Cardano:残高確認用の新たな「Daedalus Shelleyウォレット」公開|開発も順調に進行中

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano/ADA)の開発を担当している「IOHK」は2020年7月1日に、カルダノブロックチェーンの大型アップグレード「Shelley(シェリー)」の進捗状況を報告し、「残高確認用の新しい"Daedalus Shelleyウォレット"が利用できるようになったこと」や「Shelley実装に向けた取り組みが順調に進んでいること」などを明らかにしました。

こちらから読む:BC基盤の分散型金融ソリューション構築へ「Cardano」関連ニュース

「テストネット版ダイダロスの新バージョン」公開

カルダノ(Cardano/ADA)の開発を担当している「IOHK」は、次の大型アップグレード「Shelley(シェリー)」の導入に向けた開発を続けており、今年5月には具体的な今後の予定をまとめたスケジュールなども公開されていました。

今回の発表では「Shelleyテストネット用ダイダロスウォレット」の"新しいバージョン"がリリースされたことが報告されています。このウォレットは『インセンティブ付きテストネット(ITN)でステークプールを委任・運用してきた全てのADA保有者が、自分の報酬を確認するためのもの』だと説明されています。

カルダノはShelley実装後に利用可能となる「ステーキング」の機能を事前にテストするために、参加を希望する一部のADA保有者向けに「実験的なステーキング機能を搭載した"テストネット版ダイダロスウォレット」を公開していましたが、今回新たにリリースされた「Daedalus 1.1.0-STN1」を利用することによって、テストネットに参加してステーキング報酬を獲得していた人々は報酬の残高が「Shelley Testnet」に正しく反映されているかどうかを確認することができるようになります。

メインネットでの報酬付与前の最終確認

テストネットで獲得したステーキング報酬は最終的にShelleyがメインネットで実装された後に「メインネット版ダイダロスウォレット」を介してユーザーのウォレットへと付与される予定となっていますが、今回リリースされたバランスチェック機能(残高確認機能)は『メインネットでの報酬付与の前に提供される"獲得した報酬の最終確認"』だと説明されています。

また、今回の発表では「Shelley公開」向けた段階的なリリースの中でテストネットをサポートするために以下のような新しい機能が段階的に「ダイダロスウォレット」に追加されることも報告されています。

  • 委任のサポート
  • レガシーバイロンウォレットのサポート
  • レガシーバイロンウォレットから新しいシェリーウォレットへと全ての資金を移動する機能
  • ステークプールを表示して獲得した報酬を確認する機能

なお、新しくリリースされた「Daedalus Shelley Testnet 1.1.0-STN1」は「testnets.cardano.org」の公式サイトからダウンロードすることができ、残高確認を行うためには「インセンティブ付きテストネットで使用した報酬ウォレットの復元フレーズ」が必要となります。

「Daedalus Shelley Testnet 1.1.0-STN1」で残高を確認するための手順は「IOHK」の公式サイトでも日本語で説明が行われているため、詳細を確認したい方は以下のリンクから公式サイトをご確認ください。
>>「Daedalus Shelley Testnet 1.1.0-STN1」のダウンロードはこちら
>>「残高確認までの手順」はこちら

Shelley公開に向けた計画は「予定通り進行中」

今回の発表では、Shelleyパブリックテストネットで「ノードv1.14.2」を1週間以上稼働させてきた上でノードが正常に稼働したことを確認し、新しいノードがCardanoメインネットで立ち上げられていることも報告されています。

新しいノードは当初の予定通り2020年6月30日〜2020年7月7日間に稼働する予定であり、正確な稼働日は正常にデプロイされた時にお知らせするとされています。

今年5月末に公開された「Shelley公開までのスケジュール」では『2020年7月29日にShelleyハードフォークを実施する』という予定が記されていましたが、現時点ではほぼ予定通りに計画が進行しているため、7月29日のShelleyハードフォーク実施にも強い自身を持っていると説明されています。

>>「IOHKチーム」の公式発表はこちら

2020年7月1日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月初めに10円付近まで回復したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年7月1日時点では「1ADA=9.01円」まで回復しています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年4月2日〜2020年7月1日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年4月2日〜2020年7月1日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Cardano/ADA】ステークプールの「ポートフォリオ作成機能」など導入へ

【Cardano/ADA】ステークプールの「ポートフォリオ作成機能」など導入へ

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

仮想通貨「担保型ローン」提供を計画:米シルバーゲート銀行

仮想通貨「担保型ローン」提供を計画:米シルバーゲート銀行

ランサーズ「メタバース領域のスキル出品」を開始|VR・3DCG・NFT・仮想通貨など

ランサーズ「メタバース領域のスキル出品」を開始|VR・3DCG・NFT・仮想通貨など

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットフライヤー「FLRトークンの取扱い・付与方針」について続報

ビットフライヤー「FLRトークンの取扱い・付与方針」について続報

注目度の高い仮想通貨ニュース

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

MARSWAP「Shibarium初のDEXアグリゲーター」公開|マルチ&クロスチェーン対応も予定

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す