マネックス証券:レバレッジ取引サービス「暗号資産CFD」本日開始|BCH・XRPにも対応

by BITTIMES   

マネックス証券は2020年7月8日に、暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引サービス「暗号資産CFD」の提供を開始すると発表しました。同サービスは「BTC・ETH・XRP・BCH」の4銘柄に対応しており、専用スマートフォン向けアプリ「MONEX TRADER CRYPTO」を通じて取引することができると説明されています。

こちらから読む:コイネージ、暗号資産交換業者のライセンス取得「国内ニュース」

レバレッジ取引サービス「暗号資産CFD」提供へ

マネックス証券は2020年7月8日に、暗号資産のレバレッジ取引サービスである「暗号資産CFD」の提供を2020年7月8日20時頃から開始することを正式に発表しました。

「BTC・ETH・XRP・BCH」の4銘柄に対応

暗号資産CFDは、最大2倍のレバレッジをかけて以下4銘柄の暗号資産を取引することができる差金決済取引サービスであり、売りからもエントリーできるため、下げ相場でも利益を狙うことができると説明されています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)

このサービスはスマートフォン専用取引アプリ「MONEX TRADER CRYPTO」でのみ取引することができるサービスであり、「PC版取引ツール」の提供はされないと説明されています。

暗号資産CFD専用アプリ「MONEX TRADER CRYPTO」

(画像:マネックス証券)(画像:マネックス証券)

「MONEX TRADER CRYPTO」は、シンプルで使いやすい設計にデザインされた「暗号資産CFD」専用のスマートフォンアプリであり、「ストリーミング注文・指値・逆指値注文」に対応しているだけでなく「OCO・IFD・IFO」などといった複合注文にも対応しているため、『もしも〜円になったらBTCを売る』などといった、複雑な注文を出すこともできるようになっています。

同アプリは無料でダウンロードすることができ、口座を作成していない方でもチャートなどの機能を利用することができるとのことです。

口座開設は「2020年7月8日20時頃」から

暗号資産CFDの口座開設は「2020年7月8日20時00分頃」から可能になると説明されています。なお、同サービスを利用するためには「マネックス証券総合取引口座の開設」が必要となります。

暗号資産CFD口座は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「暗号資産CFD口座」という2つの口座を開設すると利用することが可能です。

「暗号資産CFD」サービス概要

【取り扱い銘柄・通貨ペア】
ビットコイン(BTC)/円
ビットコインキャッシュ(BCH)/円
イーサリアム(ETH)/円
リップル(XRP)/円

取引手数料:無料
レバレッジ:最大2倍(注文金額/建玉金額の50%の証拠金が必要)
レバレッジ手数料:0.04%
両建て:可能
ロスカット(プレアラート):証拠金維持率が120%以下の水準
ロスカット:証拠金維持率が100%以下の水準
注文受付時間:24時間365日(週次メンテナンス時間は除く)
週次メンテナンス時間:毎週水曜日12:00~18:00
専用取引アプリ:MONEX TRADER CRYPTO

「MONEX TRADER CRYPTO」の機能
・注文機能(ストリーミング注文、指値・逆指値注文、IFD注文等の複合注文など)
・チャート機能(1画面/4分割画面)
・テクニカル指標
・各種照会機能(ポジション照会/注文・約定履歴/証拠金状況/入出金履歴など)

>>「マネックス証券」の公式発表はこちら
>>「MONEX TRADER CRYPTO」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットクラブ:仮想通貨市場の低迷から「GPUマイニング」一時停止|再開の目処は?

ビットクラブ:仮想通貨市場の低迷から「GPUマイニング」一時停止|再開の目処は?

【2020年4月】ブロックチェーン・仮想通貨業界の「注目イベント」情報

【2020年4月】ブロックチェーン・仮想通貨業界の「注目イベント」情報

NASDAQ「ビットコイン先物取引」を検討=Bloomberg報道

NASDAQ「ビットコイン先物取引」を検討=Bloomberg報道

ビットコインが投資家に選ばれている「5つの理由」Weiss Ratingsが調査結果を公開

ビットコインが投資家に選ばれている「5つの理由」Weiss Ratingsが調査結果を公開

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

IOTA活用の分散型SNSフレームワーク「Society2」ウェブサイト公開

IOTA活用の分散型SNSフレームワーク「Society2」ウェブサイト公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

JCBA×JVCEA「2021年度の暗号資産税制改正」に関する要望書を共同作成

JCBA×JVCEA「2021年度の暗号資産税制改正」に関する要望書を共同作成

ビットコイン「28,000ドルへの急騰」を予想|2万ドルは抵抗線にならない:Max Keiser

ビットコイン「28,000ドルへの急騰」を予想|2万ドルは抵抗線にならない:Max Keiser

中央銀行デジタル通貨のテスト装う「詐欺行為」に要注意|中国で複数の事例報告

中央銀行デジタル通貨のテスト装う「詐欺行為」に要注意|中国で複数の事例報告

Cardano創設者:YouTube上の「GiveAway詐欺」について注意喚起

Cardano創設者:YouTube上の「GiveAway詐欺」について注意喚起

【速報】コインチェック「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

【速報】コインチェック「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

シンガポール中央銀行「ブロックチェーン決済ネットワーク」商業展開の準備完了

シンガポール中央銀行「ブロックチェーン決済ネットワーク」商業展開の準備完了

暗号資産取引所FTX「XRP現物取引」の提供開始|通貨ペアは2種類

暗号資産取引所FTX「XRP現物取引」の提供開始|通貨ペアは2種類

XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

Bitfinex「カルダノ(Cardano/ADA)」取扱い開始|3つの取引ペアを提供

Bitfinex「カルダノ(Cardano/ADA)」取扱い開始|3つの取引ペアを提供

ダークウェブ上に「150億以上のアカウント認証情報」が流出|暗号資産保有者も要注意

ダークウェブ上に「150億以上のアカウント認証情報」が流出|暗号資産保有者も要注意

国際的な業界団体「世界ステーブルコイン協会(WSA)」発足|多数の関連企業が参加予定

国際的な業界団体「世界ステーブルコイン協会(WSA)」発足|多数の関連企業が参加予定

Cardano(ADA)「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」と提携の可能性

Cardano(ADA)「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」と提携の可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す