Ubisoft:イーサリアム基盤の収集アイテム「Rabbids Token」リリース

by BITTIMES   

大手ゲーム開発企業である「Ubisoft(ユービーアイソフト)」は2020年6月17日に、同社が展開している人気ゲーム「Rabbids(ラビッツ)」のキャラクターグッズを収集することができるイーサリアム(Ethereum/ETH)ベースのトークン「Rabbids Token(ラビッツ・トークン)」をリリースしました。このトークンの販売によって得られた資金は「国連児童基金(ユニセフ/UNICEF)」を支援するために使用されることになっています。

Rabbids Token(ラビッツ・トークン)とは

RabbidsToken-logo

Ubisoft(ユービーアイソフト)が新たにリリースした「Rabbids Token(ラビッツ・トークン)」は、イーサリアムのブロックチェーン技術を用いて発行されるERC-721のNFT(代替不可能なトークン)となっています。Rabbids Tokenを購入すると様々なデザインで描かれた「ラビッツのアイテム」を入手することができ、新しいユーザーが購入する度にデザインが変わる仕組みとなっているため、トークン購入者はこれらのアイテムを収集して遊ぶことになります。

Rabbids Token(ラビッツ・トークン)は「Metamask(メタマスク)」などのイーサリアムウォレットを接続した状態で「Rabbids Token」の公式サイトにアクセスすることによって購入することができるようになっており、公式サイト上には合計5種類の購入ボタンが設置されています。

この購入ページには「現在のイラスト・トークン保有者のウォレットアドレス・販売価格」などの情報が表示されているため、トークン購入者はこのページの内容を確認しながらアイテムを収集することが可能です。

(画像:Rabbids Token)(画像:Rabbids Token)

これらのコレクティンググッズは常に販売されているため、購入希望者は指定された金額をETHで支払えばいつでも所有者からコレクティブを購入することができ、元々の所有者は「Proof of Plausible Ownership(POPO)」と呼ばれる仕組みを採用した特別なトークン証明書を受け取ることができます。

Proof of Plausible Ownership(POPO)を採用していることによって、自分が過去に取集したアイテムの情報をトークン譲渡も証明することができるため、「Rabbids Token」で展開されているアイテムの収集記録を証明できる仕組みとなっています。

ラビットトークンの売上は「ユニセフ」に寄付

トークン購入者が支払ったETHは「元の所有者」への送られるわけではなく「国連児童基金(ユニセフ/UNICEF)」のイーサリアムウォレットへと直接送金されることになっているため、トークン購入者はアイテムを集めて図鑑を完成させながらユニセフの活動を支援することができます。

「Rabbids Token」の公式サイトには、接続されたウォレットアドレスが所有している「POPOコレクション」を確認するための"図鑑ページ"も搭載されているため、自分が過去に入手したアイテムはこのページで確認することが可能です。

Ubisoftは『これらの新しいラビッツのコレクティブは他のブロックチェーンゲームと相互運用することができる』とも説明しています。「Rabbids Token」の詳細は以下の公式サイトをご覧ください。
>>「Rabbids Token」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

金持ち父さん著者「ビットコイン暴落は良いニュース」買い増し予定価格も提示

金持ち父さん著者「ビットコイン暴落は良いニュース」買い増し予定価格も提示

Klaytn:暗号資産KLAYの韓国取引所上場に「撤回要求」一方的決定だと批判

Klaytn:暗号資産KLAYの韓国取引所上場に「撤回要求」一方的決定だと批判

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

BTCのエネルギー消費量に透明性を「ビットコインマイニング協議会」設立へ

adidas Originals:メタバース事業で「Bored Ape」などNFTのパイオニアとコラボ

adidas Originals:メタバース事業で「Bored Ape」などNFTのパイオニアとコラボ

Audi(アウディ)限定版の「NFTアート作品」を発表|xNFT Protocolと協力

Audi(アウディ)限定版の「NFTアート作品」を発表|xNFT Protocolと協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

米SEC、仮想通貨投資アプリ「ロビンフッド」に証券法違反の警告

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

シバイヌ:近日中に「Shibarium上でのエアドロップ」実施か?LUCIE氏が予告

シバイヌ:近日中に「Shibarium上でのエアドロップ」実施か?LUCIE氏が予告

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

シバイヌの分散型取引所(DEX)ShibaSwap「Shibarium」に正式対応

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す