BINANCE:仮想通貨P2P取引「ウェブサイト」でも提供開始

by BITTIMES

仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」は、2020年2月28日に同社が提供している仮想通貨のピアツーピア(P2P)取引サービスがウェブサイトでも利用できるようになったことを発表しました。同社はP2P取引サービスを2020年末までに30カ国以上で提供することを予定しています。

こちらから読む:GMOコイン、仮想通貨の取引動向などを報告「取引所」関連ニュース

Binance P2P:2020年末までには「30カ国以上」で展開

BINANCE(バイナンス)は2019年10月からモバイル版アプリで「仮想通貨のP2P取引サービス」を提供していましたが、2020年2月28日には同サービスがウェブサイトでもサポートされたことが発表されました。

バイナンスが提供しているP2P取引サービスは記事執筆時点で「人民元(CNY)、ベトナムドン(VND)、ロシアルーブル(RUB)」の3通貨に対応しており、取引できる仮想通貨は以下の5銘柄、取引手数料は無料となっています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)
テザー(Tether/USDT)
・バイナンスUSD(BinanceUSD/BUSD)

今回の発表によると「Binance P2P」ではサービス公開後5ヶ月で合計3億ドル(約324億円)以上もの取引が行われていると報告されています。

BINANCEのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は『2020年末までに30カ国以上のユーザーにP2P取引サービスを提供する予定』だと語っているため、今後は対応する法定通貨の種類もさらに増えていくことになると期待されます。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら
>>仮想通貨取引所BINANCEの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本仮想通貨税務協会「正しい確定申告方法」が学べるイベント開催へ|国税庁も支援

日本仮想通貨税務協会「正しい確定申告方法」が学べるイベント開催へ|国税庁も支援

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

Cardano創設者「Shelleyメインネット」などの進捗を報告|京都でイベントも予定

Cardano創設者「Shelleyメインネット」などの進捗を報告|京都でイベントも予定

【日本初】実在する公園に命名できる「命名権NFT」販売へ:山形県西川町×HEXA

【日本初】実在する公園に命名できる「命名権NFT」販売へ:山形県西川町×HEXA

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説