ビットコイン価格、将来的には「3億ドル」到達の可能性も:ロス・ウルブリヒト

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)が支払い手段として使用されていた有名な闇サイト「Silk Road(シルクロード)」の運営者として知られているRoss Ulbricht(ロス・ウルブリヒト)氏は、2020年4月24日に自身のブログを更新し『BTC価格は将来的に3億3,300万ドル(約333億円)まで上昇する可能性がある』との予想を語りました。

こちらから読む:BTC採掘の難易度調整"+8.45%"で完了「ビットコイン」関連ニュース

下落予想はしつつも「長期的には強気」だと強調

Ross Ulbricht(ロス・ウルブリヒト)氏はビットコインが支払い手段として使用されていたことでも知られる有名な闇サイト「Silk Road(シルクロード)」の運営者であり、現在は終身刑で刑務所に服役しています。同氏は非常に早い時期からビットコインを採用していた人物の1人でもあるため、仮想通貨業界でも注目を集めており、現在は定期的に「ビットコインの価格予想」などを自身のブログに刑務所から投稿しています。

今月12日のブログ記事で『ビットコインの下落相場は2021年まで続く可能性がある』と語った同氏は、この短期的な予想に怒りを示している人々に対して『私はまだ長期的に強気である』と強調しています。

ウルブリヒト氏はこれまでのビットコイン相場を、
・2017年末(約220万円)までの上昇相場は「第1波」
・2017年末から現在までは「第2波」
・第2波が底打ちした後の強気相場は「第3波」
として分類しており、前回の記事では『第2波は2021年まで続く可能性があり、場合によっては3,200ドル(約34万円)以下に下落する可能性があるが、3,200ドル以下は絶好の買いチャンスだ』と語っていました。

(画像:Ross Ulbricht氏のブログ)(画像:Ross Ulbricht氏のブログ)

今回の記事ではその後始まる第3波について書かれており『現在の弱気相場が終了した後の強気相場(第3波)は第1波よりもさらに大きな価格上昇をもたらす可能性がある』とされています。

具体的には、ビットコイン価格が第1波で0.06ドルから2万ドルまで上昇し「33万3,333倍」になったことを理由に『ビットコイン価格が第2波で1,000ドルまで下落したとしても第3波で同様の価格上昇が見られた場合、ビットコイン価格は3億3,300万ドル(約333億円)になる』と説明されています。

"第3波で2,100万BTC全てがマイニングされる"と考えているウルブリヒト氏は『2,100万BTCが全てマイニングされた場合の時価総額は7兆ドルになり、この金額は全世界のGDPの10倍以上になる』と述べており、『今から数十年後には20,000ドル以下が安く見える』と語っています。

>>「ウルブリヒト氏が公開したブログ記事」はこちら

2020年4月24日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は先月13日に50万円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年4月24日時点では「1BTC=811,447円」で取引されています。

2020年2月24日〜2020年4月24日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年2月24日〜2020年4月24日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインATMの設置数が3,000台を超える|日本での普及率は?

ビットコインATMの設置数が3,000台を超える|日本での普及率は?

McLaren Racing:テゾス(Tezos/XTZ)と提携して「NFTプラットフォーム」構築へ

McLaren Racing:テゾス(Tezos/XTZ)と提携して「NFTプラットフォーム」構築へ

ディーカレット:取引所リリース記念「Taker手数料割引キャンペーン」開始

ディーカレット:取引所リリース記念「Taker手数料割引キャンペーン」開始

Tron CEOに対する「不信感」高まる|パーティ参加報道に続き「買収費用未払い」疑惑も

Tron CEOに対する「不信感」高まる|パーティ参加報道に続き「買収費用未払い」疑惑も

オハイオ州:ビットコインによる税金支払いサービスの「一時停止」を発表

オハイオ州:ビットコインによる税金支払いサービスの「一時停止」を発表

仮想通貨ATMの導入が止まらない!2018年内には5,000台を突破

仮想通貨ATMの導入が止まらない!2018年内には5,000台を突破

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE「Terra 2.0への移行・LUNAエアドロップ」対応へ

BINANCE「Terra 2.0への移行・LUNAエアドロップ」対応へ

OKCoinJapan「iOS・Androidアプリ」提供へ|2022年6月14日リリース予定

OKCoinJapan「iOS・Androidアプリ」提供へ|2022年6月14日リリース予定

SBI VCトレード「2,000円相当の暗号資産が当たるキャンペーン」開催

SBI VCトレード「2,000円相当の暗号資産が当たるキャンペーン」開催

野村ホールディングス「デジタル資産子会社」設立へ|機関投資家向けにサービス提供

野村ホールディングス「デジタル資産子会社」設立へ|機関投資家向けにサービス提供

Everdome:火星に建設する「エバードームシティ」のプレビュー画像初公開

Everdome:火星に建設する「エバードームシティ」のプレビュー画像初公開

【重要】JPYCv1→JPYCv2へのアップデート「2022年5月21日」に実施予定

【重要】JPYCv1→JPYCv2へのアップデート「2022年5月21日」に実施予定

STEPN関連トークンGST、大手暗号資産取引所「FTX」に上場

STEPN関連トークンGST、大手暗号資産取引所「FTX」に上場

エルサルバドル:ビットコイン価格下落の中「500BTC」を買い増し

エルサルバドル:ビットコイン価格下落の中「500BTC」を買い増し

アルゼンチン中央銀行「金融機関の暗号資産商品提供は認められない」と説明

アルゼンチン中央銀行「金融機関の暗号資産商品提供は認められない」と説明

HEXA:スマホゲームアプリ「トニーくん」シリーズのアプリアイコンNFT販売へ

HEXA:スマホゲームアプリ「トニーくん」シリーズのアプリアイコンNFT販売へ

ウクライナ:仮想通貨の寄付金で「軍用車両・軍需品・ガスマスク・医療品」などを購入

ウクライナ:仮想通貨の寄付金で「軍用車両・軍需品・ガスマスク・医療品」などを購入

GMOコイン:FC琉球の「FCRコイン(FCR)」取扱開始|上場後に価格急落

GMOコイン:FC琉球の「FCRコイン(FCR)」取扱開始|上場後に価格急落

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す