金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

by BITTIMES

金融庁は大手仮想通貨取引所Binance(バイナンス)に対して、改正資金決済法に基づく警告を出す方針であることが3月22日の日本経済新聞の報道で明らかになりました。

金融庁は、香港に本社を置く仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が、無登録のまま日本で営業しているため、投資家が損害を被る恐れがあると判断したとのことです。

バイナンスが営業をやめなかった場合は、警察当局などと連携して刑事告発するとされており、無登録業者を監視することで、違法行為を摘発し仮想通貨の健全な取引環境を整える狙いであるとのことです。

金融庁は、バイナンスが日本人が口座開設をする際に、本人確認を行なっていなかった事や、匿名性の高い複数の仮想通貨を取り扱いながらもマネーロンダリング(資金洗浄)対策がされていないとみられることなどを問題視しています。

今後は、どのように日本人の顧客に対して返還手続きを行うかが焦点となります。

金融庁が海外の無登録業者に警告を出すのは今回で2回目であり、2月にもマカオに本社を置くブロックチェーンラボラトリーに警告を出しています。

(引用元:日本経済新聞

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「仮想通貨関連の調査で金融庁に圧力」疑惑の真相|野田聖子総務相NEW

「仮想通貨関連の調査で金融庁に圧力」疑惑の真相|野田聖子総務相

中国人民銀行の本音、彼らはなぜビットコインを規制したいのか?

中国人民銀行の本音、彼らはなぜビットコインを規制したいのか?

仮想通貨取引のルール強化!インサイダー規制に続き業務改善命令も

仮想通貨取引のルール強化!インサイダー規制に続き業務改善命令も

John McAfee「ICOにはもう一切関与しない」マカフィー砲封印か

John McAfee「ICOにはもう一切関与しない」マカフィー砲封印か

Binanceは地中海のマルタ島に拠点を開設予定

Binanceは地中海のマルタ島に拠点を開設予定

Binanceがハッカーの資金を凍結しチャリティーに寄付

Binanceがハッカーの資金を凍結しチャリティーに寄付

注目度の高い仮想通貨ニュース

ヴィタリックVSアップル「仮想通貨への対応は理解できない」

ヴィタリックVSアップル「仮想通貨への対応は理解できない」

カンヌ映画祭でbitcoinドキュメンタリーの制作権利を取得|Blockchain Media Company

カンヌ映画祭でbitcoinドキュメンタリーの制作権利を取得|Blockchain Media Company

発足後2ヶ月で仮想通貨協会の副会長2名が辞任|これまでの経緯と今後の影響は?

発足後2ヶ月で仮想通貨協会の副会長2名が辞任|これまでの経緯と今後の影響は?

Blockchainで知的財産権保護|Baidu「Totem」詳細情報公開が迫る

Blockchainで知的財産権保護|Baidu「Totem」詳細情報公開が迫る

仮想通貨×スポーツまとめ:ブロックチェーンで激変する業界とビジネス

仮想通貨×スポーツまとめ:ブロックチェーンで激変する業界とビジネス

Microsoftがブロックチェーンを著作権問題に活用|幅広い分野への導入を目指す

Microsoftがブロックチェーンを著作権問題に活用|幅広い分野への導入を目指す

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

coinbase:初の「公認仮想通貨取引所」有価証券トークンの取扱が可能に

coinbase:初の「公認仮想通貨取引所」有価証券トークンの取扱が可能に

ジョン・マカフィー「ICO推薦者は逮捕されろ」発言後に毒殺されかける

ジョン・マカフィー「ICO推薦者は逮捕されろ」発言後に毒殺されかける

リトアニアの仮想通貨ブームの裏で犯罪組織が活発化

リトアニアの仮想通貨ブームの裏で犯罪組織が活発化

仮想通貨×サッカーまとめ|ブロックチェーンに魅了される選手たち

仮想通貨×サッカーまとめ|ブロックチェーンに魅了される選手たち

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す