金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

by BITTIMES

金融庁は大手仮想通貨取引所Binance(バイナンス)に対して、改正資金決済法に基づく警告を出す方針であることが3月22日の日本経済新聞の報道で明らかになりました。

金融庁は、香港に本社を置く仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が、無登録のまま日本で営業しているため、投資家が損害を被る恐れがあると判断したとのことです。

バイナンスが営業をやめなかった場合は、警察当局などと連携して刑事告発するとされており、無登録業者を監視することで、違法行為を摘発し仮想通貨の健全な取引環境を整える狙いであるとのことです。

金融庁は、バイナンスが日本人が口座開設をする際に、本人確認を行なっていなかった事や、匿名性の高い複数の仮想通貨を取り扱いながらもマネーロンダリング(資金洗浄)対策がされていないとみられることなどを問題視しています。

今後は、どのように日本人の顧客に対して返還手続きを行うかが焦点となります。

金融庁が海外の無登録業者に警告を出すのは今回で2回目であり、2月にもマカオに本社を置くブロックチェーンラボラトリーに警告を出しています。

(引用元:日本経済新聞

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットアルゴ取引所は日本経済新聞の報道内容を否定

ビットアルゴ取引所は日本経済新聞の報道内容を否定

ビットコイン暴落後の反発で現在80万円台、今後は?

ビットコイン暴落後の反発で現在80万円台、今後は?

仮想通貨取引所Binanceで利用者のAPIハッキングか?

仮想通貨取引所Binanceで利用者のAPIハッキングか?

ロシアの投資家がGoogleの仮想通貨広告の禁止を訴訟

ロシアの投資家がGoogleの仮想通貨広告の禁止を訴訟

シンガポール中銀、ブロックチェーンや暗号通貨に前向き

シンガポール中銀、ブロックチェーンや暗号通貨に前向き

タイで初めての仮想通貨関連の規制草案が発表される

タイで初めての仮想通貨関連の規制草案が発表される

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

Googleは独自のブロックチェーン技術を開発している?

Googleは独自のブロックチェーン技術を開発している?

SIRIN LABS Token(SRN)とは?|特徴や購入方法

SIRIN LABS Token(SRN)とは?|特徴や購入方法

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

仮想通貨取引所に大きな変化?|GMOコイン驚きの黒字額は?

仮想通貨取引所に大きな変化?|GMOコイン驚きの黒字額は?

インターネット不要|CoinTextのベータ版がリリース

インターネット不要|CoinTextのベータ版がリリース

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す