ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

by BITTIMES

ブロックチェーンを基盤とした金融システムの技術的な課題や管理体制などについて研究を行う国際ネットワーク「Blockchain Governance Initiative Network(BGIN)」が2020年3月10日に発足しました。BGINには、金融庁・国際金融協会(IIF)・仮想通貨の開発者・仮想通貨取引所・大学教授などといった多くの利害関係者が参加しています。

こちらから読む:人権財団、ビットコインによる寄付を受け入れ「仮想通貨」関連ニュース

業界関係者でブロックチェーン研究を推進

ブロックチェーン・ガバナンス・イニシアティブ・ネットワーク(Blockchain Governance Initiative Network/BGIN)は元々、日本経済新聞社と金融庁が2020年3月9日〜10日かけて開催することを予定していたブロックチェーンをテーマとした国際会議「Blockchain Global Governance Conference(BG2C)」で設立される予定となっていましたが、同会議は新型コロナウイルスの影響で4月に延期となったため、今回の"BGIN設立"は「Blockchain Global Governance Conference(BG2C)」の特別オンラインパネル討論で発表されました。

BGINは、ブロックチェーンを基盤とした金融システムについて規制当局や技術者などといった世界各国の様々な利害関係者が議論を行い、国際ルールを定めていくことを目的とした国際ネットワークであり、オンラインで議論を進め、1年に3回会議を行う予定となっています。

ブロックチェーンを基盤としている仮想通貨には"中央の管理者"が存在しないため、規制当局・技術者・仮想通貨事業者などが共同で話し合いを行うことによって国際基準となるルールを作成し、サイバー攻撃などへの安全性を高めた安定したシステムを構築する狙いがあります。

当面の活動目標としては以下の3点が掲げられています。

  1. オープンかつグローバルで中立的なマルチステークホルダー間の対話形成
  2. 各ステークホルダーの多様な視点を踏まえた共通な言語と理解の醸成
  3. オープンソース型のアプローチに基づいた信頼できる文書とコードの不断の策定を通じた学術的基盤の構築

「規制当局・開発者・事業者・大学教授」などが参加

BGINの創設メンバーの中には「金融庁」や「アイルランド財務省」などといった規制当局の関係者だけでなく、「CoinbaseHuobiKraken」などといった仮想通貨取引所の関係者、「ビットコインイーサリアム」などの仮想通貨開発者、大学教授など約20名が含まれています。

現時点で「BGIN」に参加している関係者の数は限られているものの、BGINはより広範囲からの意見を集めるために幅広い分野で参加者を募集しているため、今後はさらに多くの利害関係者がネットワークに参加することになると予想されます。

仮想通貨は"既存の金融システムに革命を起こす未来の通貨"として世界中で注目されていたものの、現在は「詐欺・ハッキング・資金洗浄などへの悪用」などといった数多くの問題が発生しているため、様々な面で問題解決が求められています。

国際的に使用されている仮想通貨・ブロックチェーンの課題を解決するためには"世界各国の利害関係者の協力"が必要不可欠であり、単一の国の規制当局などが対策するだけでは解決できない問題が数多く残されているため、「BGIN」のネットワークが拡大していくことによって、仮想通貨・ブロックチェーンの利点を最大限に活用していくための基盤が整えられていくことになると期待されます。

次回の会合は2020年秋に開催される予定となっており、2021年初頭にも会議を開催することが予定されています。

>>「金融庁」の公式発表はこちら
>>「BG2C」のパネル討論はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

仮想通貨は金融安定性にリスクをもたらすものではない

仮想通貨は金融安定性にリスクをもたらすものではない

運輸業界初のNFTプロジェクト「東海バスNFT」始動:CryptoGames×東海自動車

運輸業界初のNFTプロジェクト「東海バスNFT」始動:CryptoGames×東海自動車

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

石川県加賀市:ブロックチェーンで「行政サービスのデジタル化」を推進

石川県加賀市:ブロックチェーンで「行政サービスのデジタル化」を推進

Huobi(フォビ)が日本居住者向けサービスを停止|7月2日までにすべきこと

Huobi(フォビ)が日本居住者向けサービスを停止|7月2日までにすべきこと

注目度の高い仮想通貨ニュース

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す