人気のイーサリアムウォレット「MetaMask」ユーザー数100万人を突破

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)関連の仮想通貨やトークンを保管することができる人気のウォレット「MetaMask(メタマスク)」のユーザー数が100万人を突破したことが明らかになりました。最近ではETHのトランザクション数も増加し始めています。

こちらから読む:BINANCE、Liskのステーキングサービス提供か「仮想通貨」関連ニュース

ETHトランザクション数は数週間で「2倍」に

MetaMask(メタマスク)は、イーサリアム関連の仮想通貨やトークンを保管することができる人気のウォレットであり、分散型アプリケーション(DApps)分散型取引所(DEX)などのサービスを利用している人々に広く利用されています。

ETH価格は昨年末頃から順調に回復を続けていますが、MetaMaskのユーザー数も順調に増加し続けており、メタマスクの拡張機能をインストールすることができる「chrome web store」には、記事執筆時点でメタマスクのユーザー数が「1,033,484人」に達していることが記されています。

(画像:chrome web store)(画像:chrome web store)

また、2020年1月末に400,000件近くまで落ち込んでいたトランザクション数も過去数週間の間で約2倍近くまで増加し、800,000件まで増加しているため、ETHの取引が活発化してきていることがわかります。

(画像:etherscan.io)(画像:etherscan.io

イーサリアムの特徴の一つであるスマートコントラクトの機能を備えた仮想通貨は過去数年間で非常に多く誕生しましたが、依然としてイーサリアムは時価総額ランキング2位の立場を維持し続けており、世界中の様々なプロジェクトでイーサリアムの技術が活用されています。

日本国内でリリースされている人気の href="https://bittimes.net/tag/game">ゲーム系DAppsもほとんどがイーサリアムを基盤として構築されており、ゲームをプレイするためのウォレットとして「MetaMask」が使用されているため、今後もイーサリアムやメタマスクのユーザー数は増加を続けることになると予想されます。

>>「MetaMask」の公式サイトはこちら

2020年2月16日|イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は昨年末頃から順調に回復してきており、先日15日には31,000付近まで回復したものの、現在はやや下落傾向が見られており、2020年2月16日時点では「1ETH=29,822円」で取引されています。

2020年1月17日〜2020年2月16日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2020年1月17日〜2020年2月16日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンゲーム「ブレヒロ」専用アプリ公開【先着1万人にETHプレゼント】

ブロックチェーンゲーム「ブレヒロ」専用アプリ公開【先着1万人にETHプレゼント】

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

世界最大の決済端末プロバイダ:POSデバイスに「仮想通貨払いオプション」を追加

世界最大の決済端末プロバイダ:POSデバイスに「仮想通貨払いオプション」を追加

リップル(XRP)など4銘柄の「現物・レバレッジ取引」開始:GMOコイン

リップル(XRP)など4銘柄の「現物・レバレッジ取引」開始:GMOコイン

たとえ銀行が結束しても「ビットコインには敵わない」億万長者ティム・ドレイパー

たとえ銀行が結束しても「ビットコインには敵わない」億万長者ティム・ドレイパー

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

BINANCE「XRP保有者に対するSparkトークン付与」の対応方針を発表

BINANCE「XRP保有者に対するSparkトークン付与」の対応方針を発表

ビットコイン還元アプリLolli:大手通販サイト「eBay(イーベイ)」と提携

ビットコイン還元アプリLolli:大手通販サイト「eBay(イーベイ)」と提携

タイ最大級の音楽フェス「Mystic Valley」独自仮想通貨MYST導入へ

タイ最大級の音楽フェス「Mystic Valley」独自仮想通貨MYST導入へ

KuCoin「全ての暗号資産の入出金サービス」を再開|ハッキングから約2ヶ月

KuCoin「全ての暗号資産の入出金サービス」を再開|ハッキングから約2ヶ月

米著名投資家:ビットコイン否定派から「肯定派」に|BTC保有していることが判明

米著名投資家:ビットコイン否定派から「肯定派」に|BTC保有していることが判明

民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

【AniPic!】人気アニメ「GREAT PRETENDER」のデジタルブロマイド(NFT)販売開始

【AniPic!】人気アニメ「GREAT PRETENDER」のデジタルブロマイド(NFT)販売開始

ビットコイン価格、2021年末「3,000万円超え」を予想:米大手銀行Citibank幹部

ビットコイン価格、2021年末「3,000万円超え」を予想:米大手銀行Citibank幹部

暗号資産取引所「SBI VC Trade(SBI VCトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「SBI VC Trade(SBI VCトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ドイツ中央銀行:分散型情報共有ネットワークに「Ocean Protocol」の技術活用

ドイツ中央銀行:分散型情報共有ネットワークに「Ocean Protocol」の技術活用

Trezor(トレザー)匿名性を強化するプライバシー保護機能「Tor Switch」導入

Trezor(トレザー)匿名性を強化するプライバシー保護機能「Tor Switch」導入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す