Facebook:未来予測アプリ「Forecast」のベータ版公開|Libraとの連携期待する声も

by BITTIMES

Facebook(フェイスブック)の新製品実験チームは2020年6月23日に、クラウドソーシングを利用して未来の出来事を予測するコミュニティプラットフォーム「Forecast(フォーキャスト)」のベータ版を発表しました。今回の発表を受けて、暗号資産業界では「Forecast」と「Libra(リブラ)」の連携を期待する意見なども出ています。

こちらから読む:主要4銘柄で"売り圧力"強まる可能性「暗号資産」関連ニュース

Facebookの「Forecast(フォーキャスト)」とは

(画像:Facebook)(画像:Facebook)

Facebook(フェイスブック)の新製品実験チームが発表した「Forecast(フォーキャスト)」は、クラウドソーシングを利用して未来の出来事を予測するコミュニティプラットフォームであり、コミュニティメンバーは将来に関する質問をしたり、予測を行ったり、話し合いを行って1つの予測を立てたりすることができるようになっています。

今回の発表では、招待者のみが利用できる「iOS版Forecastアプリのベータ版」がリリースされたことが報告されており、具体的には米国とカナダで招待された医療・研究・教育機関のコミュニティメンバーが利用することになるとされています。

ベータ版アプリを利用したテストでは「新型コロナウイルスのパンデミックと、それが私たちの周りの世界に与える影響」に関する予測が行われることになっています。

これらの予測や会話には"招待者のみ"しか参加できないことになっていますが、全ての予測とディカッションは「Forecastの公式ウェブサイト」で公開されているため、参加者意外もその内容を確認することができるようになっています。

「Libraとの連携」を期待する意見も

今回の発表の中では「ブロックチェーン」や「暗号資産(仮想通貨)」などといった技術との関連性は説明されていませんが、Facebookは暗号資産・ブロックチェーンプロジェクトである「Libra(リブラ)」との関わりが強い企業であるため、暗号資産業界では"ForecastとLibraの連携"に期待する意見が多数出ています。

未来予測にブロックチェーンや暗号資産を取り入れたサービスはこれまでにも複数開発されており、分散型予測プラットフォームを展開する「オーガー(Augur/REP)」はネイティブトークンであるREPを使用して将来起こり得る出来事に投票したり、予測を的中させることによって暗号資産で報酬を獲得したりできる仕組みを採用しています。

「Forecast」でも"アプリ内ポイント"を使用して予測する仕組みが採用されているため、現在議論が交わされている「Libra」の問題が解決すれば、将来的にはこの"アプリ内ポイント"が「Libra」に置き換えられる可能性もあると考えられます。いずれにせよ「Forecast」はすでに公開されている未来予測関連サービスの競合となる可能性があるため、今後の動きには注目が集まっています。

>>「Facebook」の公式発表はこちら
>>「Forecast」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【日本初】鉄道・バスのメタバースミュージアム「にしてつバース」展開へ:西日本鉄道

【日本初】鉄道・バスのメタバースミュージアム「にしてつバース」展開へ:西日本鉄道

Huobi Japan:独自仮想通貨フォビトークン(HT)「日本国内」でも取扱いへ

Huobi Japan:独自仮想通貨フォビトークン(HT)「日本国内」でも取扱いへ

シカゴ・マーカンタイル取引所「ビットコインオプション取引」を開始

シカゴ・マーカンタイル取引所「ビットコインオプション取引」を開始

女優・創作あーちすと「のん」ReConeでNFT保有者限定メタバースコミュニティ開設

女優・創作あーちすと「のん」ReConeでNFT保有者限定メタバースコミュニティ開設

スイス大手ビジネス誌:仮想通貨を「一面記事」で特集|BTC称賛するコメントも

スイス大手ビジネス誌:仮想通貨を「一面記事」で特集|BTC称賛するコメントも

韓国科学情報通信省「メタバースのための法律制定」を提言

韓国科学情報通信省「メタバースのための法律制定」を提言

注目度の高い仮想通貨ニュース

ファイルコイン財団:分散型ファイルシステム(IPFS)を宇宙展開「Lockheed Martin」と協力

ファイルコイン財団:分散型ファイルシステム(IPFS)を宇宙展開「Lockheed Martin」と協力

c0ban取引所:停止していた各種サービスを再開|業務停止命令の期間が満了

c0ban取引所:停止していた各種サービスを再開|業務停止命令の期間が満了

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

ビル・ゲイツ氏:Web3・メタバースよりも「人工知能(AI)」に関心

ビル・ゲイツ氏:Web3・メタバースよりも「人工知能(AI)」に関心

YGG Japan:スクエニ・セガなど18社から約4億円相当の資金調達

YGG Japan:スクエニ・セガなど18社から約4億円相当の資金調達

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

ナショナル・オーストラリア銀行:豪ドル連動ステーブルコイン「AUDN」発行へ

ナショナル・オーストラリア銀行:豪ドル連動ステーブルコイン「AUDN」発行へ

MCH:GameFi領域で「カイカフィナンシャルホールディングス」と業務提携

MCH:GameFi領域で「カイカフィナンシャルホールディングス」と業務提携

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

カザフスタン国立銀行:中央銀行デジタル通貨のテスト開始|BINANCEも協力

カザフスタン国立銀行:中央銀行デジタル通貨のテスト開始|BINANCEも協力

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)とメタケード(MCADE)市場はインフレ冷え込みを示すにつれて上昇傾向にあり

ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)とメタケード(MCADE)市場はインフレ冷え込みを示すにつれて上昇傾向にあり

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す