ロシア・モスクワ「ブロックチェーン電子投票システム」を活用|憲法改正の国民投票で

by BITTIMES

ロシアの首都モスクワで「ブロックチェーン技術を用いた電子投票システム」が利用されることが明らかになりました。モスクワの公式サイト「mos.ru」によると、電子投票システムにブロックチェーン技術を活用することによって、投票プロセスのセキュリティと透明性を確保していると説明されています。

こちらから読む:"Cardano Virtual Summit"開催へ「ブロックチェーン」関連ニュース

電子投票の「透明性・セキュリティ」を確保

ロシアの首都モスクワの公式サイト「mos.ru」は、2020年6月5日に憲法改正に関するオンライン投票の参加申し込み受付を開始したことを発表しました。これにより、18歳以上のロシア市民でモスクワに本籍を置く「mos.ru」または「gosuslugi.ru」の個人アカウントを有している人々は、電子投票の参加者になることができると説明されています。

この電子投票システムには「ブロックチェーン技術」が活用されているとのことで、公式サイトでは『電子投票のセキュリティと透明性はブロックチェーン技術によって保証される』と説明されています。またこの他にも公式サイトでは「情報の改ざんがほぼ不可能なこと、データが匿名化・暗号化されていること、データが複数のサーバーによって分散管理されること」なども説明されています。

実際にこの電子投票システムを利用する場合には"オンライン登録"が必要になるとのことで、この登録作業時には提出された情報を中央データベースの情報と照合した上で、電子投票に参加する資格があるかどうかを特定するとされています。登録時に必要な情報としては「氏名・生年月日・パスポート情報・携帯電話番号・個人口座保険番号(SNILS)」などが挙げられています。

投票システムの利用を許可された人々は憲法改正に賛成または反対票を投じることができ、憲法改正案が承認された場合にはウラジーミル・プーチン大統領の任期が最大2036年まで延長され、承認されなかった場合には2024年に辞任することになります。

オンライン投票の参加申請は2020年6月21日14時までとなっており、オンライン投票に参加できるかどうかの結果は投票開始前日である2020年6月24日にSMSメッセージで通知されることになっています。なお、電子投票自体は6月25日10時00分に開始、6月30日20時00分に終了する予定となっています。これらの時間は全て"現地時間"です。

ブロックチェーン技術を用いた電子投票システムはこれまでにも様々な国や地域で導入されてきましたが、一部の地域ではセキュリティ面での懸念などによって導入を中止した例なども報告されています。電子投票に対する意見は分かれているものの、このような技術は日本でも導入されており、茨城県つくば市は2019年6月にブロックチェーン投票に「顔認証技術」を統合したことなども報告しています。

(画像:mos.ru

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「信用組合ネットワーク」構築へ|IBMとCULedgerが提携

ブロックチェーンで「信用組合ネットワーク」構築へ|IBMとCULedgerが提携

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Ubisoft:イーサリアム基盤の収集アイテム「Rabbids Token」リリース

Ubisoft:イーサリアム基盤の収集アイテム「Rabbids Token」リリース

サービス・商品購入でビットコインがもらえる「BTC還元プログラム」提供へ:Bitrefill

サービス・商品購入でビットコインがもらえる「BTC還元プログラム」提供へ:Bitrefill

「ビットコインは規制しないと危険」カナダ中央銀行

「ビットコインは規制しないと危険」カナダ中央銀行

ハッキングでイーサリアム「55億円相当」流出|韓国大手取引所「Upbit」が正式発表

ハッキングでイーサリアム「55億円相当」流出|韓国大手取引所「Upbit」が正式発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

南アフリカ準備銀行「リテール型中央銀行デジタル通貨(CBDC)」の調査開始

南アフリカ準備銀行「リテール型中央銀行デジタル通貨(CBDC)」の調査開始

Cardano(ADA)は「次のイーサリアムキラー」となるか?PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

Cardano(ADA)は「次のイーサリアムキラー」となるか?PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

オーストリア・ポスト:NFCチップ内蔵のNFT切手「Crypto Stamp 3.0」発売へ

オーストリア・ポスト:NFCチップ内蔵のNFT切手「Crypto Stamp 3.0」発売へ

今注目のNFTやDeFiを活用するプロジェクトTimeCoinProtocol、VTuberプロダクションやゲームプレイヤーマッチングサービスも!

今注目のNFTやDeFiを活用するプロジェクトTimeCoinProtocol、VTuberプロダクションやゲームプレイヤーマッチングサービスも!

ビットバンク:10万円が当たる「ビットコイン・ピザ・デー」記念キャンペーン開始

ビットバンク:10万円が当たる「ビットコイン・ピザ・デー」記念キャンペーン開始

製薬・ヘルスケア大手Roche(ロシュ)Symbol基盤の「dHealth Network」に参加

製薬・ヘルスケア大手Roche(ロシュ)Symbol基盤の「dHealth Network」に参加

トランプ前大統領「ビットコインは詐欺のよう、私は好きではない」と発言

トランプ前大統領「ビットコインは詐欺のよう、私は好きではない」と発言

Moonstakeウォレット「IOSTのステーキング」に対応|特別キャンペーンも開催中

Moonstakeウォレット「IOSTのステーキング」に対応|特別キャンペーンも開催中

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

中国の仮想通貨投資家、政府の規制強化気にせず「強気姿勢」を維持

Google「仮想通貨の広告掲載ポリシーを明確化」条件満たした場合の宣伝を許可

Google「仮想通貨の広告掲載ポリシーを明確化」条件満たした場合の宣伝を許可

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す