任意の仮想通貨・法定通貨を「リアルタイム交換」決済技術で特許取得:Square

by BITTIMES   

Twitterの創設者であるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏がCEOを務めていることでも知られる米国の決済企業「Square(スクエア)」が、"任意の仮想通貨と法定通貨をリアルタイムに交換することができる決済サービス"に関する特許を取得したことが明らかになりました。

こちらから読む:Bakktアプリ、"デジタル証券"にも対応か「仮想通貨」関連ニュース

利用通貨を選択できる「仮想通貨決済ネットワーク」

米国特許商標庁(USPTO)が2020年1月21日に公開した資料には、米国の決済企業「Square(スクエア)」が申請した"仮想通貨決済ネットワーク"に関する詳しい説明が記されています。

この技術は、支払いを行う際に送金者と受信者の両方が「任意の法定通貨または仮想通貨」を選択することができるようになっており、支払い・受け取り手段が選択されるとリアルタイムで支払いが実行され、「送金者側が選択した通貨」が「受信者側が選択した通貨」へと自動的に変換される仕組みとなっています。

このシステムは法定通貨と仮想通貨の両方に対応しているため、「商品購入者が"ビットコイン"で支払いを行い、店舗側が"ドル"でお金を受け取る」といった支払い方法が様々な通貨の組み合わせで実行できるようになると伝えられています。

「仮想通貨で支払われたお金を法定通貨に変換する」という決済サービスはすでに複数存在していますが、Squareの特許技術は「使用する通貨・変換する通貨を自由に選択できる」という点でその他のサービスにはないメリットを提供しています。

自由度の高い「新たな決済手段」に期待

この技術が実用化された際にどのような通貨が選択できるようになるかは今のところ定かではないものの、公開された書類には「この技術で使用される通貨の中には"各国の法定通貨"と"様々な仮想通貨"が含まれること」が説明されているため、自由度の高い新しい決済手段が実現すると期待されます。

Square社はこの技術がもたらす利点として、
・リアルタイム決済や自動取引を促進できること
・顧客が任意の通貨で支払えるようになること
・商人が任意の通貨で支払いを受け取れること
・仮想通貨決済に伴う様々なリスクを排除・削減できること
・仮想通貨取引にかかる長い送金時間を短縮できること
・匿名取引などといった仮想通貨の利点を享受できること
などを挙げています。

また、今後はこの支払いシステムで「証券・デリバティブ・債権」などの資産もサポートしていく予定だとされているため、実際にこの技術が実用化されれば支払いのあり方が大きく変わることになると予想されます。

Squareの仮想通貨部門は先日、ビットコイン関連の開発者向けプロダクト「ライトニング・デベロップメント・キット(Lightning Development Kit/LDK)」も発表しているため、同社の今後の取り組みには期待が高まります。

>>「米国特許商標庁」が公開した書類はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

ビットコイン「大幅な価格変動」は近い?著名アナリストが語る上昇・下落予想

ビットコイン「大幅な価格変動」は近い?著名アナリストが語る上昇・下落予想

スヌープ・ドッグ氏:カルダノ基盤のNFT発行へ「Clay Nation」と提携

スヌープ・ドッグ氏:カルダノ基盤のNFT発行へ「Clay Nation」と提携

Socios.com:スペイン・プロサッカーリーグ「LaLiga(ラ・リーガ)」と提携

Socios.com:スペイン・プロサッカーリーグ「LaLiga(ラ・リーガ)」と提携

Coinbase:イーサリアムのL2ネットワーク「Base」を発表

Coinbase:イーサリアムのL2ネットワーク「Base」を発表

仮想通貨取引所BTCEX「サービス停止」を発表|利用者は期日までに出金手続きを

仮想通貨取引所BTCEX「サービス停止」を発表|利用者は期日までに出金手続きを

注目度の高い仮想通貨ニュース

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す