半減期後、ビットコイン価格は「25万ドル」へ:ティム・ドレイパー

by BITTIMES

ビットコイン強気派の億万長者として知られるTim Draper(ティム・ドレイパー)氏は、「BlockTV」とのインタビューの中で『BTC価格は半減期後、6〜12ヶ月ほどで25万ドル(約2,730万円)に達する』と語り、現在一般的に使用されているクレジットカードの問題点やそれがもたらす結果などについて説明を行いました。

こちらから読む:重要なサポートラインで大幅反発「ビットコイン」関連ニュース

現在のBTC市場は「単なる蓄積期間」

Tim Draper(ティム・ドレイパー)氏は以前からビットコインの将来に対して非常に強気な予想を語っており、"将来的には25万ドル(約2,730万円)に達する"という予想を繰り返し語っていました。同氏は、2019年12月19日に公開された「BlockTV」とのインタビューでも同様の考えを示しており、『ビットコイン価格は半減期後、6〜12ヶ月ほどで25万ドルに達する』と語っています。

これまでの歴史上、ビットコイン価格は半減期を迎えた後は供給量などの関係で価格が大幅に上昇しているため、仮想通貨業界では2020年5月頃に予定されているビットコインの半減期に期待が高まっています。ドレイパー氏はこの考えに基づいて「現在のビットコインは買うのに丁度良いタイミングかもしれない」と語っています。

ビットコイン価格は今年6月に150万円近くまで回復して以降は下落傾向が続いており、「今後もさらに下落する」という予想が多数出ていますが、ドレイパー氏は仮想通貨の採用が進むとビットコイン価格はすぐに急上昇することになるため、現在は単なる"蓄積期間"に過ぎないと考えています。

ドレイパー氏はビットコイン価格が25万ドルに達する具体的な時期を明確に示しているわけではないものの、2022年末〜2023年初頭までには25万ドルに達している可能性が高いと述べています。

クレジットカードの終焉で「BTC決済」の時代に

ドレイパー氏はインタビューの中で『人々は今後2年間で「全ての取引に2.5〜4%の手数料を請求するクレジットカード」を使用するか「摩擦のないビットコイン」を使用するかを選択することになる』と語り、銀行がクレジットカードを使用する度に2.5〜4%の手数料を請求していることに対して不満を感じていることを明かしました。

さらに同氏は「世界中で行われている買い物の75%〜80%は女性が行なっている一方で、女性のビットコインウォレット所有数は15個ウォレット中1つ程度だ」と指摘しており、女性が「クレジットカードを使用する度に2.5%〜4%の資金を無駄にしている」と理解すれば間違いなくその解決策を探し始めるため、最終的にはビットコインの採用が急速に進むことになるだろうと説明しています。

クレジットカードは現在も世界中で非常に多くの人々に利用されていますが、ドレイパー氏は「クレジットカードが便利で安心できるものだと人々に感じさせ続けるためには、さらに多くのエンジニアがより多くの仕事をしなければならない」と述べており、最終的にクレジットカードは消えるだろうとの考えを語っています。

ビットコインが主流の決済手段として利用されるようになるためには、BTCウォレットなどの利便性をさらに高めて誰もが簡単に利用できるようにする必要があると考えられますが、現在もアプリケーションの開発は世界各地で進められているため、2022年までにはより気軽にビットコイン決済を行うことができるアプリが開発される可能性があるとも期待されます。

>>「BlockTV」のインタビュー動画はこちら

2019年12月20日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先日18日に70万円付近で大きく反発して以降は回復傾向が見られ始めており、2019年12月20日時点では「1BTC=795,410円」で取引されています。

2019年12月6日〜2019年12月20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月6日〜2019年12月20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン「ブロック生成速度」が大幅低下|半減期後のマイナー撤退が影響か

ビットコイン「ブロック生成速度」が大幅低下|半減期後のマイナー撤退が影響か

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

John McAfee:2020年「米大統領選挙」出馬へ|仮想通貨の重要性伝えていく

John McAfee:2020年「米大統領選挙」出馬へ|仮想通貨の重要性伝えていく

Chiliz Exchange:ASローマの公式ファントークン「ASR」本日上場へ

Chiliz Exchange:ASローマの公式ファントークン「ASR」本日上場へ

バイナンス:韓国向けの仮想通貨取引所「Binance KR」公開へ

バイナンス:韓国向けの仮想通貨取引所「Binance KR」公開へ

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

ビットコイン価格「400万円台」に到達|今後は下落・修正に要注意?

ビットコイン価格「400万円台」に到達|今後は下落・修正に要注意?

NASDAQ上場企業「150億円相当のビットコイン」を購入:Marathon Patent Group

NASDAQ上場企業「150億円相当のビットコイン」を購入:Marathon Patent Group

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

ビットフライヤー:預かり資産「2,892億円」突破で過去最大を記録

ビットフライヤー:預かり資産「2,892億円」突破で過去最大を記録

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

GMOコイン:ウォレットアプリに「暗号資産FX 急騰急落アラート」機能を追加

GMOコイン:ウォレットアプリに「暗号資産FX 急騰急落アラート」機能を追加

ロシア地方裁判所:BINANCEウェブサイトの「ブロック解除」を決定

ロシア地方裁判所:BINANCEウェブサイトの「ブロック解除」を決定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す