ビットコインSVの「半減期」到来|BSV価格への影響は?

by BITTIMES

ビットコインSV(BitcoinSV/BSV)は2020年4月10日に通貨誕生後初めてとなる「半減期」を迎えました。今のところ価格への影響は見られていないものの、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の半減期後には一時的にハッシュレート(採掘速度)の低下が観測されているため、BSVでも同様の影響が出る可能性があると考えられます。

こちらから読む:ロバート・キヨサキ氏、BTC購入を推奨「仮想通貨」関連ニュース

ビットコインSV「半減期」到来|価格変動は見られず

ビットコインSV(BSV)は2020年4月10日に実行ブロック630,000に達し「半減期」を迎えました。これによりBSVのマイニングによって得られる報酬の額は、1ブロックあたり12.5BSVから1ブロックあたり6.25BSVへと減少することになります。

BSVの価格は、ビットコインキャッシュ(BCH)の半減期を目前に控えた2020年4月8日に急騰したものの、その後はどちらの通貨でも大幅な上昇は観測されておらず、記事執筆時点でのBSV価格は「1BSV=22,883円」となっています。

2020年4月3日〜2020年4月10日 ビットコインSVのチャート(画像:Coingecko)2020年4月3日〜2020年4月10日 ビットコインSVのチャート(画像:Coingecko)

なお、今回の半減期のタイミングとなった630,000番目のブロックのマイニングは「SBIホールディングス」の傘下で仮想通貨のマイニングを行っている「SBIクリプト」が行なったことが報告されています。

採掘速度に影響する可能性も?

仮想通貨業界ではBSV・BCHの半減期が訪れたことによって、マイナーの人々がビットコイン(BTC)のマイニングに移行する可能性があるとの意見が出ており、実際に「2,000〜5,000PH/s」ほどだったBCHのハッシュレート(採掘速度)は半減期後に「421PH/s」まで落ち込んでいます。

現在BCHのハッシュレートは回復してきているものの、半減期直後は通常10分程度で行われるブロック生成に2時間ほどの時間がかかったことが報告されているため、BSVのハッシュレートがこれから低下することになれば、BSVでも同様に一時的な送金などの遅延が発生する可能性もあると考えられます。

2020年4月3日〜2020年4月9日 BTC・BCH・BSVのハッシュレート(画像:coin.dance)2020年4月3日〜2020年4月9日 BTC・BCH・BSVのハッシュレート(画像:coin.dance)

BCH・BSVのマイニング報酬額が減少したことによって、一部のBCH・BSVマイナーがBTCマイニングに移行している可能性はあると考えられますが、ビットコインも2020年5月12日頃に半減期を迎えるため、BTCの半減期後にはハッシュレートも落ち着くことになると予想されます。

今のところ仮想通貨価格への影響はほとんど見られていないものの、ビットコインの半減期後には価格上昇が起きると期待する意見が数多く出ているため、今後の値動きにも注目です。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MicroStrategy:ビットコインに「1,000億円」を追加投資|保有量は9万BTC以上に

MicroStrategy:ビットコインに「1,000億円」を追加投資|保有量は9万BTC以上に

Walmart「200台のビットコインATM」を試験導入|Coinstar端末でBTCの購入が可能に

Walmart「200台のビットコインATM」を試験導入|Coinstar端末でBTCの購入が可能に

ビットコイン強盗団にご注意を!「稼いだ事は秘密にした方が良いかも…」

ビットコイン強盗団にご注意を!「稼いだ事は秘密にした方が良いかも…」

Polygon「MATIC → POL」へのアップグレード提案公開|次世代トークンで複数のメリット

Polygon「MATIC → POL」へのアップグレード提案公開|次世代トークンで複数のメリット

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

日本の3プロジェクト、XRPLでNFTリリースへ「xrp.cafe」で販売

日本の3プロジェクト、XRPLでNFTリリースへ「xrp.cafe」で販売

注目度の高い仮想通貨ニュース

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

コインブック:NIDT決済の買い物サイト「C.B.Shop」公開へ|オリジナルTシャツも販売

コインブック:NIDT決済の買い物サイト「C.B.Shop」公開へ|オリジナルTシャツも販売

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す