Ubisoft:イーサリアム基盤の収集アイテム「Rabbids Token」リリース

by BITTIMES   

大手ゲーム開発企業である「Ubisoft(ユービーアイソフト)」は2020年6月17日に、同社が展開している人気ゲーム「Rabbids(ラビッツ)」のキャラクターグッズを収集することができるイーサリアム(Ethereum/ETH)ベースのトークン「Rabbids Token(ラビッツ・トークン)」をリリースしました。このトークンの販売によって得られた資金は「国連児童基金(ユニセフ/UNICEF)」を支援するために使用されることになっています。

こちらから読む:タイムチケット、eスポーツ関連の新サービス公開「ゲーム」関連ニュース

Rabbids Token(ラビッツ・トークン)とは

RabbidsToken-logo

Ubisoft(ユービーアイソフト)が新たにリリースした「Rabbids Token(ラビッツ・トークン)」は、イーサリアムのブロックチェーン技術を用いて発行されるERC-721のNFT(代替不可能なトークン)となっています。Rabbids Tokenを購入すると様々なデザインで描かれた「ラビッツのアイテム」を入手することができ、新しいユーザーが購入する度にデザインが変わる仕組みとなっているため、トークン購入者はこれらのアイテムを収集して遊ぶことになります。

Rabbids Token(ラビッツ・トークン)は「Metamask(メタマスク)」などのイーサリアムウォレットを接続した状態で「Rabbids Token」の公式サイトにアクセスすることによって購入することができるようになっており、公式サイト上には合計5種類の購入ボタンが設置されています。

この購入ページには「現在のイラスト・トークン保有者のウォレットアドレス・販売価格」などの情報が表示されているため、トークン購入者はこのページの内容を確認しながらアイテムを収集することが可能です。

(画像:Rabbids Token)(画像:Rabbids Token)

これらのコレクティンググッズは常に販売されているため、購入希望者は指定された金額をETHで支払えばいつでも所有者からコレクティブを購入することができ、元々の所有者は「Proof of Plausible Ownership(POPO)」と呼ばれる仕組みを採用した特別なトークン証明書を受け取ることができます。

Proof of Plausible Ownership(POPO)を採用していることによって、自分が過去に取集したアイテムの情報をトークン譲渡も証明することができるため、「Rabbids Token」で展開されているアイテムの収集記録を証明できる仕組みとなっています。

ラビットトークンの売上は「ユニセフ」に寄付

トークン購入者が支払ったETHは「元の所有者」への送られるわけではなく「国連児童基金(ユニセフ/UNICEF)」のイーサリアムウォレットへと直接送金されることになっているため、トークン購入者はアイテムを集めて図鑑を完成させながらユニセフの活動を支援することができます。

「Rabbids Token」の公式サイトには、接続されたウォレットアドレスが所有している「POPOコレクション」を確認するための"図鑑ページ"も搭載されているため、自分が過去に入手したアイテムはこのページで確認することが可能です。

Ubisoftは『これらの新しいラビッツのコレクティブは他のブロックチェーンゲームと相互運用することができる』とも説明しています。「Rabbids Token」の詳細は以下の公式サイトをご覧ください。
>>「Rabbids Token」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

TikTok:初のNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表

タイは仮想通貨とICOに関する規制の強化を検討

タイは仮想通貨とICOに関する規制の強化を検討

ウクライナ:仮想通貨の寄付金で「軍用車両・軍需品・ガスマスク・医療品」などを購入

ウクライナ:仮想通貨の寄付金で「軍用車両・軍需品・ガスマスク・医療品」などを購入

合法化進む「大麻」へのブロックチェーン活用|急成長する2大産業の現状と今後の可能性

合法化進む「大麻」へのブロックチェーン活用|急成長する2大産業の現状と今後の可能性

【重要】Liquid by FTX「日本円・暗号資産の出金・出庫サービス」終了へ

【重要】Liquid by FTX「日本円・暗号資産の出金・出庫サービス」終了へ

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

double jump.tokyo:Oasys初のNFTプロジェクト「OASYX」第一弾を発表

double jump.tokyo:Oasys初のNFTプロジェクト「OASYX」第一弾を発表

ロシア下院「国立暗号資産取引所の設立」に向けて議論=報道

ロシア下院「国立暗号資産取引所の設立」に向けて議論=報道

ビットバンク「FLRトークンの取扱い・XRP保有者に対する配布」を正式発表

ビットバンク「FLRトークンの取扱い・XRP保有者に対する配布」を正式発表

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月27日〜12月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月27日〜12月3日

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

ロンドン証券取引所グループCEO「証券のトークン化」などを検討=報道

ロンドン証券取引所グループCEO「証券のトークン化」などを検討=報道

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

NFTマーケットプレイス「OpenSea」BNBチェーンを新規サポート

NFTマーケットプレイス「OpenSea」BNBチェーンを新規サポート

USDC発行のCircle社「ConcordとのSPAC合併による上場計画」を断念

USDC発行のCircle社「ConcordとのSPAC合併による上場計画」を断念

BINANCE「日本市場に本格参入」サクラエクスチェンジビットコインの全株式を取得

BINANCE「日本市場に本格参入」サクラエクスチェンジビットコインの全株式を取得

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

あなたのインターネットがスロットリングされているかどうかを見分ける方法とそれを回避する方法

あなたのインターネットがスロットリングされているかどうかを見分ける方法とそれを回避する方法

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す