野村×Ledger×CoinShares:デジタル資産のカストディサービス「Komainu」立ち上げ

by BITTIMES

野村ホールディングス・Ledger(レジャー)・CoinShares(コインシェアーズ)の3社が2020年6月17日に金融機関のデジタル資産を安全に保護するためのカストディサービス「Komainu(コマイヌ)」を立ち上げたことが明らかになりました。

こちらから読む:ゲーム大手Ubisoft、"Rabbids Token"を公開「暗号資産」関連ニュース

Komainu「新規顧客」向けにサービス提供へ

Komainu(コマイヌ)は、日本の大手投資銀行・証券持株会社である「野村ホールディングス」、ハードウェアウォレットを展開する「Ledger(レジャー)」、暗号資産ファンドなどを手がける「CoinShares(コインシェアーズ)」の3社が立ち上げた合弁会社であり、金融機関向けにデジタル資産のカストディ(保管)サービスを提供しています。

同社は暗号資産のカストディサービス「Komainu」を過去4〜5ヶ月間に渡って少数の顧客向けに試験的に提供していましたが、今後は正式に新規顧客向けのサービスとして運用を開始すると伝えられています。

CoinSharesの最高戦略責任者であるMeltem Demirors(メルテム・デミラーズ)氏は『機関投資家向けに暗号資産のカストディ事業を提供するパイオニアとして、私たちはデジタル資産投資を金融業界の最前線にもたらすために重要なインフラを構築する役割を担っている』と述べており、『暗号資産業界の大手ハードウェレットメーカーである「Ledger」や、大手投資銀行である「野村ホールディングス」との連携は高いセキュリティを備えた業界最高レベルの金融サービスを提供するために非常に重要である』と説明しています。

また、LedgerのCEOであるPascal Gauthier(パスカル・ゴティエ)氏は『機関投資家はデジタル資産の保管に関してコンプライアンスとセキュリティを求めているため、適切なセキュリティがなければデジタル資産は彼らにとって"危険なモノ"になってしまう』と述べており、Komainuの代表を務めるCoinSharesの共同創業者兼CEOのJean-Marie Mognetti(ジャン・マリー・モグネッティ)氏はロイターの取材に対して『その他のカストディシステムと比較した場合のKomainuの利点は"大規模な金融機関の技術システムと統合することができること"だ』と説明しています。

デジタル資産をより安全に保管・管理することができるカストディサービスは機関投資家や大手金融機関の参入を促すために極めて重要であると考えられているため、各分野で大きな実績を有している3社が協力して提供する「Komainu(コマイヌ)」が新規顧客向けサービスとして運用されることによって、機関投資家などの新規参入につながると期待されています。

野村ホールディングスはデジタル資産やブロックチェーン関連のプロジェクトに積極的に取り組んでいることでも知られており、BOEING・IBM・LGなどといった数多くの大手企業が参加している分散型台帳プラットフォーム「へデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph/HBAR)」の運営委員会などにも参加しています。

>>「Komainu」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:販売所サービスで「LSK・IOST」取扱いへ

OKCoinJapan:販売所サービスで「LSK・IOST」取扱いへ

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

【Chiliz×Sorare】サッカー選手の「レアNFTカード」が当たるコラボキャンペーン開催

【Chiliz×Sorare】サッカー選手の「レアNFTカード」が当たるコラボキャンペーン開催

Goldman Sachs「ビットコイン価格は下落が続く」仮想通貨ブームにも言及

Goldman Sachs「ビットコイン価格は下落が続く」仮想通貨ブームにも言及

分散型取引所McAfeeDEX「Tron/TRX」関連の仮想通貨サポートへ|11月8日から

分散型取引所McAfeeDEX「Tron/TRX」関連の仮想通貨サポートへ|11月8日から

PolkaFantasy「1つで複数のゲームが楽しめる限定NFT」販売へ

PolkaFantasy「1つで複数のゲームが楽しめる限定NFT」販売へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

MicroStrategy「1,200億円相当のビットコイン」を追加購入|BTC保有量は競争状態に

MicroStrategy「1,200億円相当のビットコイン」を追加購入|BTC保有量は競争状態に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す