米取引所コインベース:上場検討中の暗号資産「18銘柄」を公開

by BITTIMES

米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」は、2020年6月10日に同社が新規上場を検討している暗号資産(仮想通貨)の候補18銘柄を公開しました。

こちらから読む:欧米の機関投資家80%が仮想通貨に関心「暗号資産」関連ニュース

新規上場検討中の暗号資産「18銘柄」を公開

Coinbase(コインベース)は取引所でサポートする暗号資産の拡充を続けており、上場前には透明性を維持するために新規上場を検討している暗号資産を一般ユーザー向けに公開しています。今回の発表では、同社が新たに取り扱いを検討している暗号資産18銘柄のリストが公開されました。

【Coinbaseが新規上場を検討している暗号資産】
・アーヴ(Aave/LEND)
・アラゴン(Aragon/ANT)
・アーウィーブ(Arweave/AR)
・バンコール(Bancor/BNT)
・コンパウンド(Compound/COMP)
・デジバイト(Digibyte/DGB)
・ホライズン(Horizen/ZEN)
・ライブピア(Livepeer/LPT)
・ニューサイファー(NuCypher/NKMS)
・ヌメライア(Numeraire/NMR)
・キープ・ネットワーク(Keep Network/KEEP)
・オリジン・プロトコル(Origin Protocol/OGN)
・レン(Ren/REN)
・レンダー・ネットワーク(Render Network/RNDR)
・シアコイン(Siacoin/SC)
・スケールネットワーク(SKALE Network)
・シンセティックス(Synthetix/SNX)
ヴィチェーン(VeChain/VET)

なお、Coinbase(コインベース)で実際に暗号資産が上場するまでには、技術・コンプライアンスなどの面で調査を行った上で一定の基準を満たし、コインベースがサービスを提供している一部地域の規制にも準拠する必要があるため「これらの暗号資産全てが上場する」と決定した訳ではありません。

しかし、コインベースは『将来的には世界中の人々がCoinbaseのプラットフォームを通じて流通しているデジタル資産全ての合計時価総額の少なくとも90%にアクセスできるようになると予想している』と語っているため、今後もさらに多くの暗号資産がサポートされていくことになると予想されます。

なお、2020年5月29日にはCoinbaseのカストディサービスにテザー(Tether/USDT)が追加されることが発表されていましたが、その後このツイートは削除されており、サイト上でもUSDTが検索対象から外されたことが確認されています。USDTが削除された理由などについては現時点で明らかにされていません。

>>「Coinbase」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エストニアの仮想通貨取引所「Kriptomat」リップル(XRP)の取り扱い開始

エストニアの仮想通貨取引所「Kriptomat」リップル(XRP)の取り扱い開始

仮想通貨の最高値「11年後」に|機関投資家がポイント:CARDANO創設者

仮想通貨の最高値「11年後」に|機関投資家がポイント:CARDANO創設者

GMOコイン「NEM/XEM」と「Stellar Lumens/XLM」の取り扱いを開始

GMOコイン「NEM/XEM」と「Stellar Lumens/XLM」の取り扱いを開始

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

ソシオスドットコム:会員証機能を備えたデビットカード「Socios ID」発行へ

ソシオスドットコム:会員証機能を備えたデビットカード「Socios ID」発行へ

ビットコイン、ついに「上昇トレンド」突入か|S2Fモデルで強気相場前のシグナル点灯

ビットコイン、ついに「上昇トレンド」突入か|S2Fモデルで強気相場前のシグナル点灯

注目度の高い仮想通貨ニュース

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

世界最大の資産運用会社BlackRock:2ファンドで「ビットコイン」を投資対象に

世界最大の資産運用会社BlackRock:2ファンドで「ビットコイン」を投資対象に

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

コインチェック「Enjin Coin/ENJ」取扱い開始|積立・貸出サービスでもサポート

コインチェック「Enjin Coin/ENJ」取扱い開始|積立・貸出サービスでもサポート

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す