ビットコインSVの「半減期」到来|BSV価格への影響は?

by BITTIMES

ビットコインSV(BitcoinSV/BSV)は2020年4月10日に通貨誕生後初めてとなる「半減期」を迎えました。今のところ価格への影響は見られていないものの、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の半減期後には一時的にハッシュレート(採掘速度)の低下が観測されているため、BSVでも同様の影響が出る可能性があると考えられます。

こちらから読む:ロバート・キヨサキ氏、BTC購入を推奨「仮想通貨」関連ニュース

ビットコインSV「半減期」到来|価格変動は見られず

ビットコインSV(BSV)は2020年4月10日に実行ブロック630,000に達し「半減期」を迎えました。これによりBSVのマイニングによって得られる報酬の額は、1ブロックあたり12.5BSVから1ブロックあたり6.25BSVへと減少することになります。

BSVの価格は、ビットコインキャッシュ(BCH)の半減期を目前に控えた2020年4月8日に急騰したものの、その後はどちらの通貨でも大幅な上昇は観測されておらず、記事執筆時点でのBSV価格は「1BSV=22,883円」となっています。

2020年4月3日〜2020年4月10日 ビットコインSVのチャート(画像:Coingecko)2020年4月3日〜2020年4月10日 ビットコインSVのチャート(画像:Coingecko)

なお、今回の半減期のタイミングとなった630,000番目のブロックのマイニングは「SBIホールディングス」の傘下で仮想通貨のマイニングを行っている「SBIクリプト」が行なったことが報告されています。

採掘速度に影響する可能性も?

仮想通貨業界ではBSV・BCHの半減期が訪れたことによって、マイナーの人々がビットコイン(BTC)のマイニングに移行する可能性があるとの意見が出ており、実際に「2,000〜5,000PH/s」ほどだったBCHのハッシュレート(採掘速度)は半減期後に「421PH/s」まで落ち込んでいます。

現在BCHのハッシュレートは回復してきているものの、半減期直後は通常10分程度で行われるブロック生成に2時間ほどの時間がかかったことが報告されているため、BSVのハッシュレートがこれから低下することになれば、BSVでも同様に一時的な送金などの遅延が発生する可能性もあると考えられます。

2020年4月3日〜2020年4月9日 BTC・BCH・BSVのハッシュレート(画像:coin.dance)2020年4月3日〜2020年4月9日 BTC・BCH・BSVのハッシュレート(画像:coin.dance)

BCH・BSVのマイニング報酬額が減少したことによって、一部のBCH・BSVマイナーがBTCマイニングに移行している可能性はあると考えられますが、ビットコインも2020年5月12日頃に半減期を迎えるため、BTCの半減期後にはハッシュレートも落ち着くことになると予想されます。

今のところ仮想通貨価格への影響はほとんど見られていないものの、ビットコインの半減期後には価格上昇が起きると期待する意見が数多く出ているため、今後の値動きにも注目です。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

独大手証券取引所:ビットコイン取引サービスを「一般投資家」向けに提供開始

独大手証券取引所:ビットコイン取引サービスを「一般投資家」向けに提供開始

アダルトサイト大手「ポルノハブ」ビットコイン・ライトコイン決済に対応

アダルトサイト大手「ポルノハブ」ビットコイン・ライトコイン決済に対応

コインベース:ビットコイン担保に現金を借りる「ローンサービス」提供へ

コインベース:ビットコイン担保に現金を借りる「ローンサービス」提供へ

ロシア:暗号資産に関する初の法律「2021年1月」までには施行か=地元メディア報道

ロシア:暗号資産に関する初の法律「2021年1月」までには施行か=地元メディア報道

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

BTC強気派Anthony Pompliano氏の「ビットコイン投資比率」が明らかに

BTC強気派Anthony Pompliano氏の「ビットコイン投資比率」が明らかに

チリーズ(Chiliz/CHZ)トルコに「Sociosの子会社」設立|市場開拓を加速

チリーズ(Chiliz/CHZ)トルコに「Sociosの子会社」設立|市場開拓を加速

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す