産取引所「Binance TR」公開

BINANCE:トルコ向けの暗号資産取引所「Binance TR」公開

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

LINE「LINK Rewards Program」提供開始|LINKリワードが貰えるキャンペーンも開催

LINE「LINK Rewards Program」提供開始|LINKリワードが貰えるキャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す