VOLVO(ボルボ)ブロックチェーンで「再利用コバルト」のサプライチェーン管理

by BITTIMES

中国の「中国浙江吉利控股集団(ジーリー・ホールディングス)」の傘下に属するスウェーデンの大手自動車メーカー「VOLVO(ボルボ)」が、ブロックチェーン技術を用いて生産情報などを追跡できるようにした"再利用コバルト"を用いた初の電気自動車(EV)を製造したことが明らかになりました。

こちらから読む:東大・京大が"Ripple社"と提携「ブロックチェーン」関連ニュース

完全な透明性とトレーサビリティを実現

VOLVO(ボルボ)が新しく生産している電気自動車(EV)には、ブロックチェーン技術で追跡することができる"リサイクルコバルト"が使用されていると伝えられています。

コバルトは電気自動車のリチウムイオン電池に使用される主要なレアメタルであるため、電気自動車を製造している企業にとって重要な存在となっています。しかし、コバルトの生産量の大半を占めているコンゴ共和国には「児童労働」という重要な問題があるため、コバルトのサプライチェーンを追跡することは電気自動車メーカーでも取り組むべき重要な問題の一つとなっています。

ブロックチェーン技術を用いてコバルトの生産情報を追跡できるようにすれば、自社で使用しているコバルトが健全な環境で採掘されたものであることを証明することができます。

VOLVOは『ブロックチェーン技術を使用して2ヶ月間に渡って中国のリサイクル工場から浙江省の工場までコバルトを追跡した』と述べており、この技術を使用することによって完全な透明性とトレーサビリティを提供することができると説明しています。

同社は「FordIBM・LG Chem・浙江華陽コバルト」などの企業と協力しながら、サプライチェーン管理のためのプラットフォームやソリューションなどを提供している「RCS Global」によって監督されているブロックチェーンプロジェクトに参加しています。

自動車業界では、これまでにも複数の大手企業がブロックチェーンでコバルトの情報を追跡し始めたことを発表しており、Ford(フォード)やVolkswagen(フォルクスワーゲン)も同様の報告を行なっています。自動車メーカーはそれぞれが様々な分野でブロックチェーン技術を活用していますが、製品のサプライチェーン管理にブロックチェーン技術を用いることは徐々に一般的になってきています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スイスのDLT関連法案「Cardano・Algorand」を有望なブロックチェーンと評価

スイスのDLT関連法案「Cardano・Algorand」を有望なブロックチェーンと評価

ボーイング:ブロックチェーン活用した空域管理プラットフォーム「SkyGrid」を発表

ボーイング:ブロックチェーン活用した空域管理プラットフォーム「SkyGrid」を発表

ハワイ:暗号資産関連企業「12社」の運営を許可|規制サンドボックス制度を適用

ハワイ:暗号資産関連企業「12社」の運営を許可|規制サンドボックス制度を適用

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

リップル(XRP)が「4,500以上のオンラインストア」で利用可能に:CoinGate

リップル(XRP)が「4,500以上のオンラインストア」で利用可能に:CoinGate

ブロックチェーン認証された「ジャージ・ユニフォーム」を導入:ACFフィオレンティーナ

ブロックチェーン認証された「ジャージ・ユニフォーム」を導入:ACFフィオレンティーナ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

トルコ「暗号資産の決済利用」禁止へ|2021年4月30日から新規制導入

トルコ「暗号資産の決済利用」禁止へ|2021年4月30日から新規制導入

ビットコイン決済で「保険料の支払い」が可能に:スイス保険大手AXA Switzerland

ビットコイン決済で「保険料の支払い」が可能に:スイス保険大手AXA Switzerland

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す