関連組織をまとめた「NEM Group」誕生|日本語対応のAMAも本日開催へ

by BITTIMES

ネム財団(NEM Foundation)は2020年4月9日に「NEMエコシステムの将来のガバナンスとプラン」について発表を行い、NEM関連の3つの組織が単一の共通ガバナンスフレームワークである「NEM Group(ネムグループ)」へと移行することや、新しいブロックチェーン「シンボル(Symbol/XYM)」のリリース時期などについての説明を行いました。

こちらから読む:通信企業"FIX Network"が技術活用「NEM/XEM」関連ニュース

「NEM Group」を立ち上げ、運用効率向上へ

NEM財団は今回の発表で、新しくリリースされるブロックチェーン「シンボル(Symbol/XYM)」の"2020年後半リリース"に向けて効果的に取り組みを進めていくために「NEM Trading・NEM Ventures・NEM Software」という3つの組織を単一の共通ガバナンスフレームワークである「NEM Group(ネムグループ)」へと移行することを発表しています。

これは「Symbol」の立ち上げ以降までのサポートを確実にするための前向きで協力的な手順であり、NEMがリリース後にオープンソースプロジェクトやエンタープライズプロジェクトに従事するのに役立つ適切な構造でもあると説明されています。「NEMグループ」の立ち上げによって、今後NEMのエコシステムは「コアチーム・NEMグループ・コミュニティ」という3つの柱で支えられることになります。

(画像:NEM)(画像:NEM)

NEMグループの立ち上げには「ソフトウェア開発・コンサルティング・財務管理機能」を形式化して一元的に整理することによって運用効率を高める目的があり、具体的な今後の予定としては今回の発表から10日以内に「プロジェクト計画・ロードマップ」を公開すること、1ヶ月以内に停滞しつつあったコミュニティの動きを解決する方法に関する推奨事項を記載した計画を実施することが挙げられています。

Symbolのメインネット公開時期は「2020年第2四半期(4月〜6月)」の予定となっていましたが、今回の発表ではこの時期までに立ち上げることは不可能であるということが報告されており、予想されるタイムラインやコミュニティが支援できる場所などといったSymbolの立ち上げに必要なものについても10日以内に解説すると説明されています。

日本語対応の「AMAセッション」も開催

各ポイントに関しては、今後数週間で詳細を説明するフォローアップ投稿を行うとのことで、視聴者からの質問に直接回答する「Ask Me Anything(AMA)」セッションも開催して質疑応答を行うとされています。なお、本日9日の20時からは日本語と英語に対応したAMAが開催されることも報告されています。

最初のNEMコミュニティAMAがまもなく開催されます。「#NemberAMA」または「@NemberAma」を使用して質問を始めてください。

なお、今回の発表は日本語版も公開されているため、詳細を確認したい方は以下の公式発表をご覧ください。
>>「NEM財団」の公式発表はこちら

ネム(XEM)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

イオンアジア:ブロックチェーンを「医薬品のトレーサビリティ」に活用|信頼性向上へ

イオンアジア:ブロックチェーンを「医薬品のトレーサビリティ」に活用|信頼性向上へ

ライトコインが韓国の仮想通貨ATM「13,000台以上」で利用可能に

ライトコインが韓国の仮想通貨ATM「13,000台以上」で利用可能に

Chiliz&Socios:NBAチーム「Orlando Magic(オーランド・マジック)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Orlando Magic(オーランド・マジック)」と提携

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

Daymak:電気自動車「Spiritus」で仮想通貨マイニング開始|収益レポートも公開

Daymak:電気自動車「Spiritus」で仮想通貨マイニング開始|収益レポートも公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

米議会:暗号資産関連の課税条項含む「バイデン政権の大規模インフラ法案」を可決

米議会:暗号資産関連の課税条項含む「バイデン政権の大規模インフラ法案」を可決

Crypto.com:総合格闘技団体UFCの「公式NFTグッズ」発売へ|提携関係を拡大

Crypto.com:総合格闘技団体UFCの「公式NFTグッズ」発売へ|提携関係を拡大

Coincheck NFT:メタバースで使える「Meebits」取扱い開始|記念キャンペーンも開催

Coincheck NFT:メタバースで使える「Meebits」取扱い開始|記念キャンペーンも開催

コインチェック:ビットコインがもらえる「Coincheckつみたて2周年記念キャンペーン」開始

コインチェック:ビットコインがもらえる「Coincheckつみたて2周年記念キャンペーン」開始

イケハヤ氏「XANALIA NFTART AWARDS 2021」のアンバサダーに就任

イケハヤ氏「XANALIA NFTART AWARDS 2021」のアンバサダーに就任

ネム(NEM/XEM)ハードフォーク「Harlock(ハーロック)」を完了

ネム(NEM/XEM)ハードフォーク「Harlock(ハーロック)」を完了

c0ban取引所:暗号資産RYOがもらえる「新規口座開設・入金キャンペーン」開始

c0ban取引所:暗号資産RYOがもらえる「新規口座開設・入金キャンペーン」開始

Chiliz&Socios:メキシコで初提携「Atlas FC・Santos Laguna」のファントークン発行へ

Chiliz&Socios:メキシコで初提携「Atlas FC・Santos Laguna」のファントークン発行へ

Symbol(XYM)ハードフォーク「Cyprus」の実施予定日時が決定

Symbol(XYM)ハードフォーク「Cyprus」の実施予定日時が決定

Cardano(ADA)価格下落の中で取引活発化「BTCに次いで2番目に多い取引量」を記録

Cardano(ADA)価格下落の中で取引活発化「BTCに次いで2番目に多い取引量」を記録

OKCoinJapan:IOST保有者に配布予定のDON「受け取り完了」を報告

OKCoinJapan:IOST保有者に配布予定のDON「受け取り完了」を報告

Chiliz Exchange:Samsunsporの「$SAMファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Samsunsporの「$SAMファントークン」本日取引開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す