人気のイーサリアムウォレット「MetaMask」ユーザー数100万人を突破

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)関連の仮想通貨やトークンを保管することができる人気のウォレット「MetaMask(メタマスク)」のユーザー数が100万人を突破したことが明らかになりました。最近ではETHのトランザクション数も増加し始めています。

こちらから読む:BINANCE、Liskのステーキングサービス提供か「仮想通貨」関連ニュース

ETHトランザクション数は数週間で「2倍」に

MetaMask(メタマスク)は、イーサリアム関連の仮想通貨やトークンを保管することができる人気のウォレットであり、分散型アプリケーション(DApps)分散型取引所(DEX)などのサービスを利用している人々に広く利用されています。

ETH価格は昨年末頃から順調に回復を続けていますが、MetaMaskのユーザー数も順調に増加し続けており、メタマスクの拡張機能をインストールすることができる「chrome web store」には、記事執筆時点でメタマスクのユーザー数が「1,033,484人」に達していることが記されています。

(画像:chrome web store)(画像:chrome web store)

また、2020年1月末に400,000件近くまで落ち込んでいたトランザクション数も過去数週間の間で約2倍近くまで増加し、800,000件まで増加しているため、ETHの取引が活発化してきていることがわかります。

(画像:etherscan.io)(画像:etherscan.io

イーサリアムの特徴の一つであるスマートコントラクトの機能を備えた仮想通貨は過去数年間で非常に多く誕生しましたが、依然としてイーサリアムは時価総額ランキング2位の立場を維持し続けており、世界中の様々なプロジェクトでイーサリアムの技術が活用されています。

日本国内でリリースされている人気の href="https://bittimes.net/tag/game">ゲーム系DAppsもほとんどがイーサリアムを基盤として構築されており、ゲームをプレイするためのウォレットとして「MetaMask」が使用されているため、今後もイーサリアムやメタマスクのユーザー数は増加を続けることになると予想されます。

>>「MetaMask」の公式サイトはこちら

2020年2月16日|イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は昨年末頃から順調に回復してきており、先日15日には31,000付近まで回復したものの、現在はやや下落傾向が見られており、2020年2月16日時点では「1ETH=29,822円」で取引されています。

2020年1月17日〜2020年2月16日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2020年1月17日〜2020年2月16日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本初の地方自治体ICO計画が岡山県西粟倉村から始まる

日本初の地方自治体ICO計画が岡山県西粟倉村から始まる

c0ban取引所:最大2022RYOが当たる「新年ダブルチャンスキャンペーン」開始

c0ban取引所:最大2022RYOが当たる「新年ダブルチャンスキャンペーン」開始

クリプトゲームズ:ブロックチェーンカードゲームの「開発支援」を開始

クリプトゲームズ:ブロックチェーンカードゲームの「開発支援」を開始

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

テゾス(Tezos/XTZ)F1チーム「Red Bull Racing Honda」と提携|初のNFT発行へ

テゾス(Tezos/XTZ)F1チーム「Red Bull Racing Honda」と提携|初のNFT発行へ

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI VCトレード(旧TAOTAO)「暗号資産積立サービス」提供開始|主要通貨3銘柄に対応

SBI VCトレード(旧TAOTAO)「暗号資産積立サービス」提供開始|主要通貨3銘柄に対応

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

完全無料のNFT発行サービス「nfnfNFTer」Polygon・Binance Smart Chainに対応

完全無料のNFT発行サービス「nfnfNFTer」Polygon・Binance Smart Chainに対応

ビットポイント「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも

ビットポイント「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

子供やペットとの思い出を「NFT化してメタバース展示」OwlTing×MomentX

子供やペットとの思い出を「NFT化してメタバース展示」OwlTing×MomentX

日本暗号資産ビジネス協会「2022年の年頭所感」発表|税制・規制面の問題点にも言及

日本暗号資産ビジネス協会「2022年の年頭所感」発表|税制・規制面の問題点にも言及

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

4周年を迎えた暗号資産取引所「CoinEx」過去・現在、そして未来を探る

4周年を迎えた暗号資産取引所「CoinEx」過去・現在、そして未来を探る

Huobi Japan「iOS・Androidアプリ」をリニューアル|複数の新機能追加

Huobi Japan「iOS・Androidアプリ」をリニューアル|複数の新機能追加

Socios.com:米ニューヨークのスポーツ持株会社「MSG Sports」と提携|NHL・NBA提携を拡大

Socios.com:米ニューヨークのスポーツ持株会社「MSG Sports」と提携|NHL・NBA提携を拡大

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す