ビットコインは「糞コイン」ジョン・マカフィーが猛烈批判|価格は100万円台で安定

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格が「2020年末に1億円に達する」と語っていたことで知られるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は今やその予想を覆しており、現在は「ビットコインは本物のShitCoin(シットコイン)だ」と語っています。

こちらから読む:NASDAQ、BTC先物取引を検討「ビットコイン」関連ニュース

アルトコインに「機能面で劣る」ビットコイン

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は長い間『ビットコイン価格は2020年末までに100万ドル(約1億円)に達する』と語っていましたが、今月6日のツイートではこれらの発言が「新規ユーザーを集めるための策略だった」ということが明かされています。

機能的な面を考慮した「ビットコインがその他のアルトコインに劣る」と考えているマカフィー氏は、2020年1月29日のツイートで『ビットコインは真のシットコイン(*1)だ』と発言しています。
(*1)シットコイン:将来的に投機的価値が見出されない低価値・無価値の仮想通貨を総称する呼び方

ビットコイン至上主義の人々は、その他すべてのコインに対して「シットコイン」という言葉を思いつきました。

見事な表現でした。

しかし、仮想通貨の未来がアルトコインにかかっていることは今や誰でも知っています。

ビットコインは古くてダサい上に、セキュリティ・スマートコントラクト・分散型アプリもありません。

これこそ真のシットコインです。

マカフィー氏はビットコインの欠点として「技術的に古いこと」や「スマートコントラクト分散型アプリケーション(DApp)などの機能を有していないこと」をあげており、『ビットコインは仮想通貨業界の"Hotmail(*2)"だ』と語っています。
(*2)Hotmail(ホットメール):MSNが提供していたWebメールサービスで。以前は多くの人々に利用されていたが、後継サービスなどに移行した後に最終的にはサービスとしてのHotmailは事実上終了した。

仮想通貨やブロックチェーン技術は世界中で活用され始めているため、現在はビットコインを含めた多くの仮想通貨が注目を集めていますが、実際にビットコインは企業やサービスなどで広く活用されている「スマートコントラクト」や「DApps」などの機能を備えておらず、1秒間に処理できる取引量もその他の技術に比べて非常に少ないという問題も抱えているため、最終的にビットコインが時代遅れになる可能性はあると考えられます。

仮想通貨業界では「ビットコインが価値の保存手段として機能すること」を期待する意見が多く出ていますが、実用性の面で考えると、最終的に世界中で広く利用される仮想通貨はビットコイン以外のアルトコインになる可能性もあると言えるでしょう。

2020年1月30日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先月18日に71万円付近まで下落して以降は徐々に回復してきており、先日29日には再び100万円のラインを突破しました。その後は102万円台まで回復したものの、現在はやや下落しており、2020年1月30日時点では「1BTC=1,008,367円」で取引されています。

2019年12月1日〜2020年1月30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月1日〜2020年1月30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NIKE:イーサリアム技術で「靴をトークン化」デジタル資産売買などで特許取得

NIKE:イーサリアム技術で「靴をトークン化」デジタル資産売買などで特許取得

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

BitMEXのCEO:ビットコイン価格上昇は一時的「また底値を更新する」

BitMEXのCEO:ビットコイン価格上昇は一時的「また底値を更新する」

ビットコインが使えるお店一気に57倍へ!ビックカメラも参入決定

ビットコインが使えるお店一気に57倍へ!ビックカメラも参入決定

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

バックト:仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」開発で元Googleの重役を雇用

バックト:仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」開発で元Googleの重役を雇用

注目度の高い仮想通貨ニュース

NEM財団:Symbol(XYM)公開に向け「日本チーム」を強化

NEM財団:Symbol(XYM)公開に向け「日本チーム」を強化

仮想通貨取引所BINANCE「新型コロナウイルス被害者支援」で医療品などを寄付

仮想通貨取引所BINANCE「新型コロナウイルス被害者支援」で医療品などを寄付

通信企業「FIX Network」NEM・SymbolブロックチェーンでSIMスワップ対策

通信企業「FIX Network」NEM・SymbolブロックチェーンでSIMスワップ対策

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

Bybitアプリ体験企画!最高1000USDTボーナス!

Bybitアプリ体験企画!最高1000USDTボーナス!

インド中央銀行:最高裁判所の「仮想通貨禁止令撤回」要求に異議

インド中央銀行:最高裁判所の「仮想通貨禁止令撤回」要求に異議

【速報】コインチェック:取引所で「アルトコイン」の取り扱い開始

【速報】コインチェック:取引所で「アルトコイン」の取り扱い開始

仮想通貨取引所「BTCBOX」友達招待で500円がもらえるキャンペーン開催

仮想通貨取引所「BTCBOX」友達招待で500円がもらえるキャンペーン開催

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

デザインが変化するブロックチェーンアート「103.4ETH」で落札【Async Art】

デザインが変化するブロックチェーンアート「103.4ETH」で落札【Async Art】

BINANCE:板取引サービスで「南アフリカランド」をサポート

BINANCE:板取引サービスで「南アフリカランド」をサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す