Microsoft:ビットコイン基盤の分散型ID管理システム「ION」ベータ版を公開

by BITTIMES

Microsoft(マイクロソフト)は2020年6月10日に、ビットコイン(Bitcoin/BTC)のブロックチェーン上で動作する分散型身分証明ネットワーク「アイデンティティ・オーバーレイ・ネットワーク(Identity Overlay Network/ION)」をベータ版に移行したことを発表しました。

こちらから読む:日本初の"BTCマイニングファンド"設立へ「ビットコイン」関連ニュース

Identity Overlay Network(ION)とは

Microsoft(マイクロソフト)が開発を進めている「アイデンティティ・オーバーレイ・ネットワーク(Identity Overlay Network/ION)」は、ビットコインのパブリックブロックチェーンを利用する分散型の身分証明ネットワークであり、「分散型アイデンティティ財団(DIF)」と共同で開発が進められています。

Identity Overlay Network(ION)は、ユーザーがメールアドレスやログイン情報などといった自分のデジタルID情報を保護できるようにするために暗号化で認証できる識別子を生成するものであり、それらのデジタルID情報をビットコインのパブリックブロックチェーン上で管理することによって「ユーザー自身が自分のアイデンティティを所有することができる分散型システム」として機能します。

IONはビットコインのセカンドレイヤー技術である「Sidetreeプロトコル」をベースとしているものの、ID自体は交換されないため合意形成システムを持っておらず、サイトチェーンとは明確に異なるものだと説明されています。IONは1秒間に何万回ものトランザクションを実行することができるため、世界規模の分散型IDとして機能するパフォーマンスを有しているとのことです。

最後のv1バージョン「2020年秋リリース」に向けて

マイクロソフトは『パブリックベータ版テストのためのビットコインメインネットへの移行は、2020年秋にリリースを予定している最後のv1バージョンに向けた主要なステップである』と述べており、今後数ヶ月間のテストを通じてフィードバックを収集し、プロトコルの強化・改善・コミュニティの成長促進に取り組むと説明しています。

また、様々なユースケースにIONを活用するデモやプロジェクトなどにも取り組んでいるとのことで『ハッカソンやその他のコラボレーションイベントを通じてコミュニティと一緒に開発する予定』だと伝えられています。

IONのユースケースとしては、新型コロナウイルスに関連したオンラインの健康報告や感染追跡などといった「医療における個人情報の保護」などが挙げられていますが、その他にも「オンライン個人情報」や「プライバシーのセキュリティ強化」などでも活用していくことが想定されていると伝えられています。

>>「Microsoft」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

GoSats:インドで「ビットコイン還元機能付きデビットカード」をリリース

GoSats:インドで「ビットコイン還元機能付きデビットカード」をリリース

中国政府関係者:仮想通貨トレーダーに対し「落ち着くよう」求める

中国政府関係者:仮想通貨トレーダーに対し「落ち着くよう」求める

米国家安全保障局がビットコインのブロックチェーンを監視?

米国家安全保障局がビットコインのブロックチェーンを監視?

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

世界最大級の決済端末メーカー「Verifone」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

世界最大級の決済端末メーカー「Verifone」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

暗号資産取引所の名前を利用した「詐欺・偽サイト」に要注意|国内2社が注意喚起

暗号資産取引所の名前を利用した「詐欺・偽サイト」に要注意|国内2社が注意喚起

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

Huobi Japan:最大3万円相当の暗号資産が当たる「ウェルカムキャンペーン」開始

Huobi Japan:最大3万円相当の暗号資産が当たる「ウェルカムキャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す