【NEM高騰】ワールドカップのホテル建設に新ブロックチェーン「Symbol」活用へ

by BITTIMES   

ネム財団(NEM Foundation)は、2022年に中東カタールで開催される「FIFAワールドカップ」のホテル建設プロジェクトで仮想通貨ネム(NEM/XEM)の新しいブロックチェーンある「シンボル(Symbol/XYM)」が活用される予定であることを明らかにしました。XEM価格は先日5日頃から高騰を続けています。

こちらから読む:XEM決済で"200万以上のホテル予約"が可能に「NEM」関連ニュース

FIFAワールドカップのホテル建設で「Symbol」活用へ

ネム財団(NEM Foundation)は2020年2月5日に、建築関連の多国籍企業「Bimtrazer」がSymbol(シンボル)のブロックチェーンを通じて2022年に中東カタールで開催される「FIFAワールドカップ」のホテル建設プロジェクトを支援することを約束する覚書(MoU)に署名したことを発表しました。

「Bimtrazer」は、ブロックチェーン人工知能(AI)、仮想現実(VR)、BIM(*1)、遠隔測定法などといった最先端技術を組み合わせた建築用のプラットフォームを開発した企業であり、このプラットフォームにはNEMの新しいブロックチェーンである「Symbol(シンボル)」が活用されています。
(*1)BIM:Building Information Modeling(ビルディング・インフォメーション・モデリング) の略称。建物を建設する前に、コンピューター上に現実と同じ建物の立体モデル(BIMモデル)を構築することによって、建築にかかるコストなどを管理・シミュレーションし、建築時の無駄を省くことができるように設計されている。

中東の国カタールの首都であるドーハは、2022年11月21日〜2022年12月18日までの期間にかけて開催される「第22回FIFAワールドカップ」に向けて150万人のファンを受け入れるため準備を進めており、その取り組みの一環として"大規模なホテルの建築"に取り組んでいるため、「Bimtrazer」は技術提供を行うことによってこれらの建築作業をサポートします。

(画像:NEM財団)(画像:NEM財団)

「Bimtrazer」の技術で建設作業を効率化

NEM財団の報告によると、ドーハは「FIFAワールドカップ」開催までに少なくとも60,000のホテル部屋を構築して、実際に使用できる状態にする必要があるものの、現時点でホテル部屋はこの半分の数しか構築されていないとされています。

「Bimtrazer」のプラットフォームでは、Symbolのブロックチェーン上で「工事の進捗記録」や「トレーサビリティ」などの情報が管理されているため、各種情報が改ざんされる心配がなく、情報伝達なども素早く行うことができるようになっています。

同社の技術を活用すれば各種データを安全に保護しつつシミュレーションを行いながら建設を行うことができるため、建設作業の効率を大幅に向上させることができると期待されています。

Bimtrazerは2019年10月に建築関連の国際イベント「ExpoEdifica」で"技術イノベーションの最優秀賞"を受賞したとも報告されているため、同社の技術は今後さらに多くのプロジェクトで活用されていくことになると予想されます。

>>「NEM財団」の公式発表はこちら

2020年2月6日|ネム(NEM/XEM)の価格

ネム(NEM/XEM)の価格は昨年末に3円台まで下落したものの、今年1月頃からは徐々に回復してきています。今回の発表が行われた先日5日頃からは大幅な高騰が見られており、2020年2月6日時点のXEM価格は「1XEM=6.81円」となっています。

2019年12月8日〜2020年2月6日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月8日〜2020年2月6日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)

ネム(XEM)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SwiftDemandがDAOベースの仮想通貨を開発中

SwiftDemandがDAOベースの仮想通貨を開発中

BINANCE:板取引サービスで「南アフリカランド」をサポート

BINANCE:板取引サービスで「南アフリカランド」をサポート

FacebookがBlockchain(ブロックチェーン)の研究チームを結成?

FacebookがBlockchain(ブロックチェーン)の研究チームを結成?

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

機関投資家向け暗号資産カストディアン「Zodia」立ち上げ:金融大手Northern Trust

機関投資家向け暗号資産カストディアン「Zodia」立ち上げ:金融大手Northern Trust

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

グレイスケール:DeFi銘柄の投資信託「GrayScale DeFi Fund」提供へ

グレイスケール:DeFi銘柄の投資信託「GrayScale DeFi Fund」提供へ

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

カルダノ(Cardano/ADA)で徳島県吉野川市に「スマートシティ」構築へ:Kittamu

カルダノ(Cardano/ADA)で徳島県吉野川市に「スマートシティ」構築へ:Kittamu

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想空間土地LAND「7月30日」に追加販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想空間土地LAND「7月30日」に追加販売

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す