メタマスク:プライバシー保護機能などを備えた「MetaMaskバージョン8」リリース

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)関連の暗号資産(仮想通貨)を保管することができる人気のウォレット「MetaMask(メタマスク)」は2020年7月2日に、ユーザーのプライバシーを保護する新機能などを搭載した「MetaMaskバージョン8」をリリースしたことを発表しました。

こちらから読む:新型コロナ後、"高齢世代のBTC投資"が倍増「暗号資産」関連ニュース

「アカウントの切り替え機能」を搭載

MetaMask(メタマスク)が新たにリリースした「MetaMask Version 8」には、ユーザーのプライバシー保護に役立つ「アカウント切り替え機能」が搭載されています。

現在一般的にリリースされている多くの暗号資産ウォレットでは「単一のアカウント」で暗号資産を管理する仕組みが採用されているため、接続した全てのウェブサイトにそれらの個人情報が公開されていました。

しかし、新しくリリースされた「MetaMask Version 8」には、ウェブサイトに接続する際に「そのウェブサイトに関連付ける1つ以上のアカウントを選択する」もしくは「そのウェブサイト専用の新しいアカウントを作成する」のどちらかを選べるオプションが追加されているため、ユーザーはそれぞれのウェブサイトで簡単にアカウントを使い分けることができるようになっています。

また、"使用しているアカウントに接続されていないウェブサイト"を開いた場合には、MetaMaskが「警告」を表示する仕様となっているため、誤ってアカウント情報を公開してしまうミスも防止することができます。

滑らかで新しいユーザーインターフェース(UI)

「MetaMask Version 8」における最も大きな変更点としては「ユーザーインターフェース(UI)の更新」が挙げられています。MetaMaskの開発チームは『新機能をまとまったエクスペリエンスで提供することに重点を置いている』と述べており、『MetaMask Version 8を初めて開くと便利なUIヒントを通じて新機能が紹介される』と説明しています。

具体的には「ホーム画面・アセットページ・トランザクション履歴」のページが再設計されており、保有している暗号資産などの情報に簡単にアクセスできるようになったとされています。

ホーム画面には「Asset(アセット)」タブと「Activity(アクティビティ)」タブが追加されているため、「保有している暗号資産」や「トランザクション履歴」をより簡単に確認することができるようになっています。

(画像:MetaMask)(画像:MetaMask)

(画像:MetaMask)(画像:MetaMask)

「開発者向けのその他新機能」も搭載

今回の発表では「開発者向けの複数の暗号化機能」が導入されたことも報告されており、新しい「LavaMoatツール」を使用すればほぼすべてのJavaScriptプロジェクトのセキュリティレベルを引き上げることができるとされています。

2019年後半に明らかにされた「LavaMoat」はユーザーの秘密鍵を盗もうとする攻撃からJavaScriptプロジェクトを保護するための新しいツールセットであり、『LavaMoatで保護された最初のプロセスは現在、本番稼働している』と報告されています。

「MetaMask Version 8」の詳細は以下の公式発表ページで確認することができます。
>>「MetaMask」の公式発表はこちら
>>「MetaMask Version 8」のダウンロードはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

あなたのアルトコインは大丈夫?開発の進捗が見られない「デッド通貨」1,240銘柄公開

あなたのアルトコインは大丈夫?開発の進捗が見られない「デッド通貨」1,240銘柄公開

XRP「15倍の価格上昇」を予想|ゴールドマンサックス元幹部、初めて暗号資産に投資

XRP「15倍の価格上昇」を予想|ゴールドマンサックス元幹部、初めて暗号資産に投資

【速報】OKCoinJapan:暗号資産現物取引サービス「8月20日」から提供へ|入金受付も開始

【速報】OKCoinJapan:暗号資産現物取引サービス「8月20日」から提供へ|入金受付も開始

BINANCE:新たな暗号資産マイニングサービス「Smart Pool」公開へ

BINANCE:新たな暗号資産マイニングサービス「Smart Pool」公開へ

BINANCE、日本市場進出へ「ヤフーグループ・TAOTAO」と戦略的提携で交渉開始

BINANCE、日本市場進出へ「ヤフーグループ・TAOTAO」と戦略的提携で交渉開始

XRP銀行アプリ「XUMM」iOS・Android版リリース【日本でも利用可能】

XRP銀行アプリ「XUMM」iOS・Android版リリース【日本でも利用可能】

注目度の高い仮想通貨ニュース

アブハジア共和国:仮想通貨マイニング禁止措置を撤廃し「適切な規制」導入へ

アブハジア共和国:仮想通貨マイニング禁止措置を撤廃し「適切な規制」導入へ

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

ビットコイン決済で「プライベートジェット」が購入可能に:Aviatrade

ビットコイン決済で「プライベートジェット」が購入可能に:Aviatrade

コインチェック:アルトコイン取引所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

コインチェック:アルトコイン取引所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

ビットフライヤー:イーサリアムクラシック(ETC)の「預入れ」一時停止へ

ビットフライヤー:イーサリアムクラシック(ETC)の「預入れ」一時停止へ

コインチェック「The Sandbox」と連携|NFTマーケットプレイスでトークン取扱いへ

コインチェック「The Sandbox」と連携|NFTマーケットプレイスでトークン取扱いへ

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

SKE48のブロックチェーントレーディングカード「いきなりNFTトレカ」販売決定

SKE48のブロックチェーントレーディングカード「いきなりNFTトレカ」販売決定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す