ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

by BITTIMES   

ビットコイン強気派としても知られるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、2020年1月6日のツイートで同氏が以前から語っていた「BTC価格は2020年末までに100万ドル(約1億円)に達する」という予想が"策略"だったことを明かし、古くなったビットコインの代わりに新しい仮想通貨が台頭してくることを示唆しました。

こちらから読む:BTC価格「1億円以下は数学的に無理」マカフィー氏の強気予想

「1BTC=1億円予想」は新規ユーザー獲得の策略

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、2017年に『ビットコイン価格は2020年末までに50万ドル(約5,000万円)に達する』という非常に強気な予想を語り、もしこの予想が当たらなかった場合は『テレビで自分のペ○スを食べる』とまで発言しました。

同氏はこの予想を語った後に予想価格を倍額の「1BTC=100万ドル(約1億円)」にまで引き上げた上で、非常に強気な姿勢を維持し続けていたため、"マカフィー氏の1億円予想"は世界中で大きな注目を集めていました。

しかしながらマカフィー氏は、2020年1月6日のツイートでこの予想が"新規ユーザーを集めるための策略だった"ということを明らかにしました。

あと12ヶ月で私がペ○スを食べるって?

新規ユーザーを乗せるための策略でした。

ビットコインが最初でした。それは昔の技術です。誰もが知っています。

新しいブロックチェーンには、プライバシー・スマートコントラクト・分散型アプリなどがあります。

ビットコインは私たちの未来ですか?

モデルTは自動車の未来でしたか?

「新たな仮想通貨の台頭」を示唆

マカフィー氏は今回のツイートで「1BTC=1億円」の予想を覆しただけでなく、「ビットコインは今や"古い技術"になっている」とも語っています。同氏はビットコインを"昔の技術"と表現した一方で、新しいブロックチェーンには「プライバシー・スマートコントラクト分散型アプリ(DApps)」などの機能が備わっていると語り、イーサリアム(ETH)のような第2世代のブロックチェーンがこれから成長していくことを示唆しました。

今回のツイートで挙げられている「モデルT」とは、米国の大手自動車メーカー「Ford(フォード)」が開発した自動車のことを指しています。日本で「T型フォード」として知られいるこの自動車は1908年〜1927年までの期間で大量生産に成功したものの、改良が行われなかったことで陳腐化したことでも知られています。

マカフィー氏は「具体的にどのような仮想通貨が業界の未来を担うと考えているのか」については明らかにしていないものの、このツイートに寄せられたコメントに回答する形で、
・オススメのプライバシーコインは?→モネロ(XMR)
・オススメのスマートコントラクトは?→イーサリアム(ETH)
XRPは未来だ。→違う
と語っています。

同氏は昨年10月にイーサリアムベースの分散型取引所「McAfeeDex」を立ち上げており、その後はイーサリアムの技術を用いて複数の仮想通貨を発行する計画なども発表しているため、イーサリアムを高く評価している可能性は高いと考えられます。

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)Shelleyテストネットの「第1段階」を完了|ステーキングに関する続報も

カルダノ(ADA)Shelleyテストネットの「第1段階」を完了|ステーキングに関する続報も

POSデバイスに「ビットコイン決済機能」を導入|ブラジル最大の決済プロバイダーCielo

POSデバイスに「ビットコイン決済機能」を導入|ブラジル最大の決済プロバイダーCielo

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

イーサリアムトークンで予測ゲームに「報酬機能」追加へ:NBAサクラメントキングス

イーサリアムトークンで予測ゲームに「報酬機能」追加へ:NBAサクラメントキングス

限定アイテムが貰える!ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」GMOコインとコラボ企画開催

限定アイテムが貰える!ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」GMOコインとコラボ企画開催

Bakkt:ビットコイン先物のテスト「7月開始予定」と発表|BTC価格、90万円台迫る

Bakkt:ビットコイン先物のテスト「7月開始予定」と発表|BTC価格、90万円台迫る

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月19日〜25日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月19日〜25日

Libra協会:独立した「技術運営委員会」を設立|専門家チームで開発・設計を監督

Libra協会:独立した「技術運営委員会」を設立|専門家チームで開発・設計を監督

BITMAX:XRPがもらえる「仮想通貨買ってみようキャンペーン2020」開催

BITMAX:XRPがもらえる「仮想通貨買ってみようキャンペーン2020」開催

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月5日〜11日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月5日〜11日

2019年、主要仮想通貨の「投資収益率」は?その他金融商品との比較も

2019年、主要仮想通貨の「投資収益率」は?その他金融商品との比較も

日本STO協会に「SMBC日興証券」と「みずほ証券」が新規加盟

日本STO協会に「SMBC日興証券」と「みずほ証券」が新規加盟

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

Libra協会から携帯電話大手「Vodafone」が離脱

Libra協会から携帯電話大手「Vodafone」が離脱

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「先物取引」提供開始

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「先物取引」提供開始

Twitter:投げ銭アプリ「XRP TipBot」アカウントを凍結

Twitter:投げ銭アプリ「XRP TipBot」アカウントを凍結

分散型求人検索エンジン「LinkedUp」テスト運用開始:仮想通貨スタートアップDfinity

分散型求人検索エンジン「LinkedUp」テスト運用開始:仮想通貨スタートアップDfinity

仮想通貨ICO・IEO関連の「新たなガイドライン」公開:マレーシア規制当局

仮想通貨ICO・IEO関連の「新たなガイドライン」公開:マレーシア規制当局

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す