Libra公式ウォレット「Novi(ノヴィ)」へと名称変更

by BITTIMES

Libra(リブラ)プロジェクトで発行される仮想通貨(暗号資産)を保管・使用・送受金するためのウォレットである「Calibra(カリブラ)」の名称が「Novi(ノヴィ)」へと変更されたことが2020年5月26日に発表されました。

こちらから読む:政府系ファンドを含む"投資会社3社"が加盟「Libra」関連ニュース

Calibraの名称を「Novi(ノヴィ)」へと変更

Libra(リブラ)プロジェクトの公式サイトが公開された2019年6月のタイミングで同時に発表された「Calibra(カリブラ)」は、Libraプロジェクトで発行されるデジタル通貨を保管・使用するための"ウォレット・決済アプリ"として知られていましたが、今回の発表では「Calibra(カリブラ)」の名称が「Novi(ノヴィ)」へと変更されたことが報告されています。

「Calibra」で検索を行うと以前まで使用されていた「calibra.com」のサイトが表示されますが、公式サイトやURLなどは既に「Novi」や「novi.com」へと変更されているため、「calibra.com」にアクセスしても「novi.com」へと移動する仕様に変更されています。

Novi(ノヴィ)の開発企業はFacebook(フェイスブック)の子会社である「Novi Financial(ノヴィ・フィナンシャル)」となっていますが『Novi FinancialはFacebookから独立して運営されており、本社はカリフォルニア州メンローパークにある』と説明されています。

名称変更の理由は?

「Calibra」は元々、"Libraプロジェクトに関連したウォレットであること"を強調するために「Calibra」という名称を採用していたものの、「カリブラ」と「リブラ」の聞こえ方が非常に似ており、混乱する人が多かったため、2つの名称をはっきりと区別する必要があったとのことです。

新しく採用された「Novi(ノヴィ)」ではロゴマークも変更されていますが、Libraネットワークとの関連性を強調するために同意を得た上でロゴマークにも「Libraのロゴ」を含めたと説明されています。

「Novi」のロゴマーク(画像:Novi公式サイト)「Novi」のロゴマーク(画像:Novi公式サイト)

Libra公開と同時に「初期バージョン」提供へ

Libraプロジェクトでは各国の法定通貨に価値が連動した"複数のステーブルコイン"が発行される予定となっていますが、「Novi」はこれらの仮想通貨を保管するための財布として機能するだけでなく、メッセージを送信するのと同じくらい簡単に送金することができるとされています。

「Novi」は独立したウォレットアプリとして使用できるだけでなく「Messenger(メッセンジャー)」や「WhatsApp(ワッツアップ)」でも使用できるとのことで、国をまたいだ送金・受金・出金を行う際にも"隠れた手数料なしですぐに送金することができる"と説明されています。

また『Noviを使用する全ユーザーの情報は、政府が発行するIDを使用して検証され、詐欺防止機能がアプリ全体に組み込まれる』とも説明されています。何か問題があった場合や質問がある場合などには「チャットベースのサポート」と「カスタマーケアチーム」に24時間年中無休でアクセスできるとのことです。

「Novi」の開発チームは、Libraネットワークが利用可能になったタイミングで「Noviの初期バージョン」を公開することを目指していると述べています。

>>「Novi」の公式発表はこちら
>>「Novi」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「私は持っていないが、保有すべき」ドラッケンミラー氏がビットコインを評価

「私は持っていないが、保有すべき」ドラッケンミラー氏がビットコインを評価

Kakaoのブロックチェーン「Klaytn」OKExなど多数の大手企業と提携

Kakaoのブロックチェーン「Klaytn」OKExなど多数の大手企業と提携

ディーカレット「XRP売買サービス」再開へ|1日あたりの最大注文数量は変更に

ディーカレット「XRP売買サービス」再開へ|1日あたりの最大注文数量は変更に

あのブロックチェーンゲームが「手塚プロダクション」とコラボ|人気キャラが多数登場

あのブロックチェーンゲームが「手塚プロダクション」とコラボ|人気キャラが多数登場

NFL選手Sean Culkin「2021年の年棒全て」をビットコイン(BTC)に交換

NFL選手Sean Culkin「2021年の年棒全て」をビットコイン(BTC)に交換

MetaMask「Stripe用いた仮想通貨購入」が可能に|法定通貨による決済手段を拡充

MetaMask「Stripe用いた仮想通貨購入」が可能に|法定通貨による決済手段を拡充

注目度の高い仮想通貨ニュース

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

学んで稼げるLearn-to-Earn型BRC-20トークン、99Bitcoinsのプレセールが150万ドルを突破

学んで稼げるLearn-to-Earn型BRC-20トークン、99Bitcoinsのプレセールが150万ドルを突破

NIDTの利用機会がさらに広がる?「今後のスケジュール・Web3施策」発表:オーバース

NIDTの利用機会がさらに広がる?「今後のスケジュール・Web3施策」発表:オーバース

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

犬・AI・ソーセージを融合した不思議な最新ミームコインWiener AI、プレセールで即座に30万ドル超え

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

ビットポイント:ソラナ(Solana/SOL)取扱開始|記念キャンペーンも開催

ビットポイント:ソラナ(Solana/SOL)取扱開始|記念キャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す