メルセデス・ベンツ:ブロックチェーンで「コバルト」の生産情報管理

by BITTIMES   

大手自動車メーカーである「Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)」は、イギリスのブロックチェーンスタートアップ企業である「Circulor(サーキュラー)」と協力して、バッテリーに使用するコバルトのサプライチェーン管理を行い、CO2排出量の記録を効率的に管理するためのプロジェクトに取り組んでいます。

こちらから読む:近鉄など5社、"デジタル乗車券"発行へ「ブロックチェーン」関連ニュース

「リサイクル材料・CO2排出量」などを追跡

Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)とCirculor(サーキュラー)は、コバルトサプライチェーンにおけるCO2(二酸化炭素)排出量に透明性をもたらすためのパイロットプロジェクトに取り組んでいます。

Daimler AG(ダイムラー)が2020年1月30日に公開したプレスリリースによると、このプロジェクトは次世代自動車の特定を目指す「Startup Autobahn」と呼ばれるイニシアチブの一環として行われており、具体的には自動車のバッテリーなどで使用する"コバルト"のサプライチェーンをブロックチェーンで管理することによって、リサイクル材料やガス排出量を追跡すると説明されています。

メルセデスベンツは20年以内に「カーボンニュートラル(*1)な新しい乗用車」を製造することを目指しており、今回発表されたテストプロジェクトで収集されたデータはこの目標を実現するためにも活用されることになっています。
(*1)カーボンニュートラル:特定の活動が大気中の炭素量を増加させないこと。「何かを生産したりする際に排出される二酸化炭素」と「吸収される二酸化炭素量」が同じであるという概念

「児童労働問題」などにも対処

「メルセデス・ベンツ」と「サーキュラー」が使用するブロックチェーンネットワークは「労働条件・人権・環境保護・安全性・企業論理・コンプライアンス」などに関する情報を確認するためにも活用されると説明されています。リチウムイオン電池を製造するために使用されるコバルトの大部分はコンゴ民主共和国で生産されていますが、コンゴでは非常に多くの子どもたちが過酷な労働環境の中で働かされているため国際的な問題となっていました。

ダイムラーとベンツは、コバルトの生産情報をブロックチェーン上で管理することによって、関連企業が"非論理的"な活動を行なっていないかを監視し、このような問題を解決することを目指しています。

自動車業界では、ブロックチェーン技術でコバルトのサプライチェーン管理を行う企業が増えてきており、
Volkswagen(フォルクスワーゲン)
Ford(フォード)
VOLVO(ボルボ)
なども同様のプロジェクトを発表しています。

またその他の企業では「自動車部品のサプライチェーン管理」などでもブロックチェーン技術が活用されているため、近い将来にはブロックチェーン技術を用いたサプライチェーン管理が世界的に主流になっていくことになると予想されます。

>>「ダイムラー」のプレスリリースはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Madonna:Rippleと協力して慈善活動「アフリカの子供たちに愛を」

Madonna:Rippleと協力して慈善活動「アフリカの子供たちに愛を」

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

SegWit2xが抱える11の問題とは?

SegWit2xが抱える11の問題とは?

スニーカーショップ「atmos」ブロックチェーン活用したRFIDタグを試験導入

スニーカーショップ「atmos」ブロックチェーン活用したRFIDタグを試験導入

HuobiがDAO(自律分散型組織)に向け本格始動

HuobiがDAO(自律分散型組織)に向け本格始動

韓国Kakaoの暗号資産ウォレットで「デジタル会員証」発行へ:Angel League

韓国Kakaoの暗号資産ウォレットで「デジタル会員証」発行へ:Angel League

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年7月ニュースレター

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年7月ニュースレター

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

コインチェック:合計400名様に1万円分のPLTが当たる「2大キャンペーン」開始

コインチェック:合計400名様に1万円分のPLTが当たる「2大キャンペーン」開始

SEBC:ビットコインの相談窓口「実店舗」を渋谷道玄坂に8月オープン【日本初】

SEBC:ビットコインの相談窓口「実店舗」を渋谷道玄坂に8月オープン【日本初】

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す