ロシア・モスクワ「ブロックチェーン電子投票システム」を活用|憲法改正の国民投票で

by BITTIMES

ロシアの首都モスクワで「ブロックチェーン技術を用いた電子投票システム」が利用されることが明らかになりました。モスクワの公式サイト「mos.ru」によると、電子投票システムにブロックチェーン技術を活用することによって、投票プロセスのセキュリティと透明性を確保していると説明されています。

こちらから読む:"Cardano Virtual Summit"開催へ「ブロックチェーン」関連ニュース

電子投票の「透明性・セキュリティ」を確保

ロシアの首都モスクワの公式サイト「mos.ru」は、2020年6月5日に憲法改正に関するオンライン投票の参加申し込み受付を開始したことを発表しました。これにより、18歳以上のロシア市民でモスクワに本籍を置く「mos.ru」または「gosuslugi.ru」の個人アカウントを有している人々は、電子投票の参加者になることができると説明されています。

この電子投票システムには「ブロックチェーン技術」が活用されているとのことで、公式サイトでは『電子投票のセキュリティと透明性はブロックチェーン技術によって保証される』と説明されています。またこの他にも公式サイトでは「情報の改ざんがほぼ不可能なこと、データが匿名化・暗号化されていること、データが複数のサーバーによって分散管理されること」なども説明されています。

実際にこの電子投票システムを利用する場合には"オンライン登録"が必要になるとのことで、この登録作業時には提出された情報を中央データベースの情報と照合した上で、電子投票に参加する資格があるかどうかを特定するとされています。登録時に必要な情報としては「氏名・生年月日・パスポート情報・携帯電話番号・個人口座保険番号(SNILS)」などが挙げられています。

投票システムの利用を許可された人々は憲法改正に賛成または反対票を投じることができ、憲法改正案が承認された場合にはウラジーミル・プーチン大統領の任期が最大2036年まで延長され、承認されなかった場合には2024年に辞任することになります。

オンライン投票の参加申請は2020年6月21日14時までとなっており、オンライン投票に参加できるかどうかの結果は投票開始前日である2020年6月24日にSMSメッセージで通知されることになっています。なお、電子投票自体は6月25日10時00分に開始、6月30日20時00分に終了する予定となっています。これらの時間は全て"現地時間"です。

ブロックチェーン技術を用いた電子投票システムはこれまでにも様々な国や地域で導入されてきましたが、一部の地域ではセキュリティ面での懸念などによって導入を中止した例なども報告されています。電子投票に対する意見は分かれているものの、このような技術は日本でも導入されており、茨城県つくば市は2019年6月にブロックチェーン投票に「顔認証技術」を統合したことなども報告しています。

(画像:mos.ru

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

顔認証レンタカーサービスに「ブロックチェーン技術」活用:中国Alipay

顔認証レンタカーサービスに「ブロックチェーン技術」活用:中国Alipay

中国調査:仮想通貨への投資を検討している人は「40%」知識理解は未だ不十分

中国調査:仮想通貨への投資を検討している人は「40%」知識理解は未だ不十分

資産運用大手Fidelity:仮想通貨の「カストディサービス」3月開始の可能性

資産運用大手Fidelity:仮想通貨の「カストディサービス」3月開始の可能性

ブロックチェーンで「運転免許証」をデジタル化:豪ニューサウスウェールズ州

ブロックチェーンで「運転免許証」をデジタル化:豪ニューサウスウェールズ州

仮想通貨「Akoin」ケニアの大規模先進医療地域で試験導入へ

仮想通貨「Akoin」ケニアの大規模先進医療地域で試験導入へ

人気のゲームエンジン「Unity」向けの開発キットを発表|韓国ブロックチェーンID企業

人気のゲームエンジン「Unity」向けの開発キットを発表|韓国ブロックチェーンID企業

注目度の高い仮想通貨ニュース

XRP(リップル)価格「50円付近まで高騰」トレンド転換の指標も

XRP(リップル)価格「50円付近まで高騰」トレンド転換の指標も

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

Ripple社「中央銀行デジタル通貨(CBDC)関連プロジェクト」で求人募集

Ripple社「中央銀行デジタル通貨(CBDC)関連プロジェクト」で求人募集

米大手資産運用会社「ビットコイン関連サービス」提供へ:Mariner Wealth × Eaglebrook

米大手資産運用会社「ビットコイン関連サービス」提供へ:Mariner Wealth × Eaglebrook

ZAIFトークン「ERC20プロトコル」に移行へ|テックビューロが今後の方針を発表

ZAIFトークン「ERC20プロトコル」に移行へ|テックビューロが今後の方針を発表

Coincheckつみたて:ビットコインが貰える「サービス開始1周年記念キャンペーン」開始

Coincheckつみたて:ビットコインが貰える「サービス開始1周年記念キャンペーン」開始

BINANCE「XRP保有者に対するSparkトークン付与」の対応方針を発表

BINANCE「XRP保有者に対するSparkトークン付与」の対応方針を発表

KuCoin:ハッキングで影響を受けた暗号資産の「84%」を回収

KuCoin:ハッキングで影響を受けた暗号資産の「84%」を回収

KuCoin「全ての暗号資産の入出金サービス」を再開|ハッキングから約2ヶ月

KuCoin「全ての暗号資産の入出金サービス」を再開|ハッキングから約2ヶ月

【Chiliz】ガラタサライのファントークン$GAL、暗号資産取引所「PARIBU」に上場

【Chiliz】ガラタサライのファントークン$GAL、暗号資産取引所「PARIBU」に上場

民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

民間発行デジタル通貨「2022年にも実用化へ」大手銀行・企業など30社以上が連携

LINE:BITMAX Walletに「ブロックチェーンサービス(DApps)リスト」を追加

LINE:BITMAX Walletに「ブロックチェーンサービス(DApps)リスト」を追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す