bitFlyer「ウォレットアプリ」を大幅リニューアル|仮想通貨販売所がさらに便利に

by BITTIMES

仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」は2020年4月10日に、同社が提供しているiOS向けアプリ「bitFlyer ウォレット」の"販売所"画面が新しくなったことを発表しました。今回の変更により、同アプリでは仮想通貨取引をより快適な環境で行うことができるようになっています。

こちらから読む:PoL、決済用トークンがもらえる新サービス提供開始「国内ニュース」

新しくなったiOS版「bitFlyer ウォレット」公開

新しくなったiOS版「bitFlyer ウォレット」の販売所画面では、よりわかりやすく、スムーズな仮想通貨取引を可能にする複数の変更が加えられています。

販売所のデザインを一新

(画像:bitFlyer)(画像:bitFlyer)

販売所のデザインが新しくなったことによって、各種仮想通貨のチャートを大画面で確認することができます。画面上部には、売却価格と購入価格の中間価格とチャート期間内の変動率が「%」で表示されるため、仮想通貨が現在どれくらい上昇・下落しているかを素早く確認することが可能です。

また、チャート内には対象期間内の「最高値」と「最安値」が表示されるため、注目すべきサポートライン・レジスタンスラインの判断にも役立てることができます。各時間帯の詳細価格を確認する場合には、従来通り確認したい箇所を"長押し"することによって、価格を表示させることができます。

仮想通貨販売所間の移動も「スワイプだけで簡単に」

bitFlyerの仮想通貨販売所では記事執筆時点で合計9種類の仮想通貨が取扱われていますが、新しくなったアプリでは画面を左右にスワイプするだけで別の仮想通貨販売所へと移動できるようになっています。

また、各仮想通貨のチャート画面は通貨ごとに色分けされているため、自分がどの仮想通貨のチャートを見ているかを直感的に判断することができるようになっています。

売買注文もさらに便利に

(画像:bitFlyer)(画像:bitFlyer)

各仮想通貨の取引所画面では、画面下部に表示されている「売る」または「買う」をタップすることによって、仮想通貨の売買を行うことができます。

売買金額の入力画面は広く設計されているため、入力もしやすく、数量が表示されている部分をタップすれば「日本円」で入力するか「仮想通貨数量」で入力するかを選ぶこともできるようになっています。

新しくなった「bitFlyer ウォレット」は、iOS端末向けに2020年4月8日から公開されている「バージョン4.0.0」をダウンロードまたはアップデートすることによって利用することができます。

bitFlyerは先日9日からアルトコイン販売所で仮想通貨ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)の取扱いも開始しているため、アルトコインを頻繁に取引するユーザーにとっても魅力的な取引所となっています。

>>「bitFlyer」の公式発表はこちら
>>「bitFlyer ウォレット」のダウンロードはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CARDANO(ADA)基軸の仮想通貨取引所「IronX」パブリックセール開催中

CARDANO(ADA)基軸の仮想通貨取引所「IronX」パブリックセール開催中

WEBサイトに「仮想通貨取引機能」を実装できるWordPressプラグイン登場

WEBサイトに「仮想通貨取引機能」を実装できるWordPressプラグイン登場

GMOコイン:1万円分のAmazonギフト券が当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

GMOコイン:1万円分のAmazonギフト券が当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

ブロックチェーン活用した自動車向けの「デジタルキー」を開発:アルプスアルパイン

ブロックチェーン活用した自動車向けの「デジタルキー」を開発:アルプスアルパイン

Liquid:仮想通貨「Gram」販売で集まった資金のウォレットアドレスを公開

Liquid:仮想通貨「Gram」販売で集まった資金のウォレットアドレスを公開

サイバー攻撃倍増「ブロックチェーン・仮想通貨」などがターゲットに|警察庁2018年調査

サイバー攻撃倍増「ブロックチェーン・仮想通貨」などがターゲットに|警察庁2018年調査

注目度の高い仮想通貨ニュース

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

米郵便公社(USPS)「NFT形式の郵便切手」発行へ|CaseMail社の技術を活用

米郵便公社(USPS)「NFT形式の郵便切手」発行へ|CaseMail社の技術を活用

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

Symbol(XYM)の価格情報・チャート「CoinMarketCap・CoinGecko」で確認可能に

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

CoinMarketCap「Chiliz関連ファントークンのカテゴリ」を追加|一覧表示が可能に

CoinMarketCap「Chiliz関連ファントークンのカテゴリ」を追加|一覧表示が可能に

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

デリバティブ取引について解説

デリバティブ取引について解説

プロテニス選手の大阪なおみ氏「NFTアート作品」のオークション販売開始

プロテニス選手の大阪なおみ氏「NFTアート作品」のオークション販売開始

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す