Bityard(ビットヤード)正式リリース「258USDTが無料でもらえる」イベントも開催

by BITTIMES

世界をリードするデジタル契約取引プラットフォーム「Bityard(ビットヤード)」が正式にリリースされました。業界内で権威を持つ情報筋から情報によると、米国のあるヘッジファンドから数千万ドルの投資を受けたBityardは「複雑な契約を簡単に取引できる」という新しい例を生み出しました。同社はこれに続く形で、先端的な技術の開発・海外市場の拡大・ブランドの立ち上げなど全面的にスタートします。

Bityard(ビットヤード)とは

Bityard

Bityard(ビットヤード)は、2019年11月に創立した世界をリードする"デジタル契約引取プラットフォーム"です。シンガポールに本社を構える同社は、米国金融監査管理局(MSB)、シンガポール企業管理局(ACRA)、エストニア金融監査管理局(MTR)から正式に金融ライセンスを取得しています。

デジタル資産市場の需要が高まっている東南アジアで、政府が推進しているブロックチェーンの波に乗っている「Bityard」は、"安全・簡単・迅速なデジタル契約取引サービス"として注目を集めているだけでなく、タイのキックボクシングチャンピオンであるBuakaw(ブアカーオ)選手をアンバサダーに招いたことによって、現地での注目度はさらに高まってきています。

仮想通貨業界では不穏な年ほど浮き沈みが激しくなる傾向があります。私たちが半減期の影響について話している最中に訪れた"新型コロナウイルス"という予想外の出来事は、仮想通貨の価格を下落させた後に、最低価格から反騰して60%の上昇を記録しました。

このような不穏な情勢において、契約取引は今年トレードを行う際の主な戦場になると考えられています。Bityardの創設者は『新しい参加者が競争の激しい契約取引市場でシェアを得たい場合、唯一の方法は革新である』と考えています。

「簡単な取引」を希望する潜在的ユーザーのために

調査研究からも分かるように、日々成熟している仮想通貨市場では既に非常に高いポテンシャルを持つ消費者グループが生み出されています。そのような人々は契約取引の概念に共感しており、レバレッジを利用して利益を高めることを望んでいます。

しかし契約取引はやや複雑でもあるため、「詳細がわからないまま精算されたくない」と考えている一部の投資家たちは、契約取引への参加を躊躇していました。

Bityardは「仮想通貨業界には可能性を持つ多くのユーザーが存在していて、契約商品の簡単な取引を望んでいる」ということを考慮した上で誕生しました。

製品理念は「複雑な契約を簡単に取引」

Bityard(ビットヤード)は「複雑な契約を簡単に取引」」という製品理念を守り、ユーザーに極めて簡単な操作体験をもたらすことを目指しています。製品管理担当者へのインタビューでは、ユーザーが円滑にサービスを利用できるようにするために同社チームが様々な作業に取り組んできたことがわかりました。

【非常に簡単な口座開設】
Bityardの口座開設は非常に簡単であるため、「メールアドレス」または「電話番号」で登録すると約30秒ほどでユーザー登録を行うことができます。

【入金手続きも簡素化】
Bityardでは、入金手続きも簡素化されています。現在は合計6種類のデジタル通貨でチャージすることができるようになっており、人民元やベトナムドンなどの法定通貨でチャージすることもできます(今後も増加予定)。上下レベルの転送機能を設置することによって、代わりに入金することも容易になっています。

【複雑な取引も簡素化】
Bityardでは、複雑な取引インターフェース機能が簡素化されており、5USDTで取引を開始することができます。取引での要求を大幅に削減すると共に、シミュレーション口座を提供することによって初心者でも注文の仕方を学ぶことができるようになっています。

仮想通貨がもらえるイベントも開催

Bityard(ビットヤード)は、ユーザーにより良い体験を提供するためにブランドアンバサダーが共同で「毎日鉱石を探そう」というイベントを発表しました。

先日から開催されているこのイベント期間中に「Bityard」でユーザー登録を行うと、無料でビットコイン・イーサリアム・イオス・トロンなどといった最大258USDT相当の主要な仮想通貨を入手することができます。また、これらの通貨だけでなく「Bityard」の独自通貨である「BYD」を入手することもできます。

「Bityard」詳細情報は以下の「URL」または「QRコード」から公式サイトにアクセスすることによって確認することができます。今すぐ登録して体験してみましょう!
>>「Bityard」のホームページはこちら

Bityard-QRcode


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Google:Chrome拡張機能の「仮想通貨関連詐欺アプリ」を一斉削除|新ルールも導入

Google:Chrome拡張機能の「仮想通貨関連詐欺アプリ」を一斉削除|新ルールも導入

アナリストたちがLearn-To-Earnトークンである99BTCの今後に期待、プレセールはまもなく100万ドル突破へ

アナリストたちがLearn-To-Earnトークンである99BTCの今後に期待、プレセールはまもなく100万ドル突破へ

仮想通貨が使えるナイトクラブ「More Las Vegas」バイナンスコイン(BNB)決済を導入

仮想通貨が使えるナイトクラブ「More Las Vegas」バイナンスコイン(BNB)決済を導入

米TIME誌:Crypto.comと提携し「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHなど20種類以上

米TIME誌:Crypto.comと提携し「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHなど20種類以上

銀座渡利:寿司職人の包丁さばきNFT「SUSHI TOP SHOT」nanakusaで限定販売へ

銀座渡利:寿司職人の包丁さばきNFT「SUSHI TOP SHOT」nanakusaで限定販売へ

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説