IOTA財団:ネットワークノードの「再起動」を完了

by BITTIMES

アイオータ財団(IOTA Foundation)は2020年3月11日のブログ投稿で、Trinity Wallet(トリニティウォレット)でユーザー資産が盗まれたことを受けて停止されていたIOTAブロックチェーンのネットワークノードを再起動したと発表しました。

こちらから読む:IOTA創業者、被害額は自己資金で返済へ「IOTA/MIOTA」関連ニュース

Trinity利用者は「資産保護」のための対策を

IOTA財団は、IOTAトークンを保管するための公式ウォレット「Trinity Wallet(トリニティウォレット)」からユーザーの資産が盗まれたことを受けてIOTAネットワークを一時的に停止していましたが、本日11日にはすべてのトランザクションをキュレートする集中ノードである"コーディネーター"を再起動したことが報告されています。

なお、ネットワークは一時的に停止されていたものの、後の調査で今回の盗難の原因はIOTAのネットワークではなく「トリニティの脆弱性」によるものであったことが明らかにされています。

発表によると、今回の攻撃で盗み出されたIOTAトークンの数量は「約8,550,000,000,000MIOTA」にものぼり、被害を受けたアカウント数は「50アカウント」だと報告されています。

IOTA財団はすでにデスクトップ版・アプリ版の両方で新しいバージョンの「Trinity」をリリースしており、安全性を確保した新しいアカウントへと以降するための「シード移行ツール」を利用することを推奨していましたが、今回の発表でも『2019年12月17日〜2020年2月17日の間にTrinityを使用した場合には、Trinityで新しいシードを作成し、古いシードから資金を移動するように』と強調されています。

「ハッカー特定に向けた捜査」や「機能改善」は継続

IOTAのネットワークは再起動されたものの、今回の攻撃を行った犯人は未だに特定されていません。盗まれたユーザー資産に関しては、IOTAの共同設立者であるDavid Sønstebø(デイビッド・サンステボ)氏が"自己資金で返済すること"を明かしていますが、IOTA財団はハッカーを特定して追跡するために「FBI」や「英国・ドイツ・マルタの警察」と協力して捜査を続け、不審な行動を積極的に監視していると説明しています。

今後の取り組みとしては、同様の事態が発生するのを防止するための様々な対策をとっていくことも発表されており、具体的には「内部プロセスを見直し・ソフトウェアセキュリティ慣行の変更・セキュリティ機能とリソースの改善・ユーザーアカウントを処理するソフトウェアの改善」などを実施していくと説明されています。

Trinityの脆弱性を解決するためのツールはすでに公開されているため、TrinityウォレットでIOTAトークンを保管している方はできるだけ早めにアップデードなどを行っておくようにしましょう。

>>「IOTA財団」の公式発表はこちら

2020年3月11日|アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格は先日9日に19円台まで下落したものの、その後はやや回復してきており、2020年3月11日時点では「1MIOTA=20.90円」で取引されています。

MIOTAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年2月10日〜2020年3月11日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)2020年2月10日〜2020年3月11日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bybit「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)の現物取引サービス」提供開始

Bybit「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)の現物取引サービス」提供開始

カルダノ・エイダの大型アップグレード「Vasil」再び延期に

カルダノ・エイダの大型アップグレード「Vasil」再び延期に

BNB Chain:詐欺警告機能などを備えた新プラットフォーム「DappBay」を発表

BNB Chain:詐欺警告機能などを備えた新プラットフォーム「DappBay」を発表

BitMEX:Blockstream社の「ビットコイン衛星システム」をテスト

BitMEX:Blockstream社の「ビットコイン衛星システム」をテスト

bitFlyer:暗号資産アンケート調査で「国内No.1」多数獲得|投資未経験者も増加傾向

bitFlyer:暗号資産アンケート調査で「国内No.1」多数獲得|投資未経験者も増加傾向

もう止まれない!韓国の仮想通貨バブルの裏側で…政府は慌てて規制を解除する

もう止まれない!韓国の仮想通貨バブルの裏側で…政府は慌てて規制を解除する

注目度の高い仮想通貨ニュース

パラオ共和国:Ripple社と提携して「国家ステーブルコイン」を構築

パラオ共和国:Ripple社と提携して「国家ステーブルコイン」を構築

OKCoinJapan:クイズ正解で「2,000円分のEFI」がもらえるキャンペーン開始

OKCoinJapan:クイズ正解で「2,000円分のEFI」がもらえるキャンペーン開始

バケット×ソフトバンク:CNP活用したデジタルマーケティング支援で基本合意締結

バケット×ソフトバンク:CNP活用したデジタルマーケティング支援で基本合意締結

Flare Networks「FIP.01の投票方法・WFLRへの交換方法」に関するガイドライン公開

Flare Networks「FIP.01の投票方法・WFLRへの交換方法」に関するガイドライン公開

FBI:Harmonyブリッジの仮想通貨窃盗事件「北朝鮮支援のハッカー集団が関与」と断定

FBI:Harmonyブリッジの仮想通貨窃盗事件「北朝鮮支援のハッカー集団が関与」と断定

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月8日〜14日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月8日〜14日

HEXA:XYM決済に続き「ETH・MATIC」にも対応へ

HEXA:XYM決済に続き「ETH・MATIC」にも対応へ

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

日本円だけでオンチェーンNFT売買「SBI Web3ウォレット」提供開始:SBI VCトレード

日本円だけでオンチェーンNFT売買「SBI Web3ウォレット」提供開始:SBI VCトレード

イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)Coinbaseの「iOS・Androidアプリ」に対応

イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)Coinbaseの「iOS・Androidアプリ」に対応

【重要】Kraken「日本市場からの撤退」を決定|2023年1月末に事業停止

【重要】Kraken「日本市場からの撤退」を決定|2023年1月末に事業停止

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す