ライトコイン財団:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携

by BITTIMES   

ゲーム開発企業の老舗として知られる「Atari(アタリ)」と、仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)を展開している「Litecoin Foundation(ライトコイン財団)」は2020年5月19日に両者が提携したことを発表しました。今回の提携によって「Atari Token」などといったAtariが展開するエコシステムでライトコインを使用することができるようになると伝えられています。

こちらから読む:RedditのFortniteトークンでアドレス数が急増「ゲーム」関連ニュース

ライトコインを「エコシステム内の決済手段」として追加

Atari(アタリ)とLitecoin Foundation(ライトコイン財団)は2020年5月19日に提携を発表し、仮想通貨ライトコイン(LTC)をAtariエコシステム内で展開されている「Atari Token・Atari VCS・将来公開される製品」の支払い手段として追加することを明らかにしました。

今回の提携はAtariが展開している様々なサービスで「仮想通貨ライトコイン」を使用できるようにすることなどを目的としており、『Atariエコシステム内のゲームプラットフォーム全体でライトコインを使用できるようになる』と説明されています。

Atariは独自仮想通貨である「Atari Token(アタリトークン)」も開発しており、今年9月頃から正式に運用開始することが予定されていますが、ライトコインは"Atari Tokenへの投資手段"としても利用できるとのことです。

また、Atariの新しいゲーム機である「Atari VCS」を購入する際にもライトコインを使用することができ、ライトコインで支払った場合には"割引価格"でゲームを購入することができるとされています。なお「Atari VCS」では、何百種類ものモダン・クラシックゲームをプレイしたり、4Kビデオをストリーミングしたりできるだけでなく、独自のゲームやアプリを作成してアップロードすることもできるとのことです。

「Atari VCS」の画像(画像:Litecoin財団)「Atari VCS」の画像(画像:Litecoin財団)

AtariのCEOであるFred Chesnais氏は『ライトコインの使いやすさと低いトランザクションコストはAtari Tokenやその他のプロジェクトと一緒に使用するのに最適だ』と述べており、ライトコイン財団のマネージングディレクターであるCharlie Lee(チャーリー・リー)氏は『このようなパートナーシップはライトコインや仮想通貨だけでなく、ゲーム業界やAtariファンにも影響を与える可能性がある』と述べています。

ー Charlie Lee
私たちの多くはAtariでゲームをプレイながら育ったことを覚えています。「新しいAtari VCSの購入」や「Atari Tokenへの投資手段」などといった、Atariエコシステム内の様々な方法でライトコインが使用されるのを見るのは素晴らしいことです。

このようなパートナーシップは、ライトコインや仮想通貨だけでなく、ゲーム業界や生涯のAtariファンにも影響を与える可能性があります。

Atariはここ数ヶ月間の間に「Atari Token」関連のプロジェクトを急速に進めており、最近では「Arkane Network」や「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」との提携も発表されています。

>>「Atari」の公式発表はこちら
>>「ライトコイン財団」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米SEC:仮想通貨XRPの有価証券問題で「Ripple社」提訴へ|XRP価格の下落続く

米SEC:仮想通貨XRPの有価証券問題で「Ripple社」提訴へ|XRP価格の下落続く

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

Twitterでビットコインが送れる拡張機能「Android・iOS」にも対応へ:Tippin

Twitterでビットコインが送れる拡張機能「Android・iOS」にも対応へ:Tippin

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックチェーンで「公的機関」のコスト削減へ ー チリ議員が決議案を提出

ブロックチェーンで「公的機関」のコスト削減へ ー チリ議員が決議案を提出

注目度の高い仮想通貨ニュース

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

ビットコイン価格:海外取引所の過去最高値ライン「2万ドル」を突破

ビットコイン価格:海外取引所の過去最高値ライン「2万ドル」を突破

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

GMOコイン:販売所で「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱い開始

GMOコイン:販売所で「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱い開始

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す