関連組織をまとめた「NEM Group」誕生|日本語対応のAMAも本日開催へ

by BITTIMES

ネム財団(NEM Foundation)は2020年4月9日に「NEMエコシステムの将来のガバナンスとプラン」について発表を行い、NEM関連の3つの組織が単一の共通ガバナンスフレームワークである「NEM Group(ネムグループ)」へと移行することや、新しいブロックチェーン「シンボル(Symbol/XYM)」のリリース時期などについての説明を行いました。

こちらから読む:通信企業"FIX Network"が技術活用「NEM/XEM」関連ニュース

「NEM Group」を立ち上げ、運用効率向上へ

NEM財団は今回の発表で、新しくリリースされるブロックチェーン「シンボル(Symbol/XYM)」の"2020年後半リリース"に向けて効果的に取り組みを進めていくために「NEM Trading・NEM Ventures・NEM Software」という3つの組織を単一の共通ガバナンスフレームワークである「NEM Group(ネムグループ)」へと移行することを発表しています。

これは「Symbol」の立ち上げ以降までのサポートを確実にするための前向きで協力的な手順であり、NEMがリリース後にオープンソースプロジェクトやエンタープライズプロジェクトに従事するのに役立つ適切な構造でもあると説明されています。「NEMグループ」の立ち上げによって、今後NEMのエコシステムは「コアチーム・NEMグループ・コミュニティ」という3つの柱で支えられることになります。

(画像:NEM)(画像:NEM)

NEMグループの立ち上げには「ソフトウェア開発・コンサルティング・財務管理機能」を形式化して一元的に整理することによって運用効率を高める目的があり、具体的な今後の予定としては今回の発表から10日以内に「プロジェクト計画・ロードマップ」を公開すること、1ヶ月以内に停滞しつつあったコミュニティの動きを解決する方法に関する推奨事項を記載した計画を実施することが挙げられています。

Symbolのメインネット公開時期は「2020年第2四半期(4月〜6月)」の予定となっていましたが、今回の発表ではこの時期までに立ち上げることは不可能であるということが報告されており、予想されるタイムラインやコミュニティが支援できる場所などといったSymbolの立ち上げに必要なものについても10日以内に解説すると説明されています。

日本語対応の「AMAセッション」も開催

各ポイントに関しては、今後数週間で詳細を説明するフォローアップ投稿を行うとのことで、視聴者からの質問に直接回答する「Ask Me Anything(AMA)」セッションも開催して質疑応答を行うとされています。なお、本日9日の20時からは日本語と英語に対応したAMAが開催されることも報告されています。

最初のNEMコミュニティAMAがまもなく開催されます。「#NemberAMA」または「@NemberAma」を使用して質問を始めてください。

なお、今回の発表は日本語版も公開されているため、詳細を確認したい方は以下の公式発表をご覧ください。
>>「NEM財団」の公式発表はこちら

ネム(XEM)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーロン・マスク氏「法定通貨は詐欺」

イーロン・マスク氏「法定通貨は詐欺」

米MicroStrategy:ビットコイン(BTC)「1,500万ドル相当」を追加購入

米MicroStrategy:ビットコイン(BTC)「1,500万ドル相当」を追加購入

ビットバンク:上場廃止が続く「OMG」の取扱方針を発表

ビットバンク:上場廃止が続く「OMG」の取扱方針を発表

Ilgamosのオーナーとその娘に対して逮捕状|メキシコ検察

Ilgamosのオーナーとその娘に対して逮捕状|メキシコ検察

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

BINANCE:ビットコインの入出金で「Lightning Network」に対応

BINANCE:ビットコインの入出金で「Lightning Network」に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:BRILのIEO「過去最高の申込金額」を記録|NFT先着販売は明日から

コインチェック:BRILのIEO「過去最高の申込金額」を記録|NFT先着販売は明日から

OKCoinJapan:トンコイン(TON)取扱いへ|複数のサービスでサポート

OKCoinJapan:トンコイン(TON)取扱いへ|複数のサービスでサポート

飛躍の可能性を秘めた安価なアルトコイン:XRP、PEPE、Rebel Satoshi Arcade(RECQ)

飛躍の可能性を秘めた安価なアルトコイン:XRP、PEPE、Rebel Satoshi Arcade(RECQ)

DELL創業者マイケル・デル氏「ビットコイン」支持か?BTC投資戦略の採用を期待する声も

DELL創業者マイケル・デル氏「ビットコイン」支持か?BTC投資戦略の採用を期待する声も

BINANCE CEOのビットコイン価格予想|2024年末までに「80,000ドル」を超える?

BINANCE CEOのビットコイン価格予想|2024年末までに「80,000ドル」を超える?

ビットフライヤー「FTX Japanの買収」を正式発表|今後の予定・計画は?

ビットフライヤー「FTX Japanの買収」を正式発表|今後の予定・計画は?

BRETTが高騰して話題に、Base Dawgzはプレセールで200万ドル突破目前

BRETTが高騰して話題に、Base Dawgzはプレセールで200万ドル突破目前

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」を実施【続報あり】

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」を実施【続報あり】

Symbol活用の服薬アプリ「DrugN」Web3健康管理サービス提供開始

Symbol活用の服薬アプリ「DrugN」Web3健康管理サービス提供開始

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

フロキ(FLOKI)過去最高値更新|DWF Labsが「1,200万ドル相当の購入」を決定

フロキ(FLOKI)過去最高値更新|DWF Labsが「1,200万ドル相当の購入」を決定

日本初:ビットコイン特化の国際カンファレンス「Bitcoin Tokyo 2024」開催へ

日本初:ビットコイン特化の国際カンファレンス「Bitcoin Tokyo 2024」開催へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

人気のタグから探す