トルコの不動産会社:複数銘柄対応の「暗号資産決済」を導入|オンライン物件閲覧も可能

by BITTIMES

トルコの大手不動産会社である「Antalya Homes(アンタルヤ・ホームズ)」は不動産購入者がビットコイン(Bitcoin/BTC)などの暗号資産(仮想通貨)で支払いを行うことができるようになったことを発表しました。2020年6月15日の発表によると、同社はトルコにおけるビットコイン決済を用いた不動産売買で過去最高額となる125万ドル(約1億3,400万円)の取引を処理したと報告されています。

こちらから読む:コカコーラ自販機で"BTC決済"が可能に「暗号資産決済」関連ニュース

BTC・ETH・XRPなど「複数の暗号資産」に対応

トルコの大手不動産会社である「Antalya Homes(アンタルヤ・ホームズ)」は現在、ビットコイン(BTC)などをはじめとする複数の暗号資産(仮想通貨)による支払いを受け入れています。

同社の公式サイトには「ビットコイン決済」のボタンが設置されていますが、その他にも
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(Ripple/XRP)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
テザー(Tether/USDT)
ステラ(Stellar/XLM)
ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
などの暗号資産も利用することができると説明されています。

Antalya Homes(アンタルヤ・ホームズ)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための取り組みとして、ドローンなどを用いた「不動産のバーチャルツアー」を実施しており、そのプラットフォーム上で暗号資産をサポートしたと伝えられています。

同社は「TeleProperty」と呼ばれる遠隔不動産販売サービスを通じて"オンラインでの物件閲覧"を実現しており、ドローン撮影による外観確認だけでなく「Facetime・Whatsapp・Skype」などを通じてビデオ通話を行い、売り手に質問したり、物件の詳細情報を確認したりすることもできると伝えられています。

トルコ不動産業界で過去最高額のBTC取引

暗号資産を用いた不動産売買は実際に行われており、同社の会長であるBayram Tekce氏は『トルコにおけるビットコイン決済の不動産売却では過去最高額である125万ドル(約1億3,400万円)の取引が行われた』ということを報告しています。

アンタルヤのヴィラ販売では、ドローンで家の外観を記録してお客様とオンラインで見学ツアーを実施しました。その後、オンライン会議を通じて購入希望者と販売者側で交渉を行いました。Antalya Homesはビットコインによる販売を仲介しています。125万ドルに相当するこの売却は、トルコでこれまでに行われたビットコイン決済による不動産売却の中で最も高額なものとなりました。

不動産業界では、ビットコイン決済だけでなく「ブロックチェーン技術」の導入も進み始めており、日本の大手住宅メーカーである「積水ハウス(Sekisui House)」は今月8日に、同社が立ち上げに参加している企業間情報連携推進コンソーシアム「NEXCHAIN(ネクスチェーン)」のブロックチェーン技術を用いて、"賃貸入居時に発生する賃貸物件の内覧・契約手続き・生活インフラの契約などといった一連の手続きをワンストップ化した業界初のサービス実現"に向けて取り組んでいくことを発表しています。

>>「Antalya Homes」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

EOS開発企業「SNS投稿による収益化」を実現する技術で特許取得

EOS開発企業「SNS投稿による収益化」を実現する技術で特許取得

Liqui:仮想通貨取引所の「サービス終了」を発表|2月末までに資産移動を

Liqui:仮想通貨取引所の「サービス終了」を発表|2月末までに資産移動を

Facebookの独自通貨プロジェクト「提携企業28社」が判明|100社まで拡大の可能性も

Facebookの独自通貨プロジェクト「提携企業28社」が判明|100社まで拡大の可能性も

受付開始:SBIバーチャル・カレンシーズの一般口座開設がスタート

受付開始:SBIバーチャル・カレンシーズの一般口座開設がスタート

BINANCE:Cardano(ADA)・Chainlink(LINK)の「レバレッジトークン」追加へ

BINANCE:Cardano(ADA)・Chainlink(LINK)の「レバレッジトークン」追加へ

2024年、電気通信業界のブロックチェーン市場は世界で「1,500億円規模」に

2024年、電気通信業界のブロックチェーン市場は世界で「1,500億円規模」に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Kraken(クラーケン)「日本ユーザーの新規アカウント登録」受付開始

Kraken(クラーケン)「日本ユーザーの新規アカウント登録」受付開始

中国建設銀行:デジタル人民元用の「ウォレット機能」を一時的に公開

中国建設銀行:デジタル人民元用の「ウォレット機能」を一時的に公開

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引サービス」提供へ|新規口座開設受付も開始

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引サービス」提供へ|新規口座開設受付も開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月6日〜12日

Zaif(ザイフ)「金融庁への業務改善報告義務」本日31日で解除に

Zaif(ザイフ)「金融庁への業務改善報告義務」本日31日で解除に

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引サービスの「取引手数料」変更へ

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引サービスの「取引手数料」変更へ

Ultra×Atari:家庭用ゲーム機に「ブロックチェーンゲーム関連機能」標準搭載へ

Ultra×Atari:家庭用ゲーム機に「ブロックチェーンゲーム関連機能」標準搭載へ

暗号資産取引所「DeCurret(ディーカレット)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「DeCurret(ディーカレット)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

SBI VCトレード「B2C2 Limited」をマーケットメイカーに追加|取引所サービス拡充へ

SBI VCトレード「B2C2 Limited」をマーケットメイカーに追加|取引所サービス拡充へ

XRP保有者に対するSparkエアドロップ「スナップショット撮影日」が判明:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkエアドロップ「スナップショット撮影日」が判明:Flare Networks

モナコイン(MONA)半減期まで「残り12時間」Google検索量も増加傾向

モナコイン(MONA)半減期まで「残り12時間」Google検索量も増加傾向

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す