ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

by BITTIMES   

ビットコイン強気派としても知られるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、2020年1月6日のツイートで同氏が以前から語っていた「BTC価格は2020年末までに100万ドル(約1億円)に達する」という予想が"策略"だったことを明かし、古くなったビットコインの代わりに新しい仮想通貨が台頭してくることを示唆しました。

こちらから読む:BTC価格「1億円以下は数学的に無理」マカフィー氏の強気予想

「1BTC=1億円予想」は新規ユーザー獲得の策略

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、2017年に『ビットコイン価格は2020年末までに50万ドル(約5,000万円)に達する』という非常に強気な予想を語り、もしこの予想が当たらなかった場合は『テレビで自分のペ○スを食べる』とまで発言しました。

同氏はこの予想を語った後に予想価格を倍額の「1BTC=100万ドル(約1億円)」にまで引き上げた上で、非常に強気な姿勢を維持し続けていたため、"マカフィー氏の1億円予想"は世界中で大きな注目を集めていました。

しかしながらマカフィー氏は、2020年1月6日のツイートでこの予想が"新規ユーザーを集めるための策略だった"ということを明らかにしました。

あと12ヶ月で私がペ○スを食べるって?

新規ユーザーを乗せるための策略でした。

ビットコインが最初でした。それは昔の技術です。誰もが知っています。

新しいブロックチェーンには、プライバシー・スマートコントラクト・分散型アプリなどがあります。

ビットコインは私たちの未来ですか?

モデルTは自動車の未来でしたか?

「新たな仮想通貨の台頭」を示唆

マカフィー氏は今回のツイートで「1BTC=1億円」の予想を覆しただけでなく、「ビットコインは今や"古い技術"になっている」とも語っています。同氏はビットコインを"昔の技術"と表現した一方で、新しいブロックチェーンには「プライバシー・スマートコントラクト分散型アプリ(DApps)」などの機能が備わっていると語り、イーサリアム(ETH)のような第2世代のブロックチェーンがこれから成長していくことを示唆しました。

今回のツイートで挙げられている「モデルT」とは、米国の大手自動車メーカー「Ford(フォード)」が開発した自動車のことを指しています。日本で「T型フォード」として知られいるこの自動車は1908年〜1927年までの期間で大量生産に成功したものの、改良が行われなかったことで陳腐化したことでも知られています。

マカフィー氏は「具体的にどのような仮想通貨が業界の未来を担うと考えているのか」については明らかにしていないものの、このツイートに寄せられたコメントに回答する形で、
・オススメのプライバシーコインは?→モネロ(XMR)
・オススメのスマートコントラクトは?→イーサリアム(ETH)
XRPは未来だ。→違う
と語っています。

同氏は昨年10月にイーサリアムベースの分散型取引所「McAfeeDex」を立ち上げており、その後はイーサリアムの技術を用いて複数の仮想通貨を発行する計画なども発表しているため、イーサリアムを高く評価している可能性は高いと考えられます。

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインベース:暗号資産「コンパウンド(Compound/COMP)」の取り扱い開始

コインベース:暗号資産「コンパウンド(Compound/COMP)」の取り扱い開始

コインチェック:法律改正に伴い「本人確認書類の提出方法」変更へ

コインチェック:法律改正に伴い「本人確認書類の提出方法」変更へ

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

Galaxy S10などに仮想通貨の「市場分析・価格予想」アプリを追加:SAMSUNG

Galaxy S10などに仮想通貨の「市場分析・価格予想」アプリを追加:SAMSUNG

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

ロシア地方裁判所:BINANCEウェブサイトの「ブロック解除」を決定

ロシア地方裁判所:BINANCEウェブサイトの「ブロック解除」を決定

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bakkt:米サンドイッチチェーン「Quiznos」でビットコイン決済試験導入

Bakkt:米サンドイッチチェーン「Quiznos」でビットコイン決済試験導入

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

ディセントラランド上にグローバル文化都市「メタトーキョー」構築へ:アソビシステム

ディセントラランド上にグローバル文化都市「メタトーキョー」構築へ:アソビシステム

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

NFTアート×アパレルで「進化する服」を提供|TETRAPOD APPAREL始動

NFTアート×アパレルで「進化する服」を提供|TETRAPOD APPAREL始動

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す