生命保険業に「ブロックチェーン・デジタル通貨」応用へ:大同生命×ディーカレット

by BITTIMES

暗号資産取引所を運営する「DeCurret(ディーカレット)」と同社に出資している生命保険会社「大同生命保険」は、2020年7月7日から"デジタル通貨やブロックチェーン技術を生命保険業に応用するための検証を行う実証実験"を開始したことを発表しました。大同生命は、ディーカレットが構築している「ブロックチェーン上でデジタル通貨を発行・管理するプラットフォーム」を用いて自社ブランドのデジタル通貨を発行し、実証実験参加者に限定した仮想経済圏を構築すると説明しています。

こちらから読む:日本銀行、中央銀行デジタル通貨のレポート公開「国内ニュース」

「物品購入・自動積立・募金の集金」などに活用

DeCurret(ディーカレット)と大同生命保険は2020年7月7日から「デジタル通貨・ブロックチェーン技術の生命保険業への応用可能性を検証するための実証実験」を開始したことを発表しました。

大同生命は、国内生命保険会社としては初めてディーカレットが構築している「ブロックチェーン上でデジタル通貨を発行・管理するプラットフォーム」を用いて自社ブランドのデジタル通貨を発行し、実証実験参加者に限定した仮想経済圏を構築すると説明しています(発行するデジタル通貨の有効期限は2020年7月〜8月までの約2カ月間)。

大同生命は主に中小企業向けの保険販売を行っていますが、現時点では「法人の銀行口座ではネット上での決済に対応しにくい」という場合も多いため、そのような契約先企業との間でデジタル通貨を活用することができると期待されています。

実証実験には大同生命の役職員約100名が参加して、スマホアプリでデジタル通貨を保有し「物品購入・日々の歩数など健康活動の成果に基づいたスマートコントラクトによる自動積立・募金の集金」などの用途でデジタル通貨を活用すると説明されています。

(画像:DeCurret)(画像:DeCurret)

両社はこの実証実験を通じてデジタル通貨の発行から利用までの一連の事務運用などを確認して、保険料収納、保険金支払など実業務への応用可能性を検証するとのことです。

また、今回の実験で使用するブロックチェーンは「ディーカレット」と「大同生命」の2社で共同開発し、相互運用性などの技術的課題の洗い出しなども行うと説明されています。大同生命はこの実証実験を通じて決済での実用性などを確かめ、2023年頃に実用化することを目指しているとのことです。

>>「ディーカレット」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Sorare】ドイツのサッカークラブ「FCバイエルン・ミュンヘン」が新規加入

【Sorare】ドイツのサッカークラブ「FCバイエルン・ミュンヘン」が新規加入

Bybit:過去最大の仮想通貨トレードバトル「World Series of Trading(WSOT)」を発表

Bybit:過去最大の仮想通貨トレードバトル「World Series of Trading(WSOT)」を発表

バスのチケット購入も「ビットコイン決済」で|ブラジルの公共交通機関が導入を計画

バスのチケット購入も「ビットコイン決済」で|ブラジルの公共交通機関が導入を計画

航空機部品の追跡・販売で「ブロックチェーンプラットフォーム」活用:ボーイング

航空機部品の追跡・販売で「ブロックチェーンプラットフォーム」活用:ボーイング

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

規制改革で「日本を仮想通貨先進国に」音喜多議員が行政プロジェクト発足

規制改革で「日本を仮想通貨先進国に」音喜多議員が行政プロジェクト発足

注目度の高い仮想通貨ニュース

bitFlyer Lightning「XRP・XLM・MONAの現物通貨ペア」追加|記念キャンペーンも開催

bitFlyer Lightning「XRP・XLM・MONAの現物通貨ペア」追加|記念キャンペーンも開催

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

NFT関連企業「コインブック(coinbook)」暗号資産交換業者の登録を完了

NFT関連企業「コインブック(coinbook)」暗号資産交換業者の登録を完了

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

CoinMarketCap「Chiliz関連ファントークンのカテゴリ」を追加|一覧表示が可能に

CoinMarketCap「Chiliz関連ファントークンのカテゴリ」を追加|一覧表示が可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す